ホテル、レストランなどホスピタリティ・インダストリに特化したヘッドハンター茂木幹夫(もてぎ みきお/ www.kyotoconsultant.net)の「非首狩族的な」日々。


by Mikio_Motegi

2月14日

2月14日は、作家の故開高健(かいこう たけし)の命日だ。正確に言うと彼の本当に亡くなった日は12月9日で、2月14日は彼の最初の命日である。
・・・どういうことかというと、開高は1965年2月14日、ベトナム戦争の従軍記者として米軍に同行していたが、 取材中ベトコンに襲撃された。200名の米軍部隊兵のうち生存したのがたった17名という酸鼻(さんび)極まるすさまじい戦闘だったが、将に奇跡の生還を遂げたのである。開高はその後「2月14日は俺の最初の命日や」と言い、毎年この日になると一緒に従軍していてこれも奇跡的に助かった秋元啓一カメラマンと二人で酒を酌み交わしたそうだ。

私は開高の作品が好きで、殆どの彼の作品を読んだ。また8年間の東南アジア在住中には特に香港やベトナムでの滞在を背景にした小説や随筆を何度も読み返した。
彼の作品には、東南アジア特有の深い闇と、粘っこい風を感じることができるのである。

また開高は、「明日、地球が滅びるとも、今日君はリンゴの木を植える」という言葉を好んで色紙に書いた。私もいつかこういう言葉を書ける様になりたい、と常々思うが。

写真は晩年の開高 http://kaiko.jp/association/ より
c0094556_10443046.jpg

[PR]
by Mikio_Motegi | 2007-02-16 10:41 | ブレイク