ホテル、レストランなどホスピタリティ・インダストリに特化したヘッドハンター茂木幹夫(もてぎ みきお/ www.kyotoconsultant.net)の「非首狩族的な」日々。


by Mikio_Motegi

<   2007年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

新幹線の車中で今月号の「WEDGE」をめくっていて、見つけたコラムの
タイトルである。
内容は「年下の上司に仕えるには・・・」、「年上の部下に接するには・・・」
のハウツウものだが、まだこんな事が話題に上るほど日本のビジネス・
シーンは遅れているのか、と嘆息に耐えなかった。

私は8年間の海外生活で、年上の上司に使えたことが無かった。
今数えると8年間で8人の上司がいて、うち5人が女性。全員私より年下
だった。ただ彼らは年の差なんて誰も意識しないし、当然私も気にしなかった。

M&Aや成果主義が根付いてきた日本のビジネス・シーンで、年功序列が
崩れるのは当然の事といえる。
1年間の会計年度内で最高のパフォーマンスを求められる企業では、
年上だ年下だと騒ぐ前にまず稼ぐ事-"Show me the money!"が大事。
年功序列を気にするのは多分儒教の影響だろうが、日本の経営者や管理職は
パフォーマンスの低さをチーム内の年齢差に求めている面もあるのでは?
人間に能力の差があるのはあたりまえで、年齢に拘らず能力のあるものが
秀でるのは自然の摂理だ。

私が5年間を過ごしたシンガポールでは、彼らは誰が何歳かなんて興味
ないし、誰も知ろうともしない。
チーム1の長老!である私にチームのまとめ役を担わせる、なんていう発想も
まるで無い。
おかげで、私は随分伸び伸びと仕事をさせてもらった。日本の組織にいたら
気を使うであろう年齢差のしがらみが無いのだから。

唯一年齢を話題にしたのが、インドネシアのシャングリ・ラ・ジャカルタの最初の
上司、つまり私にとって海外での最初の上司であるアグネスだ。
彼女と最初に会って自己紹介した際に、「ミキオ、私があなたより年下で、
しかも女であることを気にする?」と聞いてきた。
勿論私は"Nothing at all!" (ぜーんぜん!)と答えた。

それを真に受けたのかどうか、実は彼女の住まいは私の隣室で、つまり
同じコンドミニアムの同じフロア。会社の帰りや休日にも時々引っ張り出され、
買い込んだ洋服や家具などの荷物運びを手伝わされたが。
そんな彼女は今でもシャングリ・ラで頑張っている。現在はオーストラリアの
ケアンズで相変わらずディレクター・オブ・マーケティングを勤めているとのこと。

写真はシャングリ・ラ ジャカルタ
c0094556_22123210.jpg

[PR]
by Mikio_Motegi | 2007-06-29 22:06 | 人材・ホテル
朝日新書より今月出版された本のタイトルである。
サッカー日本代表チームのイビチャ・オシム監督を、Jリーグジェフ
市原時代から徹底取材した元朝日新聞の女性記者の書き下ろしだ。
来月からアジア各地で始まるアジア大会に向け、類似本がいくつも
刊行されているが、日本代表チームではなくこの66歳の名伯楽に
フォーカスした内容が面白かった。

c0094556_2175131.jpg


実は私は相当のサッカー気ち・・で、特に日の丸をつけていればA代表
だけでなくU-23(Under23/文字通り23歳以下の代表)やU-20も
熱狂的に応援している。

どれだけ気ち・・かを語るエピソードだが、1997年の8月だったか、
シンガポールのお隣、マレーシアのジョホール・バルで、日本サッカー
史上初のワールドカップ出場の切符を手に入れたあの対イラン戦
「ジョホール・バルの歓喜」を体験したのである。
実はこのとき、生後3ヶ月の長女が生まれて初めて熱を出し、同時に
家内も風邪で寝込んでいた。
ジャカルタのジャパン・クラブのサッカーチーム時代の友人達が
ジョホールに行く途中シンガポールに立ち寄っていて、私は彼らと翌日
一緒に観戦に行く約束をしていた。
家内と赤ん坊が高熱!一方で日本代表は初めてのワールドカップ切符を
手に入れるかどうかの大事な一戦!
・・・私は迷わずジョホールに出かけたのである。

さてその私をして、昨年のドイツワールドカップの結果は本当に残念で、
今思い出しても腹が立つ。
ジーコジャパンの最大の失敗は若手の育成に力を入れなかったことで、
23歳以下の若手選手を数人はドイツに帯同すべきだった。
これは4年後の南アフリカ大会を見据えた中長期育成戦略の根幹を
なすものの筈だったが、実際ジーコが帯同した若手は24歳と25歳の
計3名だけ。

今更怒ってもしょうがないが、今日発表された代表メンバーに21歳の
選手が5人もいる。流石はオシム。チームの戦略を見据えている。

ジーコは即戦力だけでチームを作り、結果は'惨敗。
オシムは将来を見据えて伸び盛りの若手を多く選抜。
歴史は彼らをどう評価するか、楽しみである。
ちなみに1998年大会のフィリップ・トルシェもU-23代表監督を兼務し、
長期的な視野で若手を育成、本番では予選リーグ突破を果たした。

ところで私の今の最大の心配は、もしオシムがいなくなったら誰が後任の
監督を継ぐかという点だ。オシムは高齢だし、もしチーム再建途上の
アジア大会で惨敗したら責任論も吹き出るし。
今のオシムの戦術、日本人の性格・体格に合ったサッカーをという
コンセプトに多くの期待が寄せられている。
だから、オシムがもし失敗したら、いなくなったら、という心配が絶えない。

マネージメントにとって、若手及び指導者の後継者育成がいかに大事か、
サッカー日本代表が語っているのである。

c0094556_2181725.jpg

[PR]
by Mikio_Motegi | 2007-06-19 18:49 | サッカー、スポーツ

中国人観光客争奪戦

上記の記事が本日の読売新聞の経済欄に大きく掲載されていた。
それによると、経済の急発展と共に中国から海外への旅行者は急増して
おり、2005年度は約3100万人、1995年が500万人弱だったので
6倍近い伸びを示した。
日本人の出国数は1754万人(2006年)なので、既に大きく上回っている。

中国人のDestination(行き先) は上位より
1.香港 1273万人
2.マカオ 237万人
3.シンガポール 89万人
4.タイ 76万人
5.ベトナム 75万人
6.イタリア! 73万人
以下 韓国、ロシア、日本、マレーシア、ドイツ、オーストラリア、アメリカ
と続く。

実は2003年1月の「トラベルビジョン」に「10年後の日本旅行業界」
という特集があり、その中で「2010年は海外旅行1300万人、
訪日旅行1200万人で出入り拮抗」という分析がなされていた。

当時、マレーシア・ペナン島のシャングリ・ラ ラササヤンリゾートに
勤務していた私はこの記事を読んで思わず「これだ!」と膝を打ったものだ。
時代はアウトバウンド(海外旅行)からインバウンド(訪日旅行)に変わり
つつある、という私の意見を理論づけてくれた記事だったのだ。

私が注目したのは中国人の訪日旅行だった。当時日本人の人口の10%
にあたる1200万人が毎年海外旅行に出かけていたが、もし人口10億
の中国人の10%が海外旅行に出るとしたら1億人。少なく見積もって
3%だとしても3000万人が出国する計算だ。
そして海外旅行慣れしていない彼らの最初に選ぶDestinationは
日本ではないか、と予想したのである。

日本は北は北海道から南の沖縄まで優れた観光資源が多く、秋葉原や
銀座に代表されるショッピング環境も充実している。
また大事なことだが、中華思想の強い彼らにとって日本はかつての周辺国
というイメージがあり、欧米に行くのと違いコンプレックスを感じる事が少ない、
というの私の分析だった。

加えてその頃は石原東京都知事がギャンブル施設建設の構想をぶち上げて
いた。ギャンブルが大好きな中国人がこれにも飛びつく、と思ったのである。

その数日後に実父が他界したことをきっかけに、私は8年になる海外生活を
止め、帰国を決心した。仕事もそれまでの日本人海外旅行客相手から、
海外からの訪日客にターゲットを変えたのである。

あれからまもなく4年になるが、予想したほど中国人訪日客は増えていない。
上記の表にもあるように、日本はベスト5に入っていない。私達は彼らに
選ばれていないのである。

ドイツでは、彼らの一人当たり一晩での支出額は228ユーロ(約3万7千円)で、
アメリカ人のそれ(152ユーロ、約2万5千円)を大きく上回る(読売新聞)という。
日本はもっともっと観光収入を重視すべきだ。
「yokoso(ようこそ)日本」キャンペーンも最近下火のような気がする。
シンガポールに於ける観光収入はGDPの13%にのぼり、全産業中1位だ。
まだ日本ではほんの数%にすぎないが、国庫を増やす単純なこの戦略に
もっと注力してもらいたい。我々の明るい未来の為にも。

写真はシンガポールにオープンするカジノ、米サンズ社の施設
http://news.bbc.co.uk/2/hi/business/5019488.stm より
c0094556_22541510.jpg

 
[PR]
by Mikio_Motegi | 2007-06-03 22:33 | ブレイク
本年5月24日にオープンしたばかりの、ほやほやのホテルに泊まった。
東京駅北口に隣接する抜群のロケーション、27階以上に位置する為
楽しめる眺望、広さ21㎡ながら圧迫感のないデザインのシングル・ルーム、
黒、こげ茶、アイボリー基調のおしゃれなパブリックスペース、やはり最近の
新規オープンホテルは気持ちがいい。多分儲かるだろう、このホテルは。

ただ天邪鬼な私としては、このホテルのスタッフ達の資質について
手放しで礼賛するわけではないことを記しておきたい。

どういうことかというと、このホテルが好成績を上げる(だろう)要因の多くは、
いわば「プロジェクトの勝利」がもたらすものだからだ。
つまりJR東日本という建物の所有者(オーナー)がおり、それがあるからこそ
抜群のロケーションに恵まれ、各旅行代理店の宿泊プランに容易に参加でき、
広告宣伝を打つ媒体にも困らない、のである。

世の中にはロケーションが悪く、オーナーのホテルビジネスの理解が浅く、
建物もコンセプトも古い、しかし健闘しているホテルは沢山あるのだ。

だからもし私がこのホテルのスタッフと話し、いかに自分がこのホテルの
売上げ、収益アップに貢献したかを喧伝されても、私は
「それはあなた個人のスキルではなく、ホテルの総合力がもたらした
成績でしょ?」と反論するだろう。
それに対する彼らの答えでこそ、私はその人物を評価したい。

写真は下から2番目のカテゴリーの部屋とそこからの眺望。

c0094556_1014625.jpg

c0094556_1021034.jpg

[PR]
by Mikio_Motegi | 2007-06-02 10:02 | 人材・ホテル