ホテル、レストランなどホスピタリティ・インダストリに特化したヘッドハンター茂木幹夫(もてぎ みきお/ www.kyotoconsultant.net)の「非首狩族的な」日々。


by Mikio_Motegi

<   2007年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

まともなハゲタカ

ホテルの従業員用スペースについて考えさせられるケースが最近多い。
特に伝統ある日系のホテルに。これは私が最近遭遇した東京郊外の
あるホテルの例。

-200室近い規模のホテルで従業員用のトイレが一箇所しかない
-男性用のロッカールームが無く、スタッフは従業員階段の踊り場で
 着替えている
-休憩室が無く、サプライヤーが出入りするトラックヤード横の灰皿の
 まわりが憩いの場
-女子ロッカー室はガベージルーム(ゴミ処理室)の中を通らないと
 辿(たど)り着かない
-従業員スペースを切り詰める為、幅がたった10センチのロッカーを特注!
-省エネが徹底しすぎて、廊下が真っ暗。
-立派な宴会場があるのに、備品類の保管倉庫が無く宴会場の一部を利用。
 大型宴会がある時は会場を利用する為、スタッフの最初の仕事は
 備品類を運び出すこと。
・・・もっともっとあるが、枚挙するのが嫌になってくる。

何故私がこんなケースを知ったか?そこに送り込まれた新経営陣から
聞かされるのだ。
つまり上記のようなホテルは大抵経営がおぼつかなく、よくある話だが
外資ファンドに安値で買われてしまう。
そのファンドは旧経営陣を退陣させ、自前で主要スタッフを送り込む。
そのスタッフ探しの為に私のような商売が成り立つ、という構図だ。

このホテルは元々地元不動産会社A社がオーナーで、全国展開している
ホテルチェーンとフランチャイズ契約をしていた。
これもよくある話で、オーナーもチェーン本部も築20年以上経っているホテルに
まともなリノベーションを施してこなかった。
しかしいよいよ経営が成り立たなくなり、昨年くだんの外資ファンドに買収
されてしまった。
「ハゲタカ」と世間で言われるそのファンドが買収後真っ先に手をつけたのが、
上記の従業員スペースを改良する為のリノベーションだった。

中核都市でJR駅前に立地し、近隣にはこれといったコンペティターはいない。
電車や車で20分ほどの所には大きな工業団地。
なのにこのホテルのレストランも宴会場もいつも閑散としている。
「このままでは市のイメージ・ダウンだ」と行政もやきもきしていた。

リノベーションの結果、買収前に比べこのホテルのADR、Rev/Roomは
10%以上向上、GOPも大幅に改善された。
ホテルは人である、とよく言われるが、スタッフのモチベーションが飛躍的に
アップし、元々ポテンシャルの高いホテルが彼らの力により再生したのである。

「『ハゲタカ』の方がよっぽどまともだよ」とは、私の知人で、そのホテルの立つ
M市の市長さんの言葉である。ホテルは来年度から新卒採用を数年ぶりに
復活させ、地元の話題になっている。

・・・これは美談ではない。ホテルの再生にはスタッフの力が不可欠。
その為に従業員スペースの改善が必要、とファンドが判断し、実行された
ビジネス・モデルなのである。

「腐ったこの国を買い叩く」とは、先月放映されたNHKのテレビドラマ
「ハゲタカ」の主人公の決めセリフ。
腐った肉を求めるハゲタカの爪は、今度はどこに向けられるのだろう。

c0094556_22542113.jpg

[PR]
by Mikio_Motegi | 2007-04-25 22:54 | 人材・ホテル

アリマックスホテル渋谷

何とも驚きの空間があったものだ。それも渋谷・センター街の喧騒を抜けて
直ぐの所に。
「英国調」をコンセプトにしたアリマックスホテル渋谷は、有馬さんという
石油販売会社の経営者がオーナーだ。www.arimaxhotelshibuya.co.jp
全23室のこじんまりとしたブティックホテルで、全てがスイートルーム。
1部屋の広さは50平米はあるだろうか。バスルームには独立した
シャワーブースがある。
アウトレットはビストロ風レストランとラウンジ。圧巻は4階の「ザ・バー」だ。
重厚な英国調のインテリアは帝国ホテルのインペリアル・バー風。あれをもっと
小ぶりに且つリーズナブルにした感じと言えようか。週末にはジャズの生演奏
も入り、深夜まで賑わうとの事。

私はイギリスに行った事が無いので何ともコメントできないが、「英国調」とは
「照明が暗い」と同義語なのだろうか?多くの「英国調」を標榜(ひょうぼう)した
ホテルと同じで、客室内の照明が暗い。
滞在先のホテルでナイトキャップをやりながら小説を読むのが趣味の私として
は困ったものだ。が、これも英国調だから、と諦める。

ロケーションは渋谷駅から徒歩で10数分の、東急百貨店本店の先。
小田急線の代々木八幡駅からも同じく徒歩10数分。天気が良くて時間が
あれば散歩コースとしても楽しめる。
スパゲティ(パスタではない)の「はしや」やチーズケーキで一世を風靡した
「粉と卵」等の名店はまだ残っているのだろうか?

写真は外観とベッドルーム。照明の光度を最大にしてもこの明るさにしか
ならない。

c0094556_2292131.jpg

c0094556_2295451.jpg

[PR]
by Mikio_Motegi | 2007-04-13 19:28 | 人材・ホテル
太秦(うずまさ)の牛祭り、鞍馬の火祭りと共に京都三大奇祭に一つに数え
られる紫野のやすらい祭りが今日執り行われた。
康保二年(965年)に当時京都で大流行した疫病を鎮める為、京都の北の
守りである玄武神社に勅命が下り始まったという歴史ある祭りだ。

祭りは毎年選ばれる数人のお稚児さんを先頭に、傘の下に入るとその年の
厄払いになるという直径約2メートル程の緋色の花笠、大鬼、間鼓(かんこ)
という囃(はやし)し方が列になり、三班に別れて紫野、鳳徳、柏野という
西陣地区の辻辻を練り歩く。
全工程約8キロを朝10時から夕方5時過ぎまで、途中「やすらい」という囃子
(はやし)言葉が入り、鉦や太鼓で賑やかな行列だ。

毎年この日、家内の実家は忙しい。家内の父親が数年前まで玄武神社の
氏子総代を務めていたこともあり、実家が「御旅所(おたびしょ)」として列の
休憩地になっているのだ。
家族が総出で茶菓やビール・日本酒をサービス、トイレも提供する。
設営と撤去に男手は欠かせないので、私の出番でもある。
我が義父ながら尊敬するのは、これらの茶菓やアルコール類を全てポケット・
マネーで賄っていることだ。神社からは御礼のお神酒が届くだけ。
京都という伝統文化を育む地の、町衆の心意気の表れだろう。

我が家の二人の娘達も昨年と3年前にお稚児さんを無事勤めた。
二人とも幼稚園の年長の時で、8キロの行程を文句も言わず歩き通した。

実はもっとも大変なのがお稚児さんの母親である。
基本的に母親は正装(=京都では着物のこと)で8キロを付き合うのだ。
そのPhysicalな疲れもさることながら、もっと大変なのは道中を見物する人々
の視線なのだそうだ。何せ日本文化の象徴・着物の一大生産地である西陣の
ど真ん中を着物姿で歩くのだ。着物や帯、草履や小物まで見物人の見立てを
一身に浴びなければならない。
実際おかしな着こなしをしているお母さんには西陣の見物人の冷ややかな
視線が浴びせられ、道中が通った後も「あの奥さんはどこどこの娘さんで、
着物は千綜(ちそう)さんのや」「あの奥さんの着物は龍村さんかいな。でも
着崩れしていて、台無しや」とか口々に品評をするらしい。
(千綜も龍村も京都の有名な呉服屋さん)。要するに気疲れするのである。
自然とお母さん達の着こなし、姿勢もしゃきっとし、行列が華やかなものになる。
ひいてはやすらい祭りの人気も高まる、というわけだ。

京都の町衆文化を支える心意気の源(みなもと)は、実は京都人の
「いけず(意地悪)」を意識してのものなのかもしれない。

写真は御旅所でのやすらい踊り。独特のリズム、節回しに合わせて4人の
小鬼(10歳から15歳くらいの男子)が踊る。これがカッコいいのである。
 

c0094556_22524040.jpg

[PR]
by Mikio_Motegi | 2007-04-08 18:11 | 京都・紀行

黄砂(こうさ)とヘイズ

ヘイズをご存知だろうか?英語表記でHaze、煙のことだ。夭折(ようせつ)
した天才ギタリスト、ジミ・ヘンドリクスの名曲”Purple Haze”を連想する
人も多いだろう。

1997年の5月にジャカルタからシンガポールに移り住み、その年に生まれた
長女を伴って家内が京都からやってきたのが8月。
暫くして落ち着いた頃にヘイズがやってきた。
”Mikio, careful.Haze will come" 秘書のニコルが教えてくれたのが
発端だ。だがその時はヘイズの意味がわからない。
この国では「シングリッシュ」といって英語をシンガポール独特の言い回しで
表現することがある。「シングリッシュではエイズ(AIDS/後天的免疫不全
症候群)のことをヘイズと呼ぶのかな?」くらいに軽く思っていた。

翌日、その「煙」がやってきた。
朝、目を覚ましたら外は真っ白。薄い霧がかかったような状態。
「なんだこりゃ?」と戸惑いつつ出勤する。
毎朝の日課になっている、ホテル近くのカフェでいつものコーヒーを飲みながら
地元の新聞を開けると一面に”Haze Attack!”の見出しが躍っている。

”Welcome to Singapore,Mikio" ニコルがいつの間にか私の横の席に
腰掛けて言った。

ヘイズとはシンガポールの西隣であるインドネシア・スマトラ島からやって
くる焼き畑農業、森林火事に起因する煙のことだ。偏西風の強まる8月・9月に
起きることが多い。
「しかしすげー煙だ。いつまで続くの?」と聞くが、ニコルは肩をすぼめるだけ。
それでも軽く考えていたら、翌日になると煙は濃度を増し、コンドミニアムの
私の部屋から見える100メートル先のゲートも霞んでしまうほどだ。
焚き火をしたときのような異臭まで漂ってきた。
交通機関に重大な支障が出て、飛行機の発着規制、高速道路のスピード
規制が行われた。もちろんシンガポール市民の健康にも影響が出た。
生後5ヶ月の長女はたちまち喉をやられてしまった。

私にとってショックだったのは、日本でヘイズがマスコミに過熱報道され、
宿泊客のキャンセルが相次いだことだ。インターコンチがターゲットにして
いるビジネスマンの出張にも影響が出た。私の商売も上がったり、である。

「ヘイズなんて、シンガポールに来るまで誰も教えてくれへんかった。『地球の
歩き方』にも出てへんし」と家内は怒っていたが、文字通り後の祭り。

皮肉なのは、同じインドネシアでも私達が前年まで住んでいたジャカルタには
全く被害がないことだ。スマトラ島の煙もジャワ島には届かず、途中の
クアラルンプールやシンガポールに重大な被害をもたらす(あの辺の地理感覚
が無い人は世界地図を見てください)。

日本の総合商社に勤めるジャカルタ駐在の友人によると、ヘイズは単なる
自然現象でもないし、焼き畑農業が主な原因ではない。本当の原因は
パーム油の相場を吊り上げる為、農園主が意図的に火をつけているのだ、
と言っていた。

先日、日本でも西日本を中心に中国からの黄砂に覆われた。
私達家族はその日琵琶湖畔にドライブに出かけたが、当然眺めは遮られて
いる。
長女も次女もシンガポールのヘイズのことは憶えていない。
「わあ、お外が真っ白け」と言って喜んでいる。
黄砂は自然現象、と学校で教わっているのだ。

しかし私と家内は黄砂を見ると、シンガポールのヘイズとその原因について
思いを巡らせてしまう。そして娘達の屈託の無い笑顔を複雑な気持ちで
見つめるしかないのである。

写真は横浜市都筑区の黄砂。偶然にも私達の新婚時代に住んでいた街だ。
http://bungakubu.kokushikan.ac.jp/chiri/Photo/2007Jan/07Jan.htm

c0094556_22222967.jpg

  
[PR]
by Mikio_Motegi | 2007-04-03 22:17 | 東南アジア