ホテル、レストランなどホスピタリティ・インダストリに特化したヘッドハンター茂木幹夫(もてぎ みきお/ www.kyotoconsultant.net)の「非首狩族的な」日々。


by Mikio_Motegi

今年の休暇3-アドベンチャーの夏

「フォレスト・アドベンチャー」という施設をご存じだろうか?
元々はフランスで開発された、木登りをもっとソフィストケイトし、
フィールドアスレチックをもっと高度にした森林冒険体験型の
アクティビティ施設だ。
c0094556_4404978.jpg

箱根を後にして軽井沢に向かった私たちは、今回泊まった「軽井沢倶楽部
ホテル1130」の碇井君に勧められ、そこから車で約15分の
「フォレスト・アドベンチャーあさま」にてこのアクティビティに
挑戦して来た。

参加者はまず「プラットフォーム」と名付けられた樹木の踊り場に
縄梯子で登る。そして隣の木に設けられた次のプラットフォームまで、
様々な方法で渡って行く。
その方法とは足場がただのワイヤーロープ一本だったり、不安定な金属の
輪だったり、ゆらゆら揺れる幾つかの木片だったり。

そしていくつかのプラットフォームを渡ると、最後は「ジップライド」
というターザンロープで一気に滑り降りる。
そのターザンロープは木々の間を縫い、本物の谷や川を渡るという、
高さ12メートルのプラットフォームから100メートル以上滑空する
コースもある。
最高速度は時速30キロ。自転車よりも早く、満点のスリルと爽快感を
味わえる。これを繰り返して、様々なランクのコースに挑戦するのだ。

c0094556_4423759.jpg


もちろんコース設計も安全規格もフランス本国の基準をクリアしたもので、
危険は少ない。参加者はハーネスを身につけ、カラピナで身体の安全を
確保しロープと結ぶので、マニュアル通りにしていれば落下することは
無い。
また事前にスタッフによる簡単な講習があり、それをクリアすれば
まず安全は確保される。
2006年に開設以来、日本での事故例は皆無だそうだ。

c0094556_4431578.jpg


とはいって地上10メートル以上の木にのぼり、安全ロープ一本に頼り
伝い渡る、その怖さと言ったら。
全コースを制覇するのにたっぷり2時間以上かかる、本格的な
アクティビティだ。
日本全国では北軽井沢の他、小田原、奈良等6か所に展開しているが、
ヨーロッパでは2000か所以上開設されている人気の施設だ。

ちなみにこのアクティビティを日本に導入したのは、有限会社
パシフィック・ネットワークの金丸一郎社長。
彼は元西洋環境開発のリゾートレジャー事業部の社員で、同社の
ホテル事業部の社員だった私とは何度か会議で一緒になった経験もあり、
先の軽井沢倶楽部の碇井君をはじめ、今でも共通の友人は多い。

当時から独特のを感性とネットワークを持つ男だった。
セゾングループの中核企業だった西洋環境開発が特別清算された後、
彼は単身フランスに渡りフォレスト・アドベンチャーに出会い、
開発会社であるアルス社と日本でのライセンス契約を結んで起業した
というアドベンチャー野郎だ。

c0094556_10444723.jpg

c0094556_1045986.jpg


このアクティビティの素晴らしい点は、一緒に挑戦する仲間との
一体感を確かめられる事。挑戦し克服する行為の素晴らしさを
体感できる事。

不安定で、且つ逆戻りできない危険な高所で身の安全を確保し、前に進む。
危険な状態におかれると人は気を引き締める。日常にはありえない
緊張感。
困難な状況に際し、一緒に克服するという一体感を感じることができる
という点では、家族だけでなくカップルにも向いているアクティビティ
と言えよう。お互いの人生観の一端を確かめ合う事ができるからだ。

もう一つ、日本全国には放置された森林が多いが、フォレスト・
アドベンチャーは森林再生にも一役買っている。

閑話休題、箱根と軽井沢で途中4泊も寄り道したが、今年のお盆休暇の
最大の目的は、私が幼い頃からずうっと世話になり、後に結婚式の
仲人も務めてくれ、今年4月に亡くなった故板橋秀二の初盆を
栃木県足利市にて迎える為の物だった。
彼は私の義理の従兄にあたり、北関東一帯に展開する専門商社
「(株)板通」の前社長でもある。

c0094556_444891.jpg


彼の自宅にて我が家の家族が初盆の焼香に行った際、彼が生前支援して
きた自民党の衆議院議員、元金融大臣の茂木敏充(もてぎ・としみつ)
氏と出くわした。

テレビのニュースや時事番組でもおなじみの茂木議員に直接会って、
有名人好きの我が家の娘たちは大喜び。
議員も気さくに娘たちに話しかけ、握手までしてくれた。
議員が東大-ハーバート大卒、マッキンゼーに勤務した秀才であり、
次代の日本の総理大臣になる人だという事を知ると、感極まった娘たちは
議員のように頭が良くなるようにと握手された手のひらを自分たちの頭に
こすりつけ、周囲の笑い(失笑)を買っていたのである。

彼は保守党の議員でありながら金融改革、行財政改革、外務省改革に
積極的に取り組むまさしく「アドベンチャー」。
今後の活躍を期待したい。

という事で、我が家にとってアドベンチャー尽くしの休暇だった、
とこの項を無理やりまとめる私をお許し頂きたい。

写真の上3枚は「そとっこ」のHPより。
4枚目、5枚目はアクティビティに挑戦する私。地上10メートルの
高さ、マジで怖かった。
6枚目は茂木議員。ちなみにおなじ茂木(もてぎ)でも残念ながら
血縁関係は無い。
[PR]
by Mikio_Motegi | 2010-08-22 10:49 | 京都・紀行