ホテル、レストランなどホスピタリティ・インダストリに特化したヘッドハンター茂木幹夫(もてぎ みきお/ www.kyotoconsultant.net)の「非首狩族的な」日々。


by Mikio_Motegi

<   2008年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧

マクドナルドやウェンディーズとは違う、高級素材を使うアメリカンタイプの
グルメハンバーガーが日本でブームだという。
東京や京都のグルメバーガーを売り物にしている店では、パテの素材に
高級和牛を使ったり、備長炭でパテを炙ったり、トッピングのバラエティを
競ったりと、なかなか賑やかだ。
そしてこれらのお店のメディア露出度も大変多い。

c0094556_22532740.jpg


実は何を隠そう、この私はグルメバーガーの大ファンである。
1996年から1997年のインドネシア・ジャカルタと、その後の1997年から
2001年までのシンガポール滞在中、その2都市のホテルでメニューにある
ハンバーガーは全て食べ尽くした。

だいぶ昔の話なので現在の参考にはならないが、私にとっての
グルメバーガーベスト1はシンガポール・マリオット「クロスロード・カフェ」の
チーズバーガーである。
パテの素材、ボリューム、焼き加減、トッピング、どれをとってもピカ一。
オーチャード・ロードとスコッツ・ロードの交差点に位置するオープンテラスで、
行き交う人々を眺めながらのひと時は最高の気分だ。

もっともまずく、且つ強烈な印象に残っているのは同じくシンガポールの
ネガラ・ホテル。現在はメリタス?とかいう名前になっているらしい。

あの時、2階のコーヒーショップでバーガーをオーダーした私に、インド系の
ウェイトレスは、
「ウチのバーガーはまずいから止めた方がいいよ」と言ったものだ。

・・・??(まずい?店の人がなんでそんなことを言う?そもそもまずいものを
何でメニューに載せておくんだ?)
私は一瞬わけがわからなかったが、気を取り直して、
「実はシンガポール中のハンバーガーを食べ歩いているんだ。
何でもいいから頼むよ。あ、焼き加減はミディアムレアでね」と言うと、
ウェイトレスは「やれやれ」といった風に肩をすぼめ、
「ウチのバーガーのパテは冷凍肉だから、ミディアムレアにはできないの。
全部ウェルダンよ」と
言い捨て、くるりと踵を返して去っていった。

数分後に出されたハンバーガーは・・・そのウェイトレスのご託宣通り。
とても言い表せないほどのシロモノ。
でも期待していてまずいより、ハッキリと「ウチのバーガーはまずい」
と言ってくれていたので、かえって印象に残る一品だった。

******

私がかようにハンバーガーの魅力に取り付かれたきっかけは、
ジャカルタのリージェント・ホテル(現フォーシーズンズ)での経験にある。

その時は家内のビザの申請でイミグレーション・オフィスに行き、その後
ランチを取る為に二人でリージェントのプールサイドのコーヒーショップを
訪れた。
そこでメニューを選んでいる際に、隣の席に一人で座っていた欧米系の
妙齢の女性が極めて優雅にハンバーガーを食していた。

彼女はバーガーが運ばれてくると、ナイフとフォークを上手に操りバンズの
間にパテ、チーズ、ベーコン、レタス、ピクルスを全て挟んだ。
そして真ん中辺りにフォークを突き刺し固定してから、ナイフの側面で
バーガーをぎゅっと押しつぶした。
彼女はバーガーをフォークで固定したままナイフで4等分に切り分け、
ひとくちサイズにしてフォークに刺したまま口に運んでいたのである。

昼下がりの南国の陽光、ジャカルタの喧騒から隔絶された高級ホテルの
プールサイド、天井には音もなくファンが回る。
彼女の食べかけのバーガーの傍らにはハイネケンが、白いテーブルに
緑色の影を射している。

私と家内はどちらともなく「ハンバーガーってあんな風に食べるんだ」と
嘆息したのを憶えている。
今思い返しても、後にも先にもハンバーガー巡るあんな優雅な
シチュエーションに遭遇したことは一度もなかった。

さて日本のグルメバーガーブーム。各種雑誌やブログにお店やメニューを
取り上げられているが、寡聞にしてバーガーの食べ方にスポットを当てて
いるものを目にしたことがない。
今日もテレビの料理番組ではグランドハイアットのグリルで高級食材を
使ったバーガーを調理して、イケメンやドレスアップしたタレントが食して
いる。
しかし彼らは一様に両手でバーガーを掴み、大口を開けてかぶりついて
いるのだ。
私はそんな番組を見る度に、10年以上も前のジャカルタ・リージェントで
遭遇したシチュエーションが目に浮かんでしまう。
そして世界で最も優雅なハンバーガーの食べ方について、思いを巡らせる
のである。

c0094556_22543698.jpg


写真は上がフォーシーズンズ・ジャカルタのプールバー(同ホテル
ウェブサイトより)

下がホテルインターコンチネンタル東京ベイ「C4U」の「淡路和牛特製
ビーフバーガー」2000円税別メニュー。
http://blogs.dion.ne.jp/nakoi_h9/ より。
ちなみに「C4U」とはホテルスタッフの名づけた造語で、"Sea for You"
という意味。
[PR]
by Mikio_Motegi | 2008-04-27 23:06 | ブレイク
果たしてテレビドラマは世相をどこまで反映しているのだろう?
そんな疑問を、先週末久しぶりに家で寛いで家内や娘達とが楽しんでいる
テレビドラマをつらつらと横目で見て、考えた。

c0094556_2227298.jpg


その番組はいわゆる「学園もの」で、ある高校の女教師が男勝りの活躍で
社会の悪に立ち向かうという設定。視聴率の高い人気ドラマらしい。

真剣に見てないので内容の評価をするつもりはないが、メディア等で露出
している「あらすじ」によると、これに限らずこのように女性が男性を
を圧倒し活躍するストーリーの番組が多いことに気付かされる。
多分テレビ局のプロデューサーは綿密なマーケット調査をして、女性が
上位のドラマの方が視聴率を取れる、と確信しての番組作りに違いない。

その学園ドラマの後、BSチャンネルで黒澤明の「用心棒」をやっていた。
こちらは全くの男の世界。この映画の作られた50年前との世相の違いが
面白かった。

テレビドラマで女性が男性を圧倒しているのは構わないが、手元にかなり
深刻なデータがある。
「女性の社会進出に関する国際比較データ」というもので、内閣府の
男女共同参画局ホームページ www.gender.go.jp よりの抜粋だ。
例によって日本女性の社会進出の遅れが目立つことを示すデータだ:

1.ジェンダーエンパワーメント指数:女性が政治・経済活動において
意思決定に参加できるかどうかの指数。日本は75か国中42位。

2.ジェンダーギャップ指数:政治・経済・教育・保険の各種指標から
男女格差を算出するもの。日本は115か国中79位。

3.家事・育児に占める男性の割合:日本は12.5%と韓国と同等で、
先進国で最低レベル。
上位はノルウエー40%、オーストラリア39%、米国37%、フランス34%

詳細は上記ホームページを見てもらうとして、やはり厳しい現実に暗澹と
させられる。
ここでは女性の継続就業・社会進出を妨げる一番の原因として「育児」
を挙げているが、我が国は未だ解決方法を見出せないでいる。
私は医療や育児の分野で人材の国際解放、つまり外国人労働者を
これらの分野で認めるしか、この問題の解決方法はない、と思うのだが。

さて今回のタイトル「弱きものよ、汝の名は・・・」の後には、ウィリアム・
シェイクスピアによると「女なり」と、かのハムレットに言わしめている。
これが日本のテレビドラマでは「男なり」、国際指標では「日本の女なり」
ということになりそうだが、皆さんのご意見は如何だろう?

イメージ写真は http://www.continuum.utah.edu/2007 より
[PR]
by Mikio_Motegi | 2008-04-23 22:27 | 人材・ホテル

祖母井のリーダー論

祖母井秀隆をご存知だろうか?
・・・誰だか知らない人が殆どではないだろうか。?
第一、読み方からして分からない。

c0094556_227114.jpg


祖母井秀隆(うばがい ひでたか)は現在フランスサッカー・リーグ2部の
「グルノーブル」というチームのジェネラル・マネージャー(GM)。
1951年生まれの57才。前職はJリーグのジェフ・ユナイテッドGM。
かの前日本代表監督イビチャ・オシムをジェフに招聘した人である。

昨年彼のグルノーブルGM就任のニュースを聞き、日本人でありながら
外国のサッカーチームでGMを勤めるとはどんな男だ、と興味を持った。

彼の生涯は「育成」、それもエリート集団ではなく、落ちこぼれ組の育成に
注がれてきた。
ジェフ・ユナイテッドはJリーグ発足後常にJ2降格争いをしている弱小
チーム。年間予算もJリーグのチームの中で平均的。
そんなお荷物チームを、99年にGM就任後次々と新機軸を打ち出して
大改革を遂げ、ナビスコ・カップ2年連続優勝をはじめJリーグで常に
上位を争うチームに仕立てあげた。

前職の大阪体育大学のサッカー部コーチ時代は、1部チーム監督と
指導法で対立し2部チームの監督先任に。
その2部チームを関西社会人リーグ制覇に導き、そして翌年は何と
日本リーグ2部に昇格させてしまう。

そんな彼を理解するキーワードは2つだと思う。
1つ目はコミュニケーション力。
どんな相手でも懐に入り込んでしまう人間性。
ヨーロッパの名門チームからの破格待遇の招聘にも頑として応じなかった
イビチャ・オシムの胸襟をも開かせてしまう。
もちろんドイツ語が得意な事もコミュニケーションに大いに寄与している。

2つ目は一流の環境で身に付けた理論と人脈。
ドイツのケルン体育大学というサッカー指導者のエリートが集う環境で、
最新のサッカー戦術を学ぶ。
彼が交流を深めた世界中から集まったチームメートのうち、4人が各国代表
チーム監督になったという。

しかし彼は決して恵まれた環境でこれらのスキルを身につけたのではない。
23才でドイツに渡ったが、観光ビザが切れ不法滞在で港湾荷役労働を
しながらドイツ語を身につけた。
ケルン体育大学も相当遠回りして卒業している。

要は情熱・行動力・語学なのだろう。
祖母井がGMを勤めるグルノーブルのオーナーはIT系の日本企業だ。
ただし地域密着型のヨーロッパのサッカーチームでは、オーナーが誰であろう
と関係ない。サポーターは勝利に飢え、勝つことのみをチームに要求する。
彼にかかるプレッシャーは日本では想像も出来ないくらい強い筈だ。
そのチームは今季フランスリーグ1部昇格が可能なほどに仕上がっている
という。

私は昨年11月の「ホテリエの国際競争力」というブログで、日本に
ヒルトンが進出してから40年になるのに外資系ホテルに日本人GMが
少なすぎると嘆いた。まして海外のホテルの日本人GMなど皆無なのでは
ないだろうか?

祖母井は「祖母力(うばぢから)」という自伝的リーダー論を本年上梓した
(光文社刊 1575円)。
彼の生き様はホテルのGMを目指す人、よりスキルアップを望む人にとって
大いに参考になると思う。
[PR]
by Mikio_Motegi | 2008-04-05 22:07 | サッカー、スポーツ