ホテル、レストランなどホスピタリティ・インダストリに特化したヘッドハンター茂木幹夫(もてぎ みきお/ www.kyotoconsultant.net)の「非首狩族的な」日々。


by Mikio_Motegi

美人の産地

誰が言い出したか知らないが、日本の三大美人の産地とは金沢、京都
そして博多だそうな。
また日本海側に面した県は全て美人の産地であるともいう。
それらの定説に加え、私は今週訪れた京都府福知山市と岡山県岡山市も
大変な美人の産地であるという事実を報告したい。

c0094556_10195460.jpg


初耳だ、という人も多いかもしれないが、本当である。
私は毎年この時期に行われる福知山マラソンに3年続けて参加しているが、
沿道のボランティアやランナーの家族など、特に30代前後以降の家庭の
主婦と思われる女性に魅力的な人が非常に多い。
彼女らに沿道で声援を送られると、どんなにへばっていても途中棄権など
できない。逆についつい無理をしてスピードを上げてしまい、完走後に
疲労がどっとくる。

c0094556_10202623.jpg


岡山も昨日で3度目の訪問だったが、ますますその感を強くした。
現地に赴任しているY氏も同意してくれたのだが、こちらは若年層から
全体的にレベルが凄いのである。
昨日の朝、私が林原美術館に行く方向を尋ねた女性は、あいにく美術館の
場所を知らなかった。するとその女性はどこかの商店でそれを聞いて
確かめ、私に伝える為追いかけてきてくれた。
美しいだけでなく、ホスピタリティも抜群の岡山女性だった。

c0094556_1021827.jpg


福知山は日本海沿岸地域と同じく日照時間が少ない北国なので、色白の人が
多いのはわかる。だが岡山は逆に本州で最も日照時間が長い土地であり、
両者に関係は無いようだ。ただどちらもあまり身体の大きな女性は
見かけず、比較的小柄なのは共通している。
経済的に豊かなのが理由なのか、それとも歴史的に大陸からの渡来者が
多く混血が進んだのが理由なのか。

c0094556_10273443.jpg


もちろん美の基準は人それぞれである。私の場合、ストライクゾーンが
かなり広いのも、福知山と岡山を美人の産地と認める理由かもしれない。

また一般論として、「審美眼」と「鑑識眼」は必ずしも一致していない例が
多いという事実も、様々な場面での言い訳に利用させて頂いている。

c0094556_1027592.jpg


写真は上から、福知山出身のタレント「中澤裕子」さん。
岡山出身の同「神楽坂恵」さん。この2枚は「ご当地タレント」のHP
より拝借。

福知山マラソンで沿道でランナーに「ハイタッチ」をしている女性達。
ランナーにとってこれが元気が出るんだ。
マラソンのスタート地点。この2枚は福知山マラソンのHPより。

岡山城。私に道案内をしてくれた女性は、生け花とイタリア料理のコラボ
を勉強していると言っていた。なかなか興味深いテーマである。
[PR]
by Mikio_Motegi | 2010-11-28 10:22 | 京都・紀行