ホテル、レストランなどホスピタリティ・インダストリに特化したヘッドハンター茂木幹夫(もてぎ みきお/ www.kyotoconsultant.net)の「非首狩族的な」日々。


by Mikio_Motegi

<   2008年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

先日の5月22日(木)早朝、いつものようにフジテレビの「めざましテレビ」を
見ようとテレビのスイッチをつけた人は、飛び込んできた異様な映像に
驚かれただろう。

c0094556_15502331.jpg


この日は特別番組で、UEFA(欧州サッカー連盟)チャンピオンズリーグ
決勝戦を早朝3時半から放映していたのである。
会場はモスクワのルジンスキ・スタジアム。
1980年のモスクワ・オリンピックのメーン・スタジアムで、当時は
「レーニン・スタジアム」と呼ばれていた。
大粒の雨の降る中、22人の男達がモスクワで演じた戦いはまさに「死闘」と
呼ぶに相応しいものだった。

1955年に創設された、欧州の各国リーグの優勝チームと上位チーム、
計32チームが戦うチャンピオンズ・リーグは、UEFAでのクラブチームの
頂点を決め、且つ世界で最も権威のあるクラブチームの戦いである。
世界で10億人以上いるといわれるサッカー人口の、将に頂点を極める
大会なのだ。

決勝を戦うのは共にイングランドの2チーム、マンチェスター・ユナイテッド
とチェルシー。
日本ではマンチェスター・ユナイテッドを「マンU」と略すが、私が以前
暮らした旧英国植民地であるシンガポールやマレーシアでは親しみを
込めて「マンチェン」と呼ぶ。

イングランドのチーム同士が決勝を戦うのは史上初だ。
武骨な戦い方が特徴のイングランドは世界のモダン・サッカーの潮流に
ついていけず低迷していたが、今大会は準決勝4チームのうち3チームを
占めた。
今世界で最も人気・実力の高いリーグであると言えるだろう。

少々専門的になるが、UEFAの統計を見ると今回のチャンピオンズ・リーグ
参加32チーム中で最もBall Posession(ボール占有率)が高いのは
スペインのバルセロナで平均59%。
2位以下が同じくスペインのレアル・マドリッドの58%、セビリアの54%と続き、
チェルシーは51%で11位、マンチェンに至ってはやっと50%で14位という
ていたらく。

またShot on Goal といってゴールの枠内にシュートが飛んだ本数は
やはりバルセロナが1試合平均7.15本で1位。2位にイタリアのラツィオが
7本、3位がドイツのブレーメンで6.5本。
チェルシーは6.46本で4位と健闘しているが、マンチェンはたった5.08本で
18位と下位に甘んじている。

この辺りがサッカーという競技の難しさで、ボールを長くキープしても、
或いはシュートの正確性を高めても、(比較的優位に試合を運べるが)結果
には結びつかないのである。

その証拠に今回の決勝戦も、前半はマンチェンが65:35と占有率で圧倒
していたが、1点しかリードできずに前半終了直前にチェルシーに同点
ゴールを許している。

c0094556_15511079.jpg


さて折角の決勝戦だが、残念ながら旧レーニン・スタジアムのピッチ・
コンディションは良くなかった。人工芝からこの試合に合わせて天然芝に
急遽張り替えた為、スリップする選手が相次ぎ興がそがれた。
特にチェルシーの得点はシュートに備えたマンチェンのゴールキーパー
が芝に足を滑らせバランスを崩した際に生まれたものだし、逆に
ペナルティ・キックをチェルシーの選手が外したのも、ボールを蹴る際の
軸足がスリップしたからだ。

c0094556_1625367.jpg


さてさて日本でも数年前にゼロックスのコマーシャルに登場した、マンチェン
のポルトガル代表クリスチアーノ・ロナウドである。
日本のマスコミが視聴率を稼ごうと無理やりスター扱いしたような選手に
私は全く興味はないが、C・ロナウドは別格だ。
まだ23歳の若者だが、2006年のドイツでのワールドカップで世界の注目
を浴びた。
スリムな体型、モデルのような顔立ちだが、彼のフィジカルとスピード、
そしてクイックネスは将に現代サッカー界の頂点に位置する。
無理な状況でもドリブルで果敢に1対1の勝負を挑み、殆ど勝つ。
ボールのないところでも爆発的なフリー・ランニングを繰り返す。
ヘディングも高く・力強く、フリーキックを蹴らせたら悪魔のような無回転
シュートが唸りをあげてゴールを襲う。
今大会でも得点王に輝き、文字通り世界のスーパースターに仲間入りした。

c0094556_16222037.jpg


彼ならばマラドーナ以来絶えて久しい、ペレ、ベッケンバウアー、クライフと
並び称される「伝説のスーパースター」になれるかもしれない。

c0094556_15512983.jpg


結局朝の3時半から7時近くまでテレビ観戦をしてしまった。
ところが不思議なもので、これだけ内容の濃い試合を見せられると体内の
アドレナリンが活性化するのか、日中も全く眠くならない。
ヨーロッパで行われる夜中の日本代表のしょーもない試合(それでも応援
してしまう・・・)後の深い脱力感と後悔が、今回は全く感じられないのだ。

6月からは今度は国代表の欧州ナンバーワンを決める「ユーロ2008」が
開催される。今回以上の興奮が期待でき、今から楽しみだ。

写真は上から、マンチェンのベテラン選手スコールズ。鼻を強打し出血が
止まらない状態でもプレーを続行、見事にC・ロナウドの得点を演出した。
C・ロナウドのヘディングシュート。
スリップしPKを外した直後のチェルシーの主将テリー。
「彼がいなければここ(決勝)まで辿り着かなかった」とは、テリーについて
マスコミにコメントを求められたチェルシーのアヴラム・グラント監督の言葉。
男の世界だねー。
マンチェンの監督ファーガソン卿に祝福されるC・ロナウド。
優勝カップを掲げ歓喜のマンチェン。

(統計は uefa.com 、 写真は soccernet.espn.go.com より)
[PR]
by Mikio_Motegi | 2008-05-24 15:51 | サッカー、スポーツ
先日のGW最終日、散歩がてら京都御所の辺りにでかけると、いつも
前を通る冷泉家の門前で人だかりが。「句会でもあるのかな」と思って覗いて
みると、普段は非公開の冷泉家がその日が最終日の特別拝観をしていた。
早速拝観料800円を払い中へ。

c0094556_212096.jpg


冷泉家は鎌倉時代から続く公家で、和歌の宗家として今尚伝統を残して
いる。
現存する住宅、所有する書籍、年中行事などの文化財を保存する為に
「時雨亭文庫」が設立されたのが1982年。

明治時代になって京都の公家の殆どが天皇に同行して東京に移ったが、
冷泉家は今出川通りの北、京都御所の外側にあったため、留守居役として
京都に残った。
その結果関東大地震や東京大空襲に遭う事もなく、多くの重要な文化財
がそのまま現存する僥倖に恵まれることになったのである。

最近はどこの文化財も写真撮影には寛容になってきたものだ。
これらの写真は全て私が撮ったもの。
もっとクリアな画像をご希望の方は、Googleで検索すればいくらでも
ヒットする。

c0094556_2123837.jpg


「公家」というと華やかなイメージがあるが、冷泉家の造りはいたって質素。
寧ろこの建築物や年中行事を現代まで連綿と受け継ぎ、そして未来に
残そうというエネルギーに頭が下がる。

c0094556_2132770.jpg

c0094556_2192419.jpg


さて次は我が家から徒歩で10分ほどの慈受院。天皇家に関係する
門跡(もんせき)寺院として非公開を続けていたが、今年は源氏物語
千年紀でもあり、本邦初の一般公開となった。
室町時代の4大将軍足利義持の妻日野栄子により建立された。

c0094556_2143849.jpg


狩野探幽直筆の襖絵のほか、藤原鎌足の伝記を描いた「大織冠絵巻」は
上下2巻、全長30メートルの及ぶ大迫力。
同様の絵巻物の中では大英博物館所蔵のものより保存状態が良く、
詳細の解明が進めば国宝にランクされることも有り得ると言う。
ただこれらは天皇家からの御物(ぎょぶつ)の為、流石に撮影は不許可。
庭園のみの撮影となる。

c0094556_2151729.jpg


浮世の雑事を忘れ暫し中世の京都の思いに浸るのも、たまには悪くない。

写真は1番上が冷泉家住宅、端午の節句ということで座敷に設えられた
武者飾り。

2番目が貴重な書籍や古文書を収蔵している御文庫。防火対策も施されて
いて天井に土が敷き詰められている。
火事の際、建物が火災で焼け落ちると同時にこの土が落ち、消火する。
手前の井戸は空井戸で、やはり火災の折に収蔵物をここに放り込み難を
逃れる為のもの。

3番目は冷泉家から今出川通り越しに眺める京都御所。自転車で走る
通行人が映っている。

4番目は、拝借した冷泉家の男性用トイレ。

5番目は慈受院の庭。樹齢1000年以上の楠(くす)の木。実は京都市内
は1467年の応仁の乱、1788年の天明の大火、1864年の蛤御門の変
等で幾度も大火に見舞われ灰燼に帰しており、このような古木が残っている
のは非常に珍しい。

一番下は「大織冠絵巻」。この写真のみ他からのコピー。
(平成20年 春季京都非公開文化財特別拝観
http://www.kyoto-okoshiyasu.com/see/hikoukai08_spr)
[PR]
by Mikio_Motegi | 2008-05-09 22:21 | 京都・紀行

c0094556_2255930.gif


昨日(5月4日)の毎日新聞メールニュースより抜粋:

********
 総務省は4日、「こどもの日」を前に15歳未満の推計人口(4月1日現在)
を発表した。子供の数は昨年より13万人少ない1725万人で、82年から
27年連続減少し、過去最低を更新した。
総人口に占める子供の割合は13.5%で、前年比0.1ポイント低下し、
こちらも過去最低となった。

 男女別は男性884万人、女性841万人。3歳刻みの年齢階級でみると、
中学生(12~14歳)が359万人で最も多く、0~2歳が324万人で最少。
年齢階級が低くなるほど子供の数も減っている。

 子供の割合は、現在の推計方法になった1950年には35.4%だったが、
その後は71~74年の第2次ベビーブーム期を除くと長期低下傾向にある。
97年からは65歳以上人口の割合よりも低くなっている。

(抜粋終わり)
********

国立社会保障・人口問題研究所が発表している「人口ピラミッド」なるものを
ご存知だろうか?文字通り男女別・年齢別の人口を表した棒グラフである。
ちなみに2010年推計人口ピラミッドは以下の通り。

c0094556_22392792.gif


これを見て暗澹たる気分になる人も多いかと思う。いや、それが平常の
感覚ではないだろうか。
少子化の傾向に歯止めがかかるどころか、一層ドライブしている。
年金や医療費で、支えられる人口に比して支える人口が足りておらす、
しかも年々減ってきているのだ。

しかしこのブログは日本政府の少子化への無策ぶりを糾弾するものでは
ない。
日本の抱えるシリアスな大問題である少子化に対し、ホテリエはホテルや
個人の将来設計の為、どんなアクション・プランを立てればよいか、考えて
みたかった。

これは2030年の推計
c0094556_22423381.gif


では人口ピラミッドと本日の毎日新聞ニュースを読んで、ホテリエは
どういう対策を立てるべきか?

マクロの視座でいくつかのアイデアが考えられるが、まず手をつけるべき
対策として、シニア層をどう取り込むか、である。
ここ数年から10年くらいはシニア層が間違いなく元気なので、彼らに
フォーカスしたマーケティングを行うべきだろう。
今の10代、20代、30代は様々な理由で「購買力」そのものが落ちて
いる。当然ホテルや外食に費やす金額も減少している。

次に中・長期的な視野としては「日本を棄てる事」である。
といってもアウトバウンド-海外旅行にシフトするということでもない。
外国人の日本国内旅行を取り込むインバウンドにもっとフォーカス
すべきだ。
日本人客取り込みを目的としたマーケティング手法は、もうすぐ役に立た
なくなる。人口そのものが減り、購買力も落ちるのだから。
外国人集客がこれからのホテル業界のカギとなる。

これらの施策を現実化する為に、より徹底したバリアフリーと国際化に
ホテルは取り組まなければならない。

・・・「何だ、そんなことだったらとうに取り組んでいる」というホテリエの
皆さん、素晴らしいことです。今回のブログは打ち捨ててください。
ちなみに最終手段として、文字通り「棄民」という奥の手もありまっせ・・・。

これは2055年の推計。
c0094556_2243658.gif


ちなみに一番上は、1930年から2055年までの推計。
人口減少が炎のように揺らめいて日本を覆い尽くそうとしてる、と解釈するのは
あまりにも感傷的か。

「人口ピラミッド」はクリックすれば拡大され、詳細を読み取ることができる。

国立社会保障・人口問題研究所 http://www.ipss.go.jp/ より。
[PR]
by Mikio_Motegi | 2008-05-05 10:52 | 人材・ホテル

鯖街道・小浜の旅

関東で生まれ育った私にとって、京都に移り住むまで日本海文化圏
は縁遠い存在だった。特に福井県や滋賀県、京都府日本海側の
地勢的な知識が薄かった。
京都に移り住んで5年、今は折を見てこれらの地方を訪れるように
している。

c0094556_14572442.gif


「鯖街道(さばかいどう)」とは、中世の時代からモータリゼーションが
発達したつい数十年前まで栄えた、福井県若狭湾で獲れた鯖を
一大消費地である京都に運ぶ際のルートのこと。
鯖は青魚(あおざかな)で直ぐに腐ってしまう。よって鯖商人達は
約76キロの距離を一晩で走り抜け京都に新鮮な鯖を届けたという。

近年は「鯖街道ウルトラマラソン」なるレースが行われる。
高低差が激しく、寒冷期は凍てつく寒さになり、夜は街灯もまばらな
厳しいコースだ。

「小浜(おばま)市」とはその若狭湾に面する人口約3万人強の小都市。
鯖街道の起点となる都市である。
今年3月までのNHK朝の連続テレビ小説「ちりとてちん」の舞台に
なった。
もっともこの番組は関西的なアクの強さが関東では受け入れられず、
視聴率は低迷したらしいが。

また次期アメリカ大統領の民主党の有力候補であるバラク・オバマ
上院議員と同じ名前なので、小浜市民が勝手にオバマ氏を応援する
運動をしていて話題になっている。

c0094556_1458850.jpg


あくまでも関東との比較になるが、これらの地方の特徴は気候が
峻烈であること。
冬寒く夏暑い。よって農作物の安定した収穫が期待できない。
また地政的に昔から戦場になることが多く、田畑は荒れて必然的に
人々も貧しかった。
よって一向宗(いっこうしゅう)や浄土宗といった農民信仰の仏教が栄え、
神社仏閣の名刹が多い。

しかし中世の海上貿易は日本海側で盛んだった。
北海道の小樽、ここ小浜、博多そして瀬戸内海を通って大阪を結ぶ交易
ルート北前船(きたまえぶね)が栄え、李氏朝鮮や明、清などの外国貿易
の拠点にもなっていたのである。
ちなみに当時の太平洋側の海上ルートは運ぶ物資も少なく、開発が
遅れていたそうだ。

現在のこの地方は人口密度が低く工業地帯も無い為、土地が余っていて
なんだか広々・寒々とていて「田舎に来た」と実感する。
「現在の過疎地帯は過去に繁栄した歴史がある」というセオリーが
当てはまる土地だが、それだけに名所・旧跡が多い。

c0094556_1458443.jpg


いつかはこの地方をゆっくりと訪ねてみたいが、その前に鯖街道マラソン
に挑戦したくなったらどうしようと、自分で自分が不安になっている。

写真は上から鯖街道イラストマップ(日本レンタカーのURLより)。
小浜市内の「勝手にオバマ氏を応援する会」ののぼり。
小浜の名物料理焼き鯖。
[PR]
by Mikio_Motegi | 2008-05-01 22:10 | 京都・紀行