ホテル、レストランなどホスピタリティ・インダストリに特化したヘッドハンター茂木幹夫(もてぎ みきお/ www.kyotoconsultant.net)の「非首狩族的な」日々。


by Mikio_Motegi

<   2007年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧

先週末、3泊4日で香港に初めて行ってきた。「初めて」と聞くと「えっ?」
と驚かれることが多いが、実は初めてなのである。

シャングリ・ラ・ジャカルタに勤務していた1996年の12月頃、当時
アイランド・シャングリ・ラのディレクターオブセールス(DOS)だった平原
裕治さんから、マニラ転勤する自分の後任として来ないか、と声を
掛けられた事があった。
当時の私にとって香港はいつかは働いてみたい、と憧れていた土地
だったので、心が相当動いたのは事実。
念のため当時のジャカルタでの上司であるカルメンに相談した。
彼女自身アイランドでディレクター・オブ・マーケティングとして勤務した
経験がある。案の定、
「あそこはシャングリ・ラ・グループの本社がある以外に、オーナーの
クォック一族関連企業の総本山でもある。当然"Political"な動きも
要求され、自分も苦労した。確かに素晴らしいホテルでキャリア・
アップになるけど、あそこで働くということは『ホテル屋』としての
楽しみは期待できないわよ」と釘を刺された。

こういう人事案件は相談しておくものだ。その日の夜、たまたま香港に
出張に行っていたジャカルタのGMで、後にシャングリ・ラ・グループの
COO になる「独裁者」ジョン・セグレティの耳にこの話が伝わり、
「ヒラハラの後任にミキオの名前が挙がっているぞ。どういう事だ!?」
とカルメンに怒りの電話をしてきた。 
カルメンは私から相談を受けていたので、「大丈夫、ミキオは行きません。
私が説得しました」と鷹揚に答えることができたという。
もしタイミングが遅れて私がカルメンに相談するのが1日遅れたら、
部下の人事案件も知らないということでカルメンの面子は丸つぶれ。
大変なことになっただろう。

・・・話が今回の香港旅行とは大分離れてしまったが、10年以上前の
この出来事が忘れられない。私にも香港で働くチャンスがあったのだ。
もっともカルメンはホテル屋の楽しみ 云々以前に、「あんたの能力じゃ
ヒラハラの後任は務まらないわよ」と言いたかったのかもしれないが。

さてアイランド・シャングリ・ラは流石に1泊7万円以上もするので、
対岸の九龍(カオルーン)シャングリ・ラに泊まる。ここも結構なお値段だ。
香港島の眺めを楽しみたいので、ハーバー・ビューを予約した。

素晴らしいホテルだ。一日中窓際のソファに座っていたくなるような見事な
眺望。
ロビーがいかにもシャングリ・ラらしい。
広々としたスペース、巨大なシャンデリア、民族衣装を着たゲスト・
リレーションの女性、ジャズの生演奏にさんざめく人々。
確かにデザインやコンセプトは時代の先端ではないが、私はこういう
「グランド・ホテル」タイプのホテルが大好きだ。        (この項 続く)

写真上から客室より香港島を眺めながら夏休みの宿題に励む長女。
カオルーン・シャングリ・ラのロビー、そして次女が撮ったカオルーン界隈。

c0094556_2057241.jpg

c0094556_9151298.jpg

c0094556_21105275.jpg

[PR]
by Mikio_Motegi | 2007-07-30 20:59 | 東南アジア

レディの視線

三菱自動車のデリカD5のCMが気になる。
どこかのホテルのエントランスで、デリカD5から降りたつ母親と娘。
見とれるドアマン。母親はドアマンにデリカのキーを渡し、レストランで
待つ夫と息子の許へ・・・という設定だ。今年の5月くらいから放映
されているので、ご覧になった方も多いのでは?

c0094556_19582090.jpg


私が気にしているのは、デリカでもなければ若い母親役のモデルの
笑顔でもない。彼女の視線である。
高級車のCMモデルになるくらいだからもちろん美しい女性なのだが、
彼女がキーをドアマン(ショーファー)に渡すとき、彼に一瞥もくれていない
ところが気になってしょうがない。

この場合私がディレクターなら、彼女は若いハンサムなドアマンに艶然と
微笑むか、或いは一瞬だけ視線を走らせ、そして実に優雅に無視、という
演出をする。現実のドアマンならそれでも充分に満足する筈だ。
特に発展途上国では高級車のキーを預けるということは、財産や安全を
託すという意味もある。
安月給のドアマンが尊大なお客から高級車のキーを預かったら、
意趣返しに知り合いのディーラーにさっさと売り飛ばして本人はとんずら、
と言う事だって充分あり得るのだ。

いくら高いお金を払ってホテルを利用しても、「相手を尊敬する」という
最低限のマナーやエチケットが守れないようなお客は、結局はホテリエ
から馬鹿にされてしまう、或いは手痛いしっぺ返しを喰うという事実を、
このブログの読者諸兄には知っておいてもらいたい。

身内の自慢で恐縮だが、私の大正生まれの両親がシンガポールに旅行に
来て私の勤務先であるインターコンチネンタルに宿泊した際、彼らは
エントランスでドアを開けてくれたドアマンに"Thank you"と言って深々と
お辞儀をした。
そのドアマンは彼らが私の両親だとは知らなかったのだが、日頃挨拶も
ろくにしない日本人客に馴れているドアマンは両親の態度に感激してくれて、
結果私の評価も大いに上がった、というエピソードがある。

もっともこの時はいつもホテルでおちゃらけている私と、私の両親の態度
があまりに不釣合いなので、私たちが本当の親子かどうか暫く信じて
もらえなかった、という事実があったことも付け加えなければ
ならないだろう。

写真は上下とも三菱自動車のホームページより。

c0094556_19484083.jpg

[PR]
by Mikio_Motegi | 2007-07-22 18:43 | 人材・ホテル

見習い社員

池袋にあるホテルメトロポリタンに宿泊した。
良い点は数々ある。品の良い内装、寝心地の良いベッド、
24時間オープンで豊富なCPUブースを持つビジネス・センターを、
C/In前や C/Out後でも無料で使わせてくれる柔軟な対応。
そして池袋駅が目の前という抜群のロケーション。

だが私も、昼食を共にしたホテルに詳しい(うるさい)友人も、彼の姿を見て
我が目を疑った。
50歳前後と思われる男性スタッフ。スーツ姿が決まっている。背筋を伸ばし、
ロビーに立ちゲストの世話をやいている。多分アシスタント・マネージャに
匹敵するポジションなのだろう。
だが、彼の胸の名札には燦然(さんぜん)と「見習い社員」という文字が
輝いているのである。
・・・気がつくと若手のスタッフの何人かにも同じく「見習い社員」の文字が。
私も友人も唖然としてしまった。「見習い」とはどういうことか?

ホテル側としては、「このスタッフは未だ業務に馴れていないので、少々の
ミスはお目こぼしをお願いします」というエクスキューズの意図なのだろう。
が、これは果たしてホテルというプロの接客業者の行為として相応しいの
だろうか?断じて「否」である。
前もってエクスキューズするということは、彼らは自らお客にへりくだり、
プロのホテリエであることの矜持(きょうじ)のかけらも無い、ただの
「接客係り」に成り下がっていることを示すのだ。

ちなみにスタッフを尊重することで名高いリッツ・カールトンや私のいた
インターコンチネンタルに、そのような名札を掲げるマニュアルは無い。
国内のホテルチェーンの人事担当者の何人かに聞いたが、このような
マニュアルは見つからなかった。

海外のホテルでこのような名札を掲げるように強要されたら、スタッフは
人事部長をぶん殴ってさっさと辞めるだろう。それ程スタッフを馬鹿にした
行為である。
メトロポリタンの人たちが早くこの愚かしい行為に気がついて、
こんな名札を廃止するよう望む。折角高いポテンシャルがあるのだから。

写真は同ホテルホームページより
c0094556_21105966.jpg

[PR]
by Mikio_Motegi | 2007-07-19 21:11 | 人材・ホテル
今年で12回目になる京都ブライトンホテルのリレー音楽祭に行ってきた。
毎年7月の約1ヶ月間、毎晩8時から30分間だけのミニコンサートで、
主にクラッシック音楽を演奏している。入場無料、但し全席立ち見。
とはいっても毎年必ずオペラの中丸三千繪は出演するし、実行委員長は
井上道義だし、ただのホテルの余興・エンターテイメントを凌駕する
本格的なイベントだ。

c0094556_551688.jpg


4年前に京都に移り住んでから私は毎年1度は足を運び「立ち見席」で
楽しんでいたが、今年は家族を連れて「リレー音楽祭鑑賞ディナー」を
試してみた。
ロビーに面したテラス風レストランで4800円のフレンチのミニ・コース。
食事後は自分の席で座ったまま音楽祭を楽しめる。
今夜は京都市グリークラブによる谷川俊太郎作詞の曲の合唱だ。
我が家の子供達にも理解でき、且つ忙しい彼女達のスケジュールに
合う期日はこの日しかなかったので、仕方ない。
そのグリークラブのメンバーにこのホテルの総支配人が加わっていて、
聴衆を前に気持ちよさそうに歌っていたのはご愛嬌。
このイベント、あまりコストもかかっていないようだし、少なくとも
ブライトンのイメージ・アップには寄与しているだろう。
近隣住民としてはいつまでも続けて欲しいイベントである。

このホテルはロビーが大変広く、6階まで吹き抜けの構造になっている。
家内の実家にも近く、独身時代は家内のお気に入りでもあり、特に2階
のバーのおつまみ「カマンベールチーズのフライ」が好きでよく
通ったそうだ。
20年ほど前に立った割には客室が広く、最低でも36㎡。
当時は「ホテル事業がうまく行かなかったら高級老人ホームにでも
商売変えするのでは?」と揶揄された。が、親会社の長谷川工務店も
一時の業績不振を乗り越え、頑張っているようだ。

気になるのが、京都のホテルのご多分に漏れずスタッフの閉鎖性だ。
京都のホテリエたちは他都市で働いた経験を持つものが少ない為、
新しいシステム、手法の良さがわからないし、それらを導入するのに
時間がかかる。
例えば売上げの最適化を図るレベニュー・マネジメント・システムも、
これだけのホテルなのにまだ本格的に導入していない。

また「いつかは京都にホテルを建てたい」という外資系ホテル
オペレータの標的になっているのも事実で、買収の噂が絶えない。

新しく大型ホテルを建築し成功させるには京都は本当に難しい土地
なので、既存のホテルの買収・コンバートが資金回収・キャッシュ
フロー改善の早道だ。
よってブライトンは彼らにとって垂涎の的なのである。
外国人投資家による日本株買い越しが1年以上続いているが、
このトレンドが続く限り、ブライトン買収の噂は絶えないだろう。
もしそれが現実の事となった時、ここのスタッフはどういうリアクション
を起こすのだろう。そしてこのリレー音楽祭の存続は・・・?

写真は上がロビー風景   同ホテルホームページより
下がブライトンホテル全景 kumagaigumi.co.jp/works/tech/hotel より
c0094556_15383581.jpg

[PR]
by Mikio_Motegi | 2007-07-09 15:39 | 人材・ホテル
ユニクロがアメリカのバーニーズ・ニューヨークを買収しようとしているようだ。

バーニースには私は個人的な思い入れがある。
1989年、ヨコハマ・グランド・インターコンチネンタルホテルの開業を2年後に
控え、私は発足したばかりの開業準備室でマーケティング担当として勤務
していた。
その時に西武百貨店秘書室の紹介で、「セブン・シーズ・クラブ」
という富裕層を対象にした月刊誌とセゾングループ広報室のコラボレーションで
主催した都内のブランド・マーケティング担当者を招待した食事会に参加させて
頂いた。
場所は晴海にあった「メイキッス」で、そこで当時バーニーズ・ジャパンの
広報室長だった高橋みどりさんと出会ったのである。

c0094556_2234530.jpg


どういうわけか「ウマ」が合い、私はみどりさんとその後も公私共にお付き合い
を頂いたのだが、その縁もありバーニーズのスーツやネクタイを買い求める
ようになった。
ちなみに私の結婚式の引き出物もバーニーズの商品である。
家内と新婚旅行でNYに行った際にも、当然のようにセントラル・パーク近くの
バーニーズ本店を覗きに行った。

「空間を売る商売」とは何か、私ははじめてそこで実感することができた。
バーニーズの店内は夢のような、楽しくわくわくするデザインの商品ディスプレイ
で溢れていた。それらは相互に関係し、距離を保ち、コントラストを醸し、
買い手に訴えかけていた。おもちゃ箱をひっくり返したような、しかし
綿密に計算されたディスプレイは、ちょっとでも立ち位置を間違えたら全体が
破綻してしまいそうな緊張感を持っていた。

「モノ」を売る商売であるバーニーズは、そこで「空間」を売っているのである。
お客はバーニーズという空間に魅かれ、スーパーマーケットだったら3000円で
買える手袋でも、バーニーズに陳列されていれば15000円でも買う。
「良いものを安く」ではなく「高く」売る資本主義経済の王道を歩むバーニーズの
商法だ。

翻って、安売り競争に走っている当時の日本のホテル業界はどうだろう?
70000円で売れる部屋を30000円で売り、「付加価値」と称して様々な特典
をつけている。ホテルという素晴らしい舞台空間があるのに、やっていることは
スーパーの安売りと同じ。景観が売りのロビーに無粋な御土産物屋を
出店させ、小銭を稼いでいる。
長引く景気の低迷もあったが、こんなのは5スターホテルのやることではない、
と強く思ったのは事実。
私がホテルという空間を売るべく東南アジアの5スターホテルに転職したのは、
その翌年のことである。

ユニクロは商品は安いが独特のPRや店内ディスプレイを施している。
国際化、マルチブランド戦略も進んでいるようだ。
この合弁がうまく行き、双方に相乗効果をもたらすことを願ってやまない。

上はNYのバーニーズ本店。www.shopping.belolog.com
下は2003年のショーウィンドウ・ディスプレイ。www.pamelahnelson.com

c0094556_22343956.jpg

[PR]
by Mikio_Motegi | 2007-07-06 22:34
梅雨の合間に所用で久しぶりに大徳寺の塔頭(たっちゅう)である弧蓬庵
(こほうあん)に出かけた。目が洗われるような緑の中に身をおくと、ほんの
暫しだが俗事・雑事を忘れることが出来る。

大徳寺の境内は今月末に完成予定の、電線地中化工事と参道の
整備で忙しい。それというのも京都市が金閣寺や清水寺に続き、大徳寺
や嵐山、相国寺(そうこくじ)等を新たに世界遺産に登録しようと計画
しており、境内の環境設備を急いでいるからだ。

八坂神社、高台寺、清水寺等の観光資源が多くいつも交通渋滞が激しい
東大路周辺に比べ、我が家のあるここ北大路周辺は比較的静かだ。
ただし桜や紅葉のシーズンになると、こんな地味な禅寺である大徳寺周辺も、
観光バスやマイカーなどで若干の渋滞を起こす。
といっても東京都内やジャカルタの渋滞に比べれば可愛いもんだが、地元
住民はこれ以上の渋滞が予想される大徳寺の世界遺産登録申請に、露骨に
嫌な顔をする。
ま、これも京都人特有の「ポーズ」で、本当は京都が世間から注目されるのが
嬉しくてしょうがない事くらいはとうに見抜いている私だが。

追記:本日(7月6日)の地元紙に、祇園祭保存会が文化庁に祇園祭の
世界遺産登録申請を決めたとのニュースが伝えられた。

写真は弧蓬庵の庫裏(くり)より格子戸越しに望む露地。
c0094556_2124129.jpg

[PR]
by Mikio_Motegi | 2007-07-02 21:24 | 京都・紀行