ホテル、レストランなどホスピタリティ・インダストリに特化したヘッドハンター茂木幹夫(もてぎ みきお/ www.kyotoconsultant.net)の「非首狩族的な」日々。


by Mikio_Motegi

チャリティ・パーティ三昧

東日本大震災の復興の為と称して、関西で行われるチャリティ・パーティー
にせっせと顔を出してはいくばくかの寄付金を供出し、何となく役に
立てたと自己満足をしている日々が続いている。

c0094556_22102243.jpg


5月12日(木)はExpediaのパーティーが大阪・梅田のXEXで催された。
Expediaとはホテルマンなら誰でも知っている、世界最大の予約サイト。
そこでは彼らの大阪オフィス開業の告知と、大災害が起きた際にどのように
復興にExpediaが貢献しているか、活動の概要が紹介された。
参加費+Expediaが助成する同額が、東日本大震災の復興基金に供出
されるという太っ腹なイベントだ。
マーケティング部長のピーター・リー氏によるプレゼンも印象的だった。

c0094556_22104233.jpg


参加者は関西圏のホテルのWeb予約担当者を中心に約90名。
皆なんとなくおたくっぽい雰囲気が感じられるのは、私の偏見だろうか?
会場のXEX OSAKA(ゼックス大阪)はハービス・エントの最上階ワンフロア
を占める関西でも最もおしゃれでクールなスポットなので、なんとなく
場違いなおっさんが多いのも愛嬌か。

c0094556_2211691.jpg


先月の20日にはACCJ(米国商工会議所)主催の恒例 "Meishi Exchange
Party”がハイアット・リージェンシー大阪で開催された。
メンバーの会員ホテルがそれぞれ宿泊券や食事券を出品し、参加者による
オークションでそれらを競り落とし、その全額をやはり寄付するという、
ACCJ関西では初めての試みだった。

c0094556_22113632.jpg


こちらも100人以上が参加し大盛況。数年ぶりにACCJの公式イベント会場と
して指定されたハイアット大阪も気合いが特に入っていて、素晴らしい料理、
ワイン、ジャズの生演奏など、印象深かった。
終了後、大阪駅と神戸・三宮駅までの専用バスを用意するなど、この企画に
かける意気込みが伝わってくる。
まさに「関西から日本を元気に」を具現するパーティーだった。

ちなみにこのようなACCJ主催のイベントは数多く、例えば年2回開催される
"Meishi Exchange Party"は様々な業界からの参加者が集まるので、会場と
なるホテルは絶好のPRとなる。
会場の選定は私の所属する"Living in Kansai"コミッティーで常に厳正に
審査されており、そこでの各ホテルのプレゼンにより決められている。

c0094556_2212763.jpg


写真は上から jp.hotels.com のサイト。アジア各国のホテリエから、
今回の大震災に見舞われた日本へのメッセージがつづられている。
是非覗いて欲しい。

ピーター・リー氏のプレゼン。おしゃれな会場なので照明を落としていて、
映りが悪い。

ハイアット大阪で開催された"Meishi Exchange Party"サインボード。

中央がハイアット大阪GMのMark Foxwell。向かって右が米国大阪総領事の
Edward Dong。左がヒルトン大阪GMのHerman J.Ehrlich。

会場全景。ハイアット自慢のゲスト・ハウスだ。

(3枚目、4枚目はACCJメンバーのプロ・フォトグラファー Paul B.Diserio
www.spinfish.tv より提供)
[PR]
by Mikio_Motegi | 2011-05-15 10:19 | Japan Revitalization