ホテル、レストランなどホスピタリティ・インダストリに特化したヘッドハンター茂木幹夫(もてぎ みきお/ www.kyotoconsultant.net)の「非首狩族的な」日々。


by Mikio_Motegi

大徳寺・西陣散歩(2) ランチ定食890円

c0094556_1421946.jpg

西陣(にしじん)とは京都府京都市上京区から北区にわたる地域の名称。上京区内の東の堀川通から西の千本通、北の北大路通から南の今出川通の周辺を指す。一般に西陣織など織物産業が集中する地域である。

上記されている織物産業は、鎌倉時代前半に綾織りの織り手がすでに集住していたことが知られているが、「西陣」の名は応仁の乱で西軍総大将である山名宗全が陣をおいたとされるために名づけられた。

和装産業は京都を代表する産業であり、西陣はその中心地として繁栄したが、和装離れにより活気がやや失われている。 Wikipedia より 写真は千本釈迦堂の北側の路地。幅2メートル程の路の両側に100軒以上の家々が今もひしめく。あちこちから織機(しょっき)の音が聞こえ、初めて通った時はまるで昭和30年代にタイムスリップしたような錯覚に陥ってしまった。

ところでランチ定食に小鉢5品+メイン+漬物+味噌汁又はカス汁、これで総額890円也、というお店がこの西陣界隈にある。今日の小鉢の内容は 1.大豆の炊いたん 2.ほうれんそうゴマ和え 3.酢の物 山椒 4.大根とお揚げさんの炊いたん 5.春雨の酢の物。
漬物は人口着色料一切無し、メインは秋刀魚塩焼き、さば醤油焼き、アジの開き、おでん そして焼きソバからのチョイス。カウンター席のみ10席。ランチは11時からで、12時に行ったらほぼ満席。客筋は上記西陣の旦那衆、立命館大の教授、そしてかなり高い確率で遭遇できる
上七軒の芸妓さん。ちなみに「炊いたん」とはこちらの言葉で煮物、という意味。同じく「お揚げさん」は油揚げのこと。私も京都弁に詳しくなったものである。

さてこんな弱小ブログでも、見た人が押しかけるといけないので一応店名、場所は伏せておきます。行きたい人は声をかけてね。北野天満宮のすぐ近く、直線で30メートルほどにあるが、まず知らない人はやってこないであろうロケーション。加えて「一見さんお断り」ではないが、
入りづらい雰囲気ではある。もっとも一旦入り込んでしまえば、居合わせた芸妓さんに色々と世話を焼いてもらえることもある。
c0094556_14152931.jpg
c0094556_14163522.jpg

[PR]
by Mikio_Motegi | 2006-10-31 14:19 | 京都・紀行