ホテル、レストランなどホスピタリティ・インダストリに特化したヘッドハンター茂木幹夫(もてぎ みきお/ www.kyotoconsultant.net)の「非首狩族的な」日々。


by Mikio_Motegi

ACCJの新年会

東京と大阪で開催されたACCJ(在日米国商工会議所)の新年互例会に
それぞれ参加してきた。

c0094556_2135298.jpg


東京は例年通り帝国ホテルの光の間にて、メインゲストにジョン・ルース
駐日大使を迎え、SPも密着していていつもながら緊張した雰囲気。
大企業の重鎮や霞が関の官僚、国会議員も例年同様多数出席している。

c0094556_2104197.jpg


ヒルトン大阪で行われた関西の方は、対象的にくだけた内容。
なんといってもテーマが「アロハ!」で、参加者にはレイを首にかけ
トロピカル・ドリンクが振舞われる。互例会というより飲み会の趣き。
同じACCJの新年互例会でも東京と関西ではこうも雰囲気が違うのかと、
いつもながら呆れてしまう。
もっとも私は関西の互例会企画委員に名を連ね、「アロハ!」のテーマに
賛同した立場なので、あまり偉そうなことは言えないが。

c0094556_211611.jpg


ちなみに昨年の関西のテーマは「Route66」という、これもわけの
わからないもの。ま、関西人のやる事ですから・・・。

c0094556_2131334.jpg


ところでACCJが毎年日本政府に対して行う"Advocacy(政策提言)"だが、
今年は以下の3点に決まった:

1.アントレプレナー(起業家)へのサポート
2.女性の社会進出へのサポート
3.実践的英語教育の充実

おわかりのようにどれも奇をてらったものでは無いが、他国に比べ日本が
遅れている分野である事に間違いない。
むしろこれら3点の充実が無ければ、日本の将来は暗いとも言える重い
テーマだ。

ご存じの方も多いと思うが、毎年ACCJが日本政府に対して行うこれらの
提言は「Gaiatsu(外圧)」とも呼ばれ、様々な波紋や憶測を招いている。
しかしペリーによる開国以来、この国を変える力を外圧から得てきたという
歴史的事実、そしてそれを受け入れる国民性がある限り、ACCJの提言は
これからも日本政府の指針のひとつとなるだろう。

もっと言えば、この国を愛する者として、外圧ではなく国民が自発的に
物事を変えていける国になって欲しい、と願うのだが。

c0094556_2141891.jpg


写真は上2枚が帝国ホテルの会場内光景。
3枚目、4枚目がヒルトン大阪での光景。
5枚目がジョン・ルース大使。オバマ大統領とホットラインで会話ができる
大物大使だ。ACCJの各種イベントにも良く顔を出し、スピーチは常に
ユーモアを忘れない気さくな面もある。
[PR]
by Mikio_Motegi | 2011-01-29 10:07 | ブレイク