ホテル、レストランなどホスピタリティ・インダストリに特化したヘッドハンター茂木幹夫(もてぎ みきお/ www.kyotoconsultant.net)の「非首狩族的な」日々。


by Mikio_Motegi

<   2007年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧

格差と貧困

格差の問題を考える時、私はどうしてもジャカルタで実際にこの目で見たスラム街のことを思い浮かべてしまう。

1996年から約1年半、私はジャカルタのシャングリ・ラ ホテルに勤務していた。
住んでいたジャカルタ市内の「シンプルック」という地域は、すぐ近くにナショナル・スタジアム、名門のスナヤン・ゴルフコース、新築の高級デパート、国立ガジャマダ工科大がある高級住宅地だ。30戸ほどの瀟洒なコンドミニアムは、シャングリ・ラホテルのエグゼクティブ連中の他、日系商社の支店部長クラス、日本大使館の1等書記官クラス等、High Endな住民達ばかりだった。15メートルほどのプールとバスケット・ボールコートが1面あり、芝生の庭には毎週末にバーベキュー・パーティーがひらかれている。私の部屋は角部屋で、右手に広がるシンプルックの高級住宅街を見渡せば、小さな美術館かと見まごう程の華僑の大物やインドネシア政府の高級官僚が住む贅を尽くした豪邸ばかり。
ところが左手を見下ろすとそこはスラム街。50メートル四方ほどの土地に何千という人々が暮らしている。家内が発見したのだがそこには「テレビ屋」さんがある。テレビを売っている店ではなく、家にテレビを持たない住人達がお金を払って見に来る街頭テレビ店のことだ。数人の男達が日がな一日中、本当に一日中ぼーっとテレビを見ている。雨がふれば道はどろだらけ、ゴミは自分達で焼き払うかそこらに堆積するか、或いはどぶ川に垂れ流し。よくフィリピン・マニラ市近郊のスラム街が日本でも紹介されるが、あれと似たようなものだと想像すれば、この地域の雰囲気が分かると思う。
当然犯罪の温床で、シンプルックの豪邸には「ジャガー」と呼ばれるガードマンが数人、24時間体制で常駐しているのが当たり前の光景だ。

スラム街の彼らに雇用機会はあるのだろうか?働けば収入を得て、そこにインセンティブが働いてやがてはこのスラム街を抜け出すことができるのだろうか?税金はおさめているのだろうか?日本で議論されているようなセーフティ・ネットがあって、政府は彼らの生活を保障しているのだろうか?疑問は尽きない。

今日、大阪・西成区の「あいりん地区」と呼ばれる地域で、3000名以上の住人が不当な住民登録をしているニュースが流れた。実際に住んでいない1000名以上の人々が1棟のビルに住民登録をしていて、行政が正式な登録を呼びかけて騒動がおきている。住人達は手にしたデジカメで騒動を録画し、ハンドマイクで行政側に怒鳴りまくっている。
誰がこの住人達にデジカメやハンドマイクを供給しているのだろう?本人たちの持ち物なのだろうか?それとも支援組織か誰かが買い与えたのだろうか?1000人もの人たちは実際はどこで暮らしているのだろう?これも疑問が尽きない。

ふたつ確実なのは、ジャカルタ市内に1棟の空きビルがあったら間違いなく1000名以上の住人が「実際に」住み着くだろう。またもしこのような騒動がジャカルタで起きたら、デジカメやハンドマイクを手にしたスラム街の住民はさっさとこの場を離れ、街の古買屋に高値で売りつけている、ということである。

写真の右側の白い台形の建物がシャングリ・ラ ジャカルタ。中央の高層ビルはインドネシア中央銀行ビル。http://skyscrapercity.com/showthread.php?t=2047より。
二棟とも華僑系インドネシア人、オズベルト・ライマン氏所有のビルだ。

下の写真はジャカルタのスラム街。http://www.capedmaskedandarmed.com/photo/garbagering/index.html
より。
c0094556_2248159.jpg

c0094556_2249852.jpg

[PR]
by Mikio_Motegi | 2007-01-29 22:28 | 東南アジア
1月21日(日)のTBS系列の番組「情熱大陸」で、早大ラグビー部の中竹監督を取り上げていた。その中で監督は「リーダーシップと同時にフォロワーシップも育てなければならない」と語っていた。
「フォロワーシップ」とは耳慣れない言葉だし直訳すると「従者の心得」みたいになってしまう。
だが、強力なチームを形成する上でリーダーシップと同様に重要なファクターである。

リーダーシップについてはこの場で私が云々する必要もないが、フォロワ-シップとは「リーダーの責務・成果を分かち合い、目標実現に向けて行動すること」と表現できる。いいかえれば強いリーダーと強いフォロワーは表裏一体の関係にあり、どちらが欠けて強い組織は成り立たない。

何故こんなことを書くかというと、私のリクルート斡旋活動の局面で、フォロワーがいないために転職をためらうリーダーとしばしば遭遇するからである。つまり本人の転職意欲は高く面接を受けた企業からの評価も上々。さてオファーレターを作成、という段階になって「自分が今抜けると今いる組織が今後立ち行かない」と言い出す人がいる。
この場合、私は「あなたの組織が強力なのは、あなただけのお陰じゃありません。あなたと同様に部下が素晴らしいからです。だからあなたが今組織を抜けても、ビクともしませんよ」と言ってあげるのである。
これは、そのリーダーの存在意義を否定するように捉えられかねない意味も含む。
しかし私達はしばしば自分の価値と自分の所属する組織の価値を混同するものだ。優秀な人ほど、自分の価値を俯瞰(ふかん)して評価できる人、といえるだろう。そして強いリーダーの最も大事な職務は、フォロワー・後継者を育てることなのである。もっとも後継者が組織内にいないから私のような商売が繁盛する、とも言えるのだが・・・。

写真は早大ラグビー部のHPより。

c0094556_13274144.jpg

[PR]
by Mikio_Motegi | 2007-01-22 11:51 | 人材・ホテル
昨年末から話題になっている「ホワイトカラー・エグゼンプション(労働時間規制の除外制度。以下WEと略す)」を導入する労働基準法改正案の審議につき、安倍内閣は今国会への提出を断念した(1月16日)。私はこのWEの妥当性につき正月中ずーっと考え、途中賛成か反対かで何度かぶれた。

ホテルで働いていて、まともに残業代を支払われている人ってどれくらいいるのだろう?というところからまず疑問を感じた。少なくとも私はベルボーイ、フロントの時に数回支払われただけである。
ホテル現場の勤務体型は不定形のシフト制であり、残業をしても次回勤務で時間調整が可能だ。サービス残業を美化する傾向も強い。また現在の私の顧客の99%が外資系企業で、且つ成果主義の年棒制を導入している。扱う人材も残業代支給の対象にならないエグゼクティブが多い。WEとは何か、と考えても正直言って「ピンとこない」のが実感だった。

実はWE導入の一番の問題は、国民の殆どが「ピンとこない」ことにある。成果主義で働いている人々に対し、超過勤務時間あたりいくらで支払われる残業代云々を導入すること自体に論理矛盾があるのだ。
また唐突感も否めない。WEがアメリカ政府の「年次改革要望書」(これについては別の機会に触れる)で記載されており、充分な議論・検討をしないまま導入を図ろうとした政府の態度がおかしい。

1991年に横浜のインターコンチがオープンしてから半年以上、私と仲間達の残業時間は月120時間を超えていたと思う。一方で1998年にシンガポールのインターコンチにいた時、「早く仕事を終わらせない奴は能力が低い証拠だ」とイギリス人上司はハッキリと宣言し、部員の超過勤務をいさめた。午後6時が定時のところ午後7時半までオフィスにいた女性スタッフについて、の言及であった。こういった基本的な労働環境・労働感のギャップを埋める所から、WE導入についての議論をすすめていくべきだろう。
[PR]
by Mikio_Motegi | 2007-01-19 23:46 | 人材・ホテル

Still Life / 静物

9歳になる長女が最近ピカソに興味を持っており、作品数は少ないが展示作品が観られるということで、3連休の最終日ということもあり国立京都近代美術館(MOMAK)に家族で行ってきた。写真は1938年、ピカソ57才の時の作品の「静物-パレット・燭台・ミノタウロスの頭部」である。

c0094556_2293938.jpg


最近の美術館はストロボさえ焚かなければ写真撮影を許可してくれるところが多い。おかげで我がブログもビジュアル面を充実させることが出来る。
初めてピカソの現物を観たのは1989年のセゾン美術館で開催された「ニューヨーク・グッゲンハイム美術館展」の「マンドリンとギター」だった。あの大作に受けた衝撃は今でも忘れられない。ピカソのエネルギーが充満し、昇華したような力強さ!魂を込めるとこんな造形ができるのか、と人間の力を再認識させられた。この「Still Life/静物」も、その片鱗を充分に魅せてくれている。

帰り途、折りしも成人式の式典がMOMAKの隣で催されていて、多くの新成人の大群の中に入り込んでしまった。私の母方の実家は桐生で生糸の問屋を営み、母は茶道教室を経営している。その為子供の頃から着物を見るのは馴れていたが、いやはや最近の振袖のカラフルなこと。勿論殆どが初めて着物を着るような風体だが、流石は京都、ビシッと決まっている若者も多い。印象に残ったのは織田信長のようにちょんまげ頭にマントを羽織った男、新撰組隊士風の一群。ヘアスタイルもボンバーヘッド風、ドラッド・ロック風から伝統的な「桃割れ」風と、バラエティに富んでいる。どんな形にせよ若い世代が着物に親しむのはこの伝統文化を残す為に絶対必要である。

今年の新成人は全国で約130万人、一方で今年60歳になり定年退職を迎える人は200万人を超えるという。我々の世代は否が応でもこの若者達に将来を託さなければならないのだ。
ピカソが青の時代からバラの時代を経て、やがてキュービズム、新古典主義を構築したように、今年の新成人たちも大きく変化を遂げていって欲しいものである。

写真はMOMAKから見た平安神宮の鳥居と京都国立博物館、新成人の大群。

c0094556_2245691.jpg
c0094556_2245267.jpg

[PR]
by Mikio_Motegi | 2007-01-08 22:45 | ブレイク
1月5日、私の所属する京都商工会議所等が主催する新年互礼会が宝ヶ池プリンスホテルで行われた。
来賓祝辞で、会頭や市長らが2008年度サミットの関西への誘致に全力をあげる旨を述べ、会場の拍手喝さいを浴びた。私はその様子を見ながら、この人たち、本当に京都サミット誘致が成功すると信じているのか、もしも仮に京都に誘致されたら期間中の市民生活にどんな支障をきたすのか真剣に考えているのだろうか、と不思議でならなかった。

まず物理的に無理。泊まれるホテルの数に限りがある。道路が狭くテロの標的になりやすい。
大阪や神戸との共同開催といったって、主会場をお互いが譲る気配がないのだから、何をかいわんや、である。もっとリアリスティックになれ、と言いたい。

2005年の11月にブッシュ米大統領が来日した際、当時の小泉首相が大統領を京都に招き冬の金閣寺を鑑賞したことがあった。大統領は京都御所の迎賓館に宿泊し、翌朝8時に車で金閣寺に向った。VIPの訪問に馴れている京都人だが、その際の沿道警備の厳しさといったらいまだに語り草になるくらい厳しいものだった。
我が家の直ぐそばの北大路通りが御所から金閣寺に向かう通り道になっていたが、大統領の車列の通る30分前には両側とも車両はシャットアウト、5分前には歩道を歩くことも自転車で通行することも禁じられた。もし車列が近づいた時に不審な動きを察知したら、大統領のSPの乗る装甲車両が一般市民であろうと体当たりをするため突っ込んでくる、とのことを警備の警官から聞かされた。
予定通りの時間に物凄いスピードで夥(おびただ)しい車列の大統領一行は駆け抜けていったが、歓迎ムードはゼロ。朝の忙しい時間帯の規制に市民生活は大混乱。我々はただただ警備の厳しさに圧倒されていた。

アメリカ1国の大統領が移動するだけでこの騒ぎである。サミット参加8カ国にオブザーバー参加で3-5カ国、計10数カ国が数日間京都に滞在するなど、一般市民にとっては悪夢でしかない。想像して欲しい。ブッシュ以外にもロシアのプーチン、フランスのシラク、中国の胡錦濤がこの狭い京都で一堂に会するのである。サミットの経済効果なんて限定的なものだし、テロでもあったら逆効果だ。
ここは警備のしやすい横浜に決めてもらいたい、と切に願うものである。横浜の国際会議場(パシフィコ)は元来サミットを誘致する為に建てられ、隣接するインターコンチもサミット対応用にできているのである。(私の知る限り、今回のサミットは横浜と新潟の共同開催でほぼ決まりであるが)。

ところでブッシュ大統領の金閣寺訪問の際、当時幼稚園児だった私の次女とクラスメイト数名が日の丸とアメリカの小旗を振って金閣寺の門前で歓迎する役を仰せつかった。その際次女は毎日新聞の取材を受けており、記者からの質問に答える次女の写真と名前が毎日新聞の夕刊全国版に載っている。記者からの「ブッシュ大統領はどういう感じでしたか?」という質問に対し、次女は「ブッシュさん、サングラスをかけてはって、恐かった」と答えている。大統領はサングラスなどかけていなかった。実は次女は大統領と護衛のSPの区別がつかず、金閣寺の門前で車を先に降りてあたりを睥睨(へいげい)するサングラス姿のSPが大統領だと思いこんでいたのである。

写真は2005年11月15日時事通信社 Goo ニュースより
c0094556_22485974.jpg

[PR]
by Mikio_Motegi | 2007-01-07 15:13 | 京都・紀行

京都の正月

今年は人並みに家内がおせち料理を作り、家族で祝った。
昨年までの正月は私の実家のある群馬の桐生で過ごしたり、その前は京都の家内の実家、その又前はペナンやシンガポールにいたので、実に11年ぶりで家内は一人でおせちを作った。

「京女」の性格は芯が強く(気が強い)、近所づきあいが濃い(排他的)、物事に正確(柔軟性がない)、というのが東男(あづまおとこ)である私の評価だが、もう一つ集中力が高い(多様性がない)、も加えることにした。これだけのものを、大晦日の1日で作り上げてしまった。たいしたものである。

午後から地元の氏神である「玄武神社」に初詣、その後徒歩で10分ほどの所にある、家内や娘達が付属の幼稚園に通った「今宮神社」へ。
地元以外の人は今宮神社なんて誰も知らないと思っていたのに、行ってびっくり、初詣に長蛇の列。長さは100メートルを超えている。ガイドブックを片手に持つ観光客が殆ど。今宮さんがこんなに混雑しているのをはじめて見た。
長かった東南アジア暮らしのせいで「並ぶ」ということにすっかり耐性の落ちた我々夫婦は、
行列を見てすぐに初詣を諦める。代わりに露店を冷やかし、韓国人のオモニ(おばさん)が売っている「鰯(いわし)油」、「朝鮮唐辛子」、「オキアミ」、「マッコリ(発泡酒)」を買い求める。これで自家製キムチを漬けるのだ。
初詣もせずキムチの素を担いで帰る我が家に、今年は幸は巡ってくるのであろうか?

写真は我が家のおせち料理。定番である「白味噌の雑煮」、「にらみ鯛」もある。全てのアイテムに意味があるという。「蕗(ふき)」は先の見通しが立つように、獅子芋(かしらいも)は人の上に立つように、とか。私は何度聞いてもさっぱり憶えられないので、詳しくは京都を特集した本でも読んでください。ただ今年は暖冬のせいで京の冬の名物「千枚漬け」を漬けなかったのが残念。

c0094556_11125924.jpg

[PR]
by Mikio_Motegi | 2007-01-02 11:13 | 京都・紀行

Happy New Year!

「-構想は、宛(あたか)も奔流の様に、実に鮮やかに心の中に姿を現します。然(しか)し、それが何処から来るのか、
どうして現れるの私には判らないし、私とてもこれに一指も触れることはできません-。」
(「モオツァルト」 小林秀雄 新潮社刊より)

私にとっての2006年のホテル業界は、奔流のように様々なことが起きた年でした。
何故こうなったのか、業界が今後どのように変化していくのか、もう少し時間がたたないと整理つきそうにありません。

ただ、度々起きる変化に対応し結果を出せた年だった、ということは間違いなく言えそうです。

2007年、私は年男(としおとこ)です。皆様をどんどん巻き込んで猪突猛進し、奔流を突き進むつもりですので、
どうぞ宜しくお願い致します。

c0094556_1012172.jpg


***************************
茂木(もてぎ)幹夫
京都コンサルタント
Email :mmotegi@attglobal.net
http://www.kyotoconsultant.net
[PR]
by Mikio_Motegi | 2007-01-01 10:07 | 人材・ホテル