ホテル、レストランなどホスピタリティ・インダストリに特化したヘッドハンター茂木幹夫(もてぎ みきお/ www.kyotoconsultant.net)の「非首狩族的な」日々。


by Mikio_Motegi

ジャズの未来

久しぶりに活きのいいストリート・パフォーマーに遭遇した。
横田寛之というサックス奏者がリーダーの、「エスニック・マイノリティ」
というフュージョン系バンドだ。

彼らは不定期だが、週に何日か夜の10時ごろから渋谷のハチ公口を
西武百貨店方面に渡った辺りでプレイしているらしい。
私が遭遇したのはシャッターを閉めた大盛堂書店の前だった。

c0094556_20581970.jpg


c0094556_20585471.jpg


元々生演奏が好きなので、どんな街頭での演奏でもつい立ち止まって
聞き入ってしまう私だ。
だがそのうちの90%はどうでもよい、自分たちと身内だけが自己陶酔
しているゴミのような存在で、往来の邪魔になるただの騒音にすぎない
と言える。

ほんの時たま素晴らしい演奏に出会う事もあるが、"Groove" を感じるに
至らない。むしろ演奏後のCD販売に熱心なあまり「あざとさ」が
前面に出てしまい、鼻白む事が殆どだ。

だが「エスニック」の演奏には、最初の音を耳にしただけで感じる
衝撃、Grooveがある。また相当腕に自信があるのだろう。演奏後の
CD販売に無頓着なのもクールだ。



昔は聞く音楽と言えばロックかジャズしかなかった私が、最近は
クラシックに傾倒しているのは、年のせいだけではない。
素晴らしい若手のアーティストがジャズにいないからだ。

関西でも自治体が主催する「ジャズ・ストリート」とかいう
終日街中でジャズの生演奏を垂れ流すお祭りがあるが、あれはいわゆる
地域振興策というお役所仕事の一環だ。
私は6年前に関西の複数の「ジャズ・ストリート」を聞きに行って失望し、
それがきっかけでジャズから離れてしまったのである。
そこで演奏されていたのはどれもジャズの物まねばかりで、
オリジナリティのかけらもない、また奏者も身内向けの自己陶酔連中
ばかりだった。

だが考えてみると、自治体のお手盛りジャズバンドがGroovyなわけが
無い。あれを見てジャズを見限った私は、今まで大きな勘違いを
していたのである。

c0094556_20592354.jpg


横田寛之は早大在学中に「早稲田大学ハイ・ソサエティ・オーケストラ」
という名門ビッグ・バンドのコンサートマスターを務めている。
現在は「エスニック・・・」の他に「ゴウダウ」というバンドも結成して
いて、7月に初のCD「表参道ワンピース」をリリースした。
今は様々なメンバーとセッションし、自分のスタイル確率を模索している
時期のようだ。
彼らのような活きのいいバンドがいるという事は、日本のジャズの未来も
暗くない。これからのブレイクに大いに期待したい。

また世の中は狭いもので、横田寛之は私が所属するACCJ
(在日米国商工会議所)の名物会員タイガー大賀(たいが)さんの
お知り合いでもあるらしい。
愛すべき73才のタイガーさんが自らのバンドを率い、コンサートでの
聴衆を前にディーン・マーチンを歌う時、だんだんずれていく音程・
リズムを後ろで修正する役を担っているとの事。

渋谷の単なるストリート・パフォーマーではない、「ジジ殺し」の
テクニックも心得ているところがニクい。

c0094556_20594378.jpg


写真は上から「エスニック・・・」の渋谷での路上ライブ風景。
YouTubeは「ゴウダウ」の「表参道ワンピース」。
「表参道ワンピース」のCDパッケージ。このセンスの良いイラストにも
注目しているのだが、アーティストのクレジットが無く詳細不詳。
タイガー大賀(本名:大賀昭彦)さん。毎晩夕方5時からオオトラに化ける。

・・・このブログをエントリーする際に友人に確かめたのだが、
自治体主催のジャズストリートにもたまに素晴らしいバンドが紛れて
いるという。今度改めて出かけてみようと思う。
[PR]
by Mikio_Motegi | 2010-09-04 21:42 | ブレイク