ホテル、レストランなどホスピタリティ・インダストリに特化したヘッドハンター茂木幹夫(もてぎ みきお/ www.kyotoconsultant.net)の「非首狩族的な」日々。


by Mikio_Motegi

十三参り(じゅうさん まいり)

先日、長女の十三参りに行って来た。場所は全国の十三参りのメッカ、
嵐山の法輪寺。

c0094556_225441.jpg


十三参りは数え年13才になった子供が英知を授かる為、知恵の神様で
ある虚空蔵菩薩(こくぞうぼさつ)に参詣する行事。
生まれも育ちも関東の私には全く馴染みが無い行事だが、関西では
こちらの方が七五三よりよっぽど重要とのこと。

嵐山の渡月橋を渡り、桂川沿いに100メートル程下ったところに
法輪寺の山門がある。先ほどまでの嵐山周辺の喧騒が嘘の様な
荘厳な雰囲気だ。

長い石段を上ると直ぐに本殿。
参拝する子供は社務所で自分の好みの漢字一文字を用紙に
毛筆で書き、祈祷時に祭壇に捧げる。
僧侶による祈祷が終わると短い法話があり、お守り、お供物の菓子、
お箸をお土産として頂く。
祈祷を受けた子供はこの後最初に頂く食事にこの箸を使用する。
お守りは勉強机と通学用の鞄に一つずつ。

c0094556_22552891.jpg


京都の小学6年生の子供達を注意して観察すると、殆どがこの
お守りを鞄に着用していることに気付くだろう。
また法輪寺も、その名称より「十三参りのお寺」の方がよっぽど京都
では馴染み深い。
この時期に着物を着た子供が保護者と一緒にタクシーに乗り込めば、
行き先を告げずともタクシーは法輪寺に連れて行くともいう。
十三参りは、かように京都市民に密接に関った行事なのである。

ここで話題に必ず上るのが参拝の帰路。
渡月橋を渡りきるまでは祈祷を受けた子供は振り返ってはいけない
ことになっている。
ここで後ろを振り返ると、折角授かった知恵が落ちてしまうという言い伝え
があるからだ。
ところがそれを知っている付き添いの家族達がわざと後ろから囃し立て
子供の気を惹き振り返らせようとする。
子供はそれに必死に耐え無事橋を渡り終えられるかどうかが、事情を
知る地元見物客の楽しみでもあるのだ。

実は長い渡月橋を渡りきる必要は無く、実際は法輪寺の山門付近の
橋げた3-4メートル程の太鼓橋を振り向かずに渡れば良いだけ、というのが
真相で、私達はそれを寺人から直接伺って確かめた。

今ひとつこの言い伝えがシリアスなものかどうかわからない関東育ちの
私は、家の中でいらぬ波風を立てないため、ことさらに娘を振り返らせようと
囃し立てたりもせず、先頭を歩く。
元々クールな性格の京都育ちの家内は、同じく平常通りに静々と
長女の後から太鼓橋を渡る。

ところがそこに一陣の風。この日は殊更に寒く、且つ日も傾いていた。
寒そうに身をこごめる長女を気遣い、家内が背後から
「ショール、掛ける?」
と声をかけると、長女は反射的に
「ううん、後でええわ」と答え、思わず家内に向かい振り向いてしまった。

「あー!」と気がついた時にはもう遅い。
かくして我が家の長女はたった3メートルの太鼓橋でさえ無事に渡る事も
できず、折角授かった英知も家族の大爆笑と共に嵐山の露と消えたので
あった。

c0094556_22555712.jpg


写真は上から法輪寺の石段を上がる家内と長女。
中は渡月橋から法輪寺の宝塔を望む。
この素晴らしいショットは
http://blogs.yahoo.co.jp/masatake_ko/30865458.html
より拝借。
下は法輪寺から見渡す京都市中。遠くに比叡山が見える。
[PR]
by Mikio_Motegi | 2009-03-31 22:56 | 京都・紀行