ホテル、レストランなどホスピタリティ・インダストリに特化したヘッドハンター茂木幹夫(もてぎ みきお/ www.kyotoconsultant.net)の「非首狩族的な」日々。


by Mikio_Motegi

京都・洛西(らくさい)のタケノコ

4月はタケノコのシーズンである。今から3年前、2004年の3月後半から
5月のゴールデン・ウィーク明けまで、私は京都でタケノコを売りまくっていた。

前年の6月に長年住んだ東南アジアから帰国し、私は妻の実家のある京都で
事業を興した。
貿易業である。東南アジアで作られるリネン類、ウェディングドレス、
インテリア家具等を輸入し国内のレストランやホテルに卸す、又は国内製品を
アジアのホテルやレストランチェーンに売る、貿易エージェントの仕事だ。

ハッキリ言ってなかなか儲からず、当時は商売になるものだったら何でも
飛びついた。そんな時今の会社の川井代表の紹介で知り合った京都で
代々続くタケノコ農家のM氏と意気投合し、彼の掘り出すタケノコを
私の友人・知人や知り合いのホテル・レストラン業界に片っ端から
売りまくったのである。
名義は運送業を営む義父の会社名を利用した。

タケノコというと竹林に勝手に生えてくるもの、と思われる方も多いかも
しれない。それは全くの誤解だ。
高級品質のタケノコはほぼ1年かけて農家が丹精込めて育てるのである。
実際にM氏の竹林に行き丹精込めて育てられたタケノコの姿を見て、
情報発信の仕方次第でこれは売れる、と閃(ひらめい)いた。

京都のタケノコの由来、丹精に育てる過程等を写真付きのデータに
落とし込み、添付ファイルで友人・知人やホテル・レストランに片っ端から
メールを送った。
様々な異業種交流会に参加し、タケノコを実際に賞味してもらい即売したりした。
主要ホテルや会員組織のレストランの総支配人にサンプルを送りつけ、
大量購入に繋がった例もある。

反応は上々。ネットで注文を受けた私がクール便の伝票に送付先を書き込み、
タケノコをゆがくのに使う糠(ぬか)と鷹の爪(唐辛子)、そして簡単なタケノコの
由来を書いたしおりをM氏のタケノコ林近くの農協に運び込む。
M氏は朝早くから夜中まで一日がかりで掘り出した新鮮なタケノコをその農協
で箱詰めし、出荷する。
これが平井源治郎商店謹製「京都・洛西の朝掘りタケノコ」である。

2ヶ月間の売上げは1,000万円近くに上り、現在の月収よりはるかに多い現金
が手元に残った。

・・・しかしその2ヶ月間で私は精も根も尽きた。忙しすぎたのである。
殆ど毎日タケノコ売りに奮闘していた為、起業を計画していた人材紹介事業の
仕事が全く手につかなかった。

形が悪かったりして売れない商品は持ち帰り、当時居候していた家内の
実家の母にゆがいてもらう。
タケノコは鮮度が命だ。掘り出したらなるべく時間を置かずにゆがかないと
独特の「えぐみ」が出てしまう。
京都人は皆タケノコ料理が大好物だ。特に義母の手料理「タケノコの若布
(ワカメ)炊き」は絶品だった。
が、毎日毎日タケノコばかりを食べさせられ、流石に家族全員食べ飽きたのも
事実。

その年の6月に京都コンサルタントを設立、有料人材紹介業を立ち上げ免許を
取得し、タケノコ販売から足を洗った。今ではタケノコを売りまくった3年前が
遠い昔の事のようだ。

今でも時たま、昔の顧客がその年のタケノコの出来を問い合わせてくる。
またどこで噂を聞いたのか、東京で輸入食材をネット販売している
見ず知らずの人が、タケノコだけじゃなく賀茂ナスや九条ネギ、金時にんじん
等京野菜を扱う商売を起こすので一緒に組まないか、などと連絡してくる。
もちろん丁重にお断りしているが、それはそれで嬉しいものである。

今の人材商売が傾いたら、今度は本気でタケノコにとり組もうかと思う。
「京都コンサルタント謹製 洛西のタケノコ。1箱5キログラム入り 10,000円」
10箱以上の大量注文に付き、1箱サービス。
皆様、お一ついかがですか?

写真はタケノコとM氏所有の竹林。この写真を撮影した後、ハンターに追われ
た野生のイノシシが凄い勢いで目の前に飛び込んで来て、肝を冷やした。
場所は長岡京の近く。サントリー山崎蒸留所のやや京都よりの北側の小高い
山が私達のタケノコの生える竹林である。

c0094556_237568.jpg

c0094556_2383486.jpg

[PR]
by Mikio_Motegi | 2007-03-31 23:03 | 京都・紀行