ホテル、レストランなどホスピタリティ・インダストリに特化したヘッドハンター茂木幹夫(もてぎ みきお/ www.kyotoconsultant.net)の「非首狩族的な」日々。


by Mikio_Motegi

女は世界の奴隷か!

少々刺激的なタイトルだが、私の言葉ではないのでお許し願いたい。
あのジョン・レノンの歌の題名である。
原題は"Woman is the nigger of the world!"
1972年の作品で、オノ・ヨーコに触発されフェミニズム、女性解放に
ついて歌ったもの。

c0094556_12114479.jpg


先日メディアの記事で、日本女性の社会進出の度合いの低さが話題に
なった。「世界経済フォーラム」によると、日本女性の社会進出度は
世界134カ国中94位だそうである。ちなみに中国は61位。
これは各国女性の経済面での進出度合い、教育水準、政治参加、健康
について数値化したものだそうだ。
この現実について、日本の女が悪いのか、男があるいのか私はわからない。

ただ蓮舫参議院議員の国会内での"Vogue"誌写真撮影を巡る一連の意見を
聴いている限り、女性の足を引っ張るのは女性、弱者を苛めるのは弱者という
古来からのセオリーがそのまま当てはまるという感を強くした。
あれこそまさに上記の「女性の政治参加」を阻む行為、すなわち嫉妬に
他ならない。
そして、この世に弱者から受ける嫉妬ほど怖いものは無い。

c0094556_1427982.jpg


「社会進出の度合い」という標準に照らせば確かに日本は遅れているが、
では「男と女とどちらが強いか?」という疑問に対し、私は個人的には
「女の方が強い」と答えたい。

人材に関わる私のような商売をしていると、キャリア相談だか
身の上相談だかわからなくなってくる事が時たまある。
キャリア相談はキレイ事だけではない。現状の不満、不遇を語るうちに
激してくる人は多くいるが、時には泣きだしてしまう人もいる。
そして私が今まで遭遇したケースでいえば、それらは全て男性だ。
女性の涙は、私は職務上で出逢った事が無い。

古来、女性は強い男性の庇護の下でのみ生き永らえることが事ができた。
厳しい自然環境や獣たちの襲撃、他部族からの略奪に対し、自分を
守ってくれる男を本能的に嗅ぎわけ、その腕の元に飛び込んで
したたかに生きてきた。それが女性である。

現代社会は、弱いとされる女性や子供を守らなければならない男の
「マチズモ」を貫くには、いささか厳しい時代と言えよう。
女はそんな弱い男を見限って、他所の強い男についていける。
男にはそんな芸当はできず、悲嘆にくれるしかない。
そう考えると、「女性の社会進出」という尺度がどれほど意味の
あるものか、私にはわからなくなってしまうのである。

c0094556_12123514.jpg


閑話休題。「働く女性の環境改善」をスローガンに、ACCJ
(在日アメリカ商工会議所)関西部会が主催する「ウォーカソン」が
明日10月16日(土)に神戸のメリケンパークで開催される。
ご興味のある人は是非足を運んで下さい。

健康に良く、為になるイベント、美味しい食事が盛りだくさんです!

c0094556_12125480.jpg

[PR]
by Mikio_Motegi | 2010-10-15 14:39 | ブレイク