ホテル、レストランなどホスピタリティ・インダストリに特化したヘッドハンター茂木幹夫(もてぎ みきお/ www.kyotoconsultant.net)の「非首狩族的な」日々。


by Mikio_Motegi

集客産業フォーラム in 京都金剛能楽堂

京都コンベンションビューロー主催、京都府、京都市、京都商工会議所共催
で「集客産業フォーラム」が1月26日(月)に行われた。
会場は京都御所の烏丸通りを挟んで西側にある「金剛能楽堂(こんごう
のうがくどう)」。文字通りお能の金剛流の本拠地。
私はACCJの仲間に誘われ参加した。

c0094556_2251545.jpg


こんなユニークなロケーションでこのようなフォーラムを開催できるところ
も京都の強みだろう。

第1部基調講演は横浜市副市長の野田由美子氏。
対談形式の第2部に京都市副市長の細見芳郎氏が加わり、第3部の
討論会はJTB/GMT営業推進部長の大熊義孝氏と地元ハイアット・
リージェンシー京都の横山健一郎総支配人。
そして全体のコーディネーターに元JNTOの安田彰氏という顔ぶれ。

野田さんはバンカメ、長銀、PWCアドバザリー等で活躍した民間出身。
PFI(Project Finance Initiative / 民間資金の公共事業活用)を日本で
提唱・導入した斯界の第1人者だ。
氏はヨコハマのアーバンリゾートとしての観光・コンベンション戦略を明快
に説明してくれた。
いまやヨコハマの代名詞ともなった「みなとみらい」地区は、まだパシフィコ
とインターコンチ以外は草しか生えていない頃から私が毎日通った場所
なので、今の隆盛が感慨深い。

c0094556_22513921.jpg


JTBの大熊部長は、アメリカの旅行業界からの視点で日本という極東の
デスティネーションを認知させる難しさを説いた。
東海岸・西海岸以外の中央部の、特に旅行関連企業の盛んな地区では
カリブやヨーロッパ等のアメリカ好みの地域以外は、日本であっても一般的
に知名度が低いという興味深い内容。

ハイアットの横山GMは京都の1ホテルとしての外国人取り込みを外資系
らしい分析で説明した。
個人的には横山氏のプレゼン手法や内容が、私のかつて経験したホテルの
それと大変似ていたせいもあり、懐かしく感じた。

京都市の細見副市長も元宝酒造の民間出身。マーケティング屋さん
らしい語り口に会場は何度も沸きかえった。
JNTO出身の安田氏も、ご自身が力を入れてきた事業ということもあり、
「こだわり」を感じさせる采配ぶり。

フォーラム後のホテルガーデンパレスでの懇親会で、懐かしい顔と
再会した。
元JTBアジア室総支配人の別所峻さんだ。別所さんご夫妻と私たち
夫婦は昔から何かと縁が深く、ジャカルタやシンガポールなどで大変
お世話になっている。
現在は(株)ジェイコムというJTBグループのPCO
(Professional Convention Organizer)の要職にあるが、奇遇にも
そのジェイコムは家内がかつて勤めていた会社だ。

c0094556_2254313.jpg


またパネリストの一人であるJTBの大熊部長も、話し込むうちに私が
新卒後勤務した東京の芝パークホテルの上司達を良くご存知ということに
気付き、「世間は狭い」ことを再認識した一夜だった。

今回のパネリスト達に共通しているのは、過去の事例・現状の分析のみ
ならず、「どう取り組んでいるか」「どのようなビジョンを描いているか」という
未来志向であること。これは非常に重要なことだ。

とにかくこのような機会を設けてくれた主催・共催諸団体には率直に
感謝したい。
懇親会のビュッフェも美味しかった。

c0094556_22525228.jpg

c0094556_2371568.jpg


ちなみにハイアットの横山GMも、私が嘗て勤務したマレーシア・ペナン島
のシャングリ・ラ ラサ・サヤンリゾートの私の3代前の日本人マネージャ
という先輩に当たる人である。

ひとつだけ残念だったのは、パネリストの皆さんの繰り出す専門用語が
一般の参加者にはやや難解で退屈だったようで、後半に多くの人が
途中退席してしまったこと。
参加者を業界関係者に絞るとか、或いは逆に一般向けに内容をもっと平明な
ものにすれば良かったかも知れない。

写真は上から金剛能楽堂内部 (京都精華大のHPより)
野田由美子氏(ヨコハマ経済新聞 www.hamakei.com より)
ガーデンパレスで挨拶をする来賓の門川大作京都市長、
能楽堂の内庭、及び内部。
[PR]
by Mikio_Motegi | 2009-01-27 23:04 | 京都・紀行