ホテル、レストランなどホスピタリティ・インダストリに特化したヘッドハンター茂木幹夫(もてぎ みきお/ www.kyotoconsultant.net)の「非首狩族的な」日々。


by Mikio_Motegi

ジミー・ペイジがやって来た!

ロック・ファンでジミー・ペイジを知らない人はいない。
世界最高のロック・バンド「レッド・ツェッペリン(ZEP)」のリーダーで
ギタリスト。
ZEPのアルバムセールスは全世界で3億枚。アメリカだけで1億枚。
これはビートルズやエルビスと同レベルで、ストーンズやマイケル・
ジャクソンの2倍以上の数字である。

そのジミーが昨夜(2月25日)、NHKの英語教育番組「英語で
しゃべらナイト」にゲスト出演、短い時間だったがロックにかける
情熱、プライド、価値観を熱く語ってくれた。

c0094556_22135260.jpg


私がZEPを初めて聞いたのが1973年、中学2年生の時。
友人の家で彼らの5枚目のアルバム"Houses of the Holy"を
聞いたのだが、その時の衝撃は今も忘れられない。

ZEPの魅力はGroove感(16ビートのノリと揺れのミックス)と、ジミー
に象徴されるビジュアルの美しさである。
中世のアンドロギュヌス(両性具有)を髣髴させる悪魔的・神秘的な
いでたち、ギブソンのレス・ポールギターから繰り出す重厚で熱いフレーズ、
ど派手なパフォーマンス、20分以上の楽曲を連続して演奏する
パワー、そして伝説となったオフ・ステージでの大乱痴気騒ぎ。
それまで熱中して聞いていたビートルズがアホで間の抜けたイノセント
なポップスに感じられたほど、ZEPは攻撃的で美しく、且つ叙情に
溢れていた。

1968年にバンドを結成し、1980年にドラマーのジョン・ボーナム
の死去により活動を停止、来日公演は1971年と1972年の2回だけ。
ZEPのライブに私は触れることはできなかったが、1994年にデビット・
カヴァーデルと「カヴァーデル・ペイジ」として公演した際、1996年に
ジミーがボーカルのロバート・プラントと二人で来日し「プラント&ペイジ」
として公演した際に聞きに行くことが出来た。
・・・実はこの年の1月から私はインドネシアのジャカルタ・シャングリ・ラ
に就職することが決まっていたのだが、「プラント&ペイジ」を聞きたくて
着任を1ヶ月待ってもらった経緯がある。

昨年12月、ZEPが当初所属していたアトランティック・レコードの創始者
アーメット・アーディガンを追悼するコンサートで一夜限りのライブが実現。
この時のチケットはインターネットでのみ申し込みを受け付けたが、2500万
件以上のアクセスがあってサーバー自体がダウンしてしまったほど。
チャリティ・オークションに出された2枚組ペア・チケットで約1900万円の
値段が付いたという。

「英語でしゃべらナイト」でジミーは、このライブのためにいかに真剣に準備を
重ねたか、熱っぽく語ってくれた。それによると数ヶ月の練習期間で指を
3ヵ所も痛めてしまったが、「この大事な時にオレは何をやっているんだ!」
と自分に鞭を打って練習を続けたという。

・・・もちろんジミーも60代のおじさん、ZEPが動かせるほど世界の音楽界は
軽くなくなった。
だが、あのジミーがいまだに夢中に真剣にロックに向かっている、という事実
が何だか無性に嬉しい。

私も影響を受けて今日は一日中かなり集中して仕事に取り組んでしまい、
今は心地よい疲労に浸っている。

c0094556_22405021.jpg


写真上は「英語でしゃべら・・・」のインタビュアー、マーティー・フリーマンの
ホームページ http://www.avexnet.or.jp/marty/news.html
より。右がジミー。

写真下はZEPの公式ホームページ www.ledzeppelin.com より、
1975年頃のZEP。
[PR]
by Mikio_Motegi | 2008-02-26 22:14 | ブレイク