ホテル、レストランなどホスピタリティ・インダストリに特化したヘッドハンター茂木幹夫(もてぎ みきお/ www.kyotoconsultant.net)の「非首狩族的な」日々。


by Mikio_Motegi

若者よ、旅に出よう

若い世代の「旅行離れ」が進んでいるようだ。リクルートの調査では
2009年度に国内で宿泊旅行をした20-34才の男女は前年比7.3%減の
述べ3750万人。6年連続で下落し、2004年と比べると17%以上
落ち込んでいるという。

また海外旅行も、2007年度の25-29才男女の海外出国率は21.6%と
2000年に比べ4.1ポイント減、なのだそうだ。

c0094556_174698.jpg


せっかく政府が観光事業をこれからの成長産業として強力にサポート
しているのに、シルバー世代やインバウンドばかりに頼っていたのでは
情けない。
国内マーケットの成長には、若い世代がもっと積極的に旅行に行く事が
欠かせないのは言うまでもない。

若い世代が旅行に行かなくなった理由として、「携帯やインターネット
にお金がかかる」「長引く不況で子供の頃に家族旅行に行った楽しい
思い出が無く、旅行に興味が湧かない」等が挙げられる。
これは「車離れ」にも共通する理由だが、彼らは総じて行動半径が
狭くなって来たのだろうか。

c0094556_17465640.jpg


その後の大ブームが来る直前の、今から30年前の大学生の時に習得した
スクーバダイビングに熱中し、私は20代の夏休みは殆ど沖縄か小笠原に
出かけていた。
東京のホテルに勤務していたのにもかかわらず、沖縄で泊まる所は
常に民宿。
スクーバに出るにはその方が便利で安く、且つ食事がホテルとは
比べ物にならないくらい新鮮で美味しいから、という理由からだ。

また色々な人々との触れ合いも刺戟的だった。
民宿の御主人に太平洋線戦争の沖縄上陸戦の話を聞いたり、東京から
ハーレーダビッドソンに乗って久米島まで辿り着き、地元の
ダイビングショップで居候(いそうろう)兼手伝いをしている粋人の
武勇伝を聞いたり、ひと夏の経験を経て
「夏に燃えた恋は、秋が来ると飽きが来る」というダジャレ格言を
噛みしめたり、いい人生経験をしたと思っている。

c0094556_17475590.jpg


また危険な目にも数多く遭遇した。
三宅島でのボートダイビングでは、海中から浮上し船に乗り込む際に、
急な気圧の変化で発生した大波に持ち上げられた船体に押し潰され
そうになった事があった。
持ち上げられた船体がすぐ真下に入ってしまった私めがけて落ちてくる
寸前、偶然にも次の大波が打ち寄せた為に船体がバランスを保ち、
その瞬間に私は海中に潜り込み事なきを得たのだ。
あの第2の波が来なかったら、私の頭がい骨は30トンの船体に打ち砕かれ
海の藻屑になっていただろう。

沖縄の伊江島ではカツオの群れに遭遇する僥倖にも恵まれたドリフト・
ダイビングのさ中、すぐ脇を流れていたジェット・ストリームに
私だけ巻き込まれ、深度45メートルまで一気に持って行かれた事もあった。
どうあがいても流れには逆らえない事は分かっていたので、その深度で
ものは試しに手にはめていたグローブを外してみると、水圧で
私の手の筋肉は押しつぶされ、骨が浮き出て皮を突き破りそうに
なっていたのを、案外と冷静に観察していたが(この症状は深度が
浅くなれば元に戻る)。

むしろ大変だったのは浮上の時で、減圧症を避けるため、あの時ほど
時計と残圧計を真剣に見やった経験は無い。

c0094556_17472512.jpg


スクーバに限らない。全てのアウトドア・アクティビティに通じる
危険と隣り合わせの魅力、バーチャルな世界では絶対に体現できない
あの自然の圧倒的な存在感を、若い世代にはもっともっと味わってほしい。

こういう経験が人生をより豊かにし、活力源になるのだと思う。
また私たち年長者は、アウトドアの楽しみを何度でも、口を酸っぱくして
若い世代に伝え、体験できるようサポートしなければならないだろう。

リクルート調査の数値は本年9月21日の読売朝刊より。
写真は全てイメージ。一番上は flight 2005 より拝借。
2番目は沖縄・離島の民宿。

3番目は小笠原諸島南島。国内はもちろん、世界にも稀な位相の島だ。
この浜にたどり着くには、沖合に停泊した船から岩の割れ目を泳いで
渡るしかない。
ちなみにこの浅い海の底には「ドチザメ」がうようよといる。

4番目は沖縄・本部沖の伊江島。島の3分の1が米軍基地で、垂直離発着機
「ハリアー」の発着訓練に使用されており、この空港の周囲の海には
訓練が休みになる週末しか潜れない。
よって海が荒れておらず、カツオの大群にも遭遇できたのである。
[PR]
by Mikio_Motegi | 2010-10-09 21:14 | 京都・紀行