ホテル、レストランなどホスピタリティ・インダストリに特化したヘッドハンター茂木幹夫(もてぎ みきお/ www.kyotoconsultant.net)の「非首狩族的な」日々。


by Mikio_Motegi

中国人観光客争奪戦

上記の記事が本日の読売新聞の経済欄に大きく掲載されていた。
それによると、経済の急発展と共に中国から海外への旅行者は急増して
おり、2005年度は約3100万人、1995年が500万人弱だったので
6倍近い伸びを示した。
日本人の出国数は1754万人(2006年)なので、既に大きく上回っている。

中国人のDestination(行き先) は上位より
1.香港 1273万人
2.マカオ 237万人
3.シンガポール 89万人
4.タイ 76万人
5.ベトナム 75万人
6.イタリア! 73万人
以下 韓国、ロシア、日本、マレーシア、ドイツ、オーストラリア、アメリカ
と続く。

実は2003年1月の「トラベルビジョン」に「10年後の日本旅行業界」
という特集があり、その中で「2010年は海外旅行1300万人、
訪日旅行1200万人で出入り拮抗」という分析がなされていた。

当時、マレーシア・ペナン島のシャングリ・ラ ラササヤンリゾートに
勤務していた私はこの記事を読んで思わず「これだ!」と膝を打ったものだ。
時代はアウトバウンド(海外旅行)からインバウンド(訪日旅行)に変わり
つつある、という私の意見を理論づけてくれた記事だったのだ。

私が注目したのは中国人の訪日旅行だった。当時日本人の人口の10%
にあたる1200万人が毎年海外旅行に出かけていたが、もし人口10億
の中国人の10%が海外旅行に出るとしたら1億人。少なく見積もって
3%だとしても3000万人が出国する計算だ。
そして海外旅行慣れしていない彼らの最初に選ぶDestinationは
日本ではないか、と予想したのである。

日本は北は北海道から南の沖縄まで優れた観光資源が多く、秋葉原や
銀座に代表されるショッピング環境も充実している。
また大事なことだが、中華思想の強い彼らにとって日本はかつての周辺国
というイメージがあり、欧米に行くのと違いコンプレックスを感じる事が少ない、
というの私の分析だった。

加えてその頃は石原東京都知事がギャンブル施設建設の構想をぶち上げて
いた。ギャンブルが大好きな中国人がこれにも飛びつく、と思ったのである。

その数日後に実父が他界したことをきっかけに、私は8年になる海外生活を
止め、帰国を決心した。仕事もそれまでの日本人海外旅行客相手から、
海外からの訪日客にターゲットを変えたのである。

あれからまもなく4年になるが、予想したほど中国人訪日客は増えていない。
上記の表にもあるように、日本はベスト5に入っていない。私達は彼らに
選ばれていないのである。

ドイツでは、彼らの一人当たり一晩での支出額は228ユーロ(約3万7千円)で、
アメリカ人のそれ(152ユーロ、約2万5千円)を大きく上回る(読売新聞)という。
日本はもっともっと観光収入を重視すべきだ。
「yokoso(ようこそ)日本」キャンペーンも最近下火のような気がする。
シンガポールに於ける観光収入はGDPの13%にのぼり、全産業中1位だ。
まだ日本ではほんの数%にすぎないが、国庫を増やす単純なこの戦略に
もっと注力してもらいたい。我々の明るい未来の為にも。

写真はシンガポールにオープンするカジノ、米サンズ社の施設
http://news.bbc.co.uk/2/hi/business/5019488.stm より
c0094556_22541510.jpg

 
[PR]
by Mikio_Motegi | 2007-06-03 22:33 | ブレイク