ホテル、レストランなどホスピタリティ・インダストリに特化したヘッドハンター茂木幹夫(もてぎ みきお/ www.kyotoconsultant.net)の「非首狩族的な」日々。


by Mikio_Motegi

<   2008年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

さる7月10日、Benihana(ベニハナ)トーキョー創業者のロッキー青木
こと青木広彰氏が亡くなった。
若い世代では青木氏はモデルのデヴォン青木の父親としても知られて
いる。

c0094556_22452014.jpg


彼は「アメリカンドリーム」を実現した誰憚ることの無い成功者であるが、
彼の生まれ故郷である日本では案外誤解されているような気がする。
確かに派手な女性関係、数度にわたる結婚・離婚、カジノやホテル事業
に乗り出し大失敗、脱税、熱気球で世界横断を敢行等、日本人の尺度
からすれば奇人・変人の部類に入るだろう。

だがベニハナの著しい成功はアメリカではつとに有名で、彼は経営者
として尊敬の対象になっていて、そのユニークな経営手法はハーバート・
ビジネススクールで取り上げられてもいる。

忘れてはいけないのは、彼が始めてアメリカでベニハナをオープン
したのは1964年。今のような日本食ブームは全く無かったことだ。
いや、言い換えれば彼こそが今の日本食ブームの火付け役なのである。

ご存知のようにベニハナのみならず、外国の鉄板焼きでは料理人が背中
から手を回して調味料をかけたり、侍(さむらい)が刀を扱うようにナイフや
包丁を使ったり、料理人同士で食材を放ったり、日本人の識者が眉を
ひそめるあのパフォーマンスを定着させたのは青木氏だ。
またインテリアに日本的なエキゾチズムを演出し、メニューも和洋混合の、
今で言う「フュージョン」を取り入れたのも彼だ。

実は私は彼と一度だけ会ったことがある。
私がジャカルタのシャングリ・ラに勤務していた1996年、彼がふらりと
「なだ万」に訪れたのだ。
日本のある大手総合商社が青木氏を招待したもので、経済成長が
著しいジャカルタに興味を持ってやってきたようだった。

オープンしたての「なだ万」の鉄板焼きコーナーに若手のインドネシア人
シェフがいて、彼が以前の職場で憶えた「ベニハナ流」のパフォーマンス
をするので私が強く叱責して止めさせたばかりの時だった。
あんなパフォーマンスはこけおどしで、なだ万に来るお客様が求めている
ものではない、とこんこんと説教をしたのだ。

そんなことがあった直後の青木氏の来店だったが、その頃は私も若く、
「なだ万流」の鉄板焼きを召し上がって頂くことを氏にお奨めした。
その時は残念ながら氏は鉄板焼きではなく鮨のコーナーに行ったのだが。
ほんの挨拶程度だったが、強烈なオーラを持っている人だった。

c0094556_22455689.jpg


青木氏の体現し遺したアメリカンドリームは、単なるビジネスでの成功
ではなく、生魚を食す当時は「ゲテモノ」扱いだった和食という日本文化を、
広大なアメリカに広め定着させたものだった。
その証拠にニューヨークへ行けばNobuやMeguに代表される超高級
和食レストランから、一膳飯屋、うどん屋まで夥しい数の日本食レストランが
盛っている。そして誰も、日本的なインテリアや和洋衷メニューを賞賛する。

今、あれだけのスケールの大きなビジネスマンは日本にいるのだろうか?
付け加えれば、デヴォン青木という日米で活躍するモデルも、両国文化の
橋渡しに一役買っている。

ところで私も最近は趣向が変わり、鉄板焼きを食するときは例の
「ベニハナ流」パフォーマンスをシェフに依頼することがある。
なんといっても鉄板焼きの良い所は、接待に向いている点である。
つまり食事中に話題に詰っても、カウンターで横並びに座っているので
気まずさが少ない。
またそこでシェフが絶妙のパフォーマンスでもしてくれたら、最高に
盛り上がるのである。

面白いことにどんな格式の高いホテルのシェフでも、そこが貸切個室
で他のお客やスタッフの目に触れさえしなければ、大抵は喜んで
パフォーマンスを披露してくれるものだ。
それにシェフ達も結構楽しそうにしている。

案外彼らも隠れてパフォーマンスを練習しているんだな、と私は一人で
微笑んでしまう。
だが、一方であの「なだ万」のインドネシア人シェフにこんこんと
「正統な鉄板焼きの接遇とは」を垂れた自分は一体何処へ行って
しまったのかと、後ろめたさも感じているのである。

写真上はデヴォン青木。下が故ロッキー青木氏。
どちらもニュース写真より。
[PR]
by Mikio_Motegi | 2008-07-19 22:59 | 人材・ホテル
最近サッカーネタが多くて恐縮だが、オリンピックやWカップ最終予選を
控えた大事な時期なのでガマンしてください。

私はサッカー日本代表の発展の為、Jリーグに新制度を導入することを
ここに提言したい。
すなわち外国人選手の得点は0.5点とする「エイリアン・ポイント制度」で
ある。

c0094556_21373555.jpg


23歳以下の代表選手が争うオリンピック本大会で、「オーバーエージ枠」
といって23歳以上の選手が各チーム3人まで選手登録できる制度がある。
このオーバーエージ(OA)に誰を選ぶか、反町監督の苦悩が絶えないようだ。
召集を予定していたガンバ大阪の遠藤が発熱、ヴィッセル神戸のフォワード
大久保にはケガを理由に断られた。

OA枠無しで本番に臨むという声も上がっているが、冗談じゃない、それでは
戦う前から白旗を揚げているようなものだ。
アルゼンチンのOA枠にはリケルメ、ブラジルにはロナウジーニョ(所属する
バルセロナが反対しているが)、日本が予選リーグ緒戦で戦うオランダは
マカーイというフル代表のエースクラスを揃えているのである。

やはりW杯予選等で修羅場を潜り抜けたベテラン選手が一人でもいれば、
チームは自然と落ち着くもの。
問題は日本チームは確かに得点力・決定力不足が深刻であるにも関らず、
それを補うべきストライカーが23歳以上のフル代表にも見当たらないという
点である。

何故優秀なストライカーが日本人にいないか?理由は簡単。
Jリーグのフォワードが皆外国人選手に占められてしまっているから。

興行優先・勝利至上主義のJリーグは得点源に手っ取り早く外国人
フォワード・ストライカーを置く。これも当然。
しかしそれでは日本人のストライカーが育たない。

c0094556_21381886.jpg


そこで上記の「エイリアン・ポイント制度」。
外国人の得点は0.5点とすれば、2回ゴールネットを揺すらなければ
1点にならない。
日本人の得点は従来どおり。試合によっては得点2.5対1とか、0.5対2
といった結果になる。勝ち点は従来どおり、得失点差は実数。
こうすればJリーグ各チームも日本人ストライカーの育成に力を入れる
だろう。
但し個人得点ランキングは従来どおり外国人も日本人も1点は1点とし、
不公平感をなくす。

Jリーグ関係者、サッカー・メディアの皆さん、先ほど風呂に入りながら
10分で考えついた名案ですが、如何でしょうか?

写真上は日本代表のフォワード、巻誠一郎。下はスペイン代表フォワード
フェルナンド・トーレス。
どちらもlivedoorスポーツニュースより。
[PR]
by Mikio_Motegi | 2008-07-09 21:34 | サッカー、スポーツ

木賃宿に泊まる

表現が正しいのかどうか分からないが、とにかく旅館でも民宿でもない、
「木賃宿」としか表現のしようが無い宿泊施設に泊まった。
場所は福井県若狭町熊川宿(くまがわじゅく)の「きく屋旅館」である。

c0094556_22465514.jpg


熊川宿は平成8年に文部科学省より「重要伝統的建造物群保存地区」
に認定されたことを機に、全長400メートルほどの通りを風致地区として
整備、電線を地中に埋め看板を外し家並みを整えた。

京都と福井県小浜市を繋ぐ、いわゆる「鯖街道(さばかいどう)」の
途中の宿場町で、町興しの為に行政主導で整備された通りである。

「きく屋」は江戸期から続く旅館だ。最盛期には熊川宿に14軒旅館があった
そうだが、現存するのはここだけ。年配のご夫婦だけで営んでいる。

午後4時頃に到着、車を旅館の前に横付けしたままで散歩に行く。
辻々に細い、しかしかなり水量の豊富な用水路が張り巡らされていて、
水音が涼しい。
ウグイス、郭公やこじゅけいの鳴き声がにぎやかだ。
気がつくと、自然の音しか聞こえない。
車の騒音やオーディオ、BGM等の人口の音が全く聞こえないのだ。
都会では味わえない贅沢にひたる。

c0094556_2110413.jpg


何でこんなところに泊まることになったかというと、翌朝9時にスタート
する「若狭あじさいマラソン」に出場する為だ。
今年からはじめた4回目のハーフマラソンだが、熱が高じてついに泊りがけ
で参加することになった。もちろん家族は帯同せず、私一人。

1時間ほど散歩して旅館に帰る。
宿の主人から、今日の宿泊客は私一人と聞き愕然とする。

京都から福井に行く公共交通機関は極めて限られており、京都を朝5時に
起床しJRやJRバスを乗り継がないと、朝9時のスタートに間に合わない。
私は体力温存の為に前泊することに決めた。
大会のHPから検索し、周辺の宿泊施設で一番便利なのがここ「きく屋旅館」
だということが分かった。
実は私は同じような趣旨で旅館がマラソン客でごった返して落ち着けないの
では、と危惧していたのである。

とても拍子抜けしながら夕食をとる。メニューは豪華だ。
新鮮な魚介類は毎朝ご主人が小浜から仕入れてくるとのことで、今日は
黒鯛とイカ、大型のトビウオの刺身。トビウオは味噌だれで頂く。
他に名物の絶品の焼き鯖、地鶏肉のソテー、ポテトサラダ、これに生卵を
落とした具沢山の自家製味噌汁とご飯、手製の漬け物。

食事を終えると午後8時。風呂から上がり、買い込んでおいた地酒を
ちびりちびりとやりながら、日頃なかなか読む時間が取れなかった歴史モノ
「氷川清話」に取り組む。
カエルの鳴き声と水音だけが相変わらず聞こえる。

ふと気がつくと部屋に目覚まし時計が無い。携帯のアラームをセットしたが、
念の為、ご主人に朝6時半に起こしてくれるよう依頼する。ご主人は快諾。
いつものように0時過ぎに就寝。

翌朝、ご主人に起こされる。「もう朝飯の用意ができているよ」
時計を見ると、まだ朝の5時!6時半に起こして、と頼んだのに!!

「これじゃ京都から日帰りで来ても一緒だったよ」
「もう少し寝ていようか」とぶつぶつ言うが、
根が「前向き」な私はすぐに「寝坊するよりはいい。時間ギリギリで到着
するより、ゆっくりと準備もウォームアップもできる」と考え直し、
そのまま寝床を上げて朝食をとる。
快晴。ご夫婦に見送られて車でコースに向かう。温かいホスピタリティに
じんと来る。
何でご主人は依頼した時間より1時間半も早く私を起こしたのか、くよくよ
考えたりせず、やっぱり早起きは三文の徳だ、と自分に言い聞かせる。
何て前向きなオレ・・・。

しかし、マラソン会場にはたった10分で着いてしまった。
スタートまでまだ3時間もある。

登録を済ませ、何もすることが無いので、会場である小学校の校舎の
軒下でごろりと寝転ぶ。お腹は満腹。空はどこまでも青い・・・。

・・・なんとなく周囲が騒がしい。「ハッ」と気がつく。つい眠ってしまった。
時間は!? 
息を呑む。何とスタート5分前。
2時間以上熟睡した、と喜んでいる場合ではない。
トイレにも行けず、勿論ウォームアップなどの時間も無い。
慌てて既に全員が並んでいる列の最後尾に着いた直後にスタート。

結果は、一応完走。しかしタイムは初マラソン時よりはるかに遅い。
寝起きでいきなり走り始めた為、身体が重く、足取りはよたよた。
途中何度もリタイヤしかけた。

帰り道、田んぼの農道に仮設された駐車場までの道のりがやけに
遠い。

c0094556_2248119.jpg


今回の旅行での教訓1.
目的がマラソンであれ仕事であれ、宿泊施設を選ぶ際は部屋の
アラームの有無を確かめよう。

教訓2.「前向き」志向は時にアダとなる。 あの時寝てりゃ良かった・・・。

c0094556_22484478.jpg

[PR]
by Mikio_Motegi | 2008-07-05 23:01 | 京都・紀行
4年に一度行われるサッカーのヨーロッパ選手権"Euro2008”は決勝戦
でスペインがドイツを1-0で破っての優勝で幕を閉じた。
スペインはポルトガルと共に私が応援していたチームだったのと、世界の
サッカーに方向性を見出せる結果になったので、私も嬉しい。

c0094556_2183854.jpg


方向性とは、スペインチームの特徴である「速さ」が、ドイツに代表される
「高さ」「強さ」に勝ったということだ。
最近はサッカー選手の大型化が進み、ドイツやチェコ、オランダのように
2メートル前後の大男が揃うチームが台頭している。
つまり高さと力強さで相手をねじ伏せよう、というサッカーだ。

しかし170センチ前後の選手が中盤を構成したスペインやロシアのような
チームが、相手を上回る運動量と早いパス回しで結果的にドイツや
オランダを手玉に取った。
大型化を競うのはバレーボールやバスケットだけでよい。
体格で中東やヨーロッパに劣る日本チームが目指すチーム、といえる
だろう。

ただし豊富な運動量はそれに適した涼しい気候があってこそ。
大会が高温・多湿・炎天下で行われる場合、やはりどうしても体格で勝る
チームが有利だ。
よって真夏のアメリカ中西部や日本などで行われるワールドカップより
Euroのほうが面白い、という私のような感想を抱くサッカーファンも多いと
思う。

さて2004年ドイツワールドカップで私が注目したフェルナンド・トーレス、
セスク・ファブリガス、セルヒオ・ラモスという20代前半の若手選手で
チームを構成しているスペイン。
特に決勝戦で決勝点をもぎ取ったフェルナンド・トーレスの動き出しの
速さ、相手ディフェンスをすり抜ける速さは、日本の選手も大いに参考に
なるだろう。
彼は攻撃の基点となるようなポストプレーより、スペースを突く動きで
より輝きを放つ。現在イングランド・リーグの強豪リバプールで活躍中。
ここ数年、目が離せない存在であることに間違いは無い。

c0094556_2191559.jpg


ところで我が日本代表だが、いくらパス回しが早くてもやはり技術では
世界の2線級であるため、ある程度体格のある選手を揃えるのも重要だ。
ゴールキーパーと二人のセンターバックに大型選手を採用している
岡田ジャパンの方向性は、悪くない。
ところが岡田監督が劣勢の際の終盤によくやる「パワー・プレイ」、つまり
大型のバックスを前線に上げヘディングで競わせるプレーだが、あれは
観ていて醜い。
あんなプレーで点が取れるのなら、最初から大型選手を集めてフォワード
に据えたらよいのだ。試合の終盤になれば守る相手も必死だから、
パワープレイが功を奏するケースなどありはしない。
それより深い角度でのセンタリングやロングシュート等をもっと活用すべき
だと思う。

今回の決勝戦、1点ビハインドを追うドイツはお家芸のパワー・プレイを
仕掛けようとしたが、スペインの守りに阻まれセンタリングは一本も上げられ
なかった。僅かに後方よりのロングパスが届いただけ。
つまり堅守にかかればパワープレイも封印されてしまうのである。

しかし僅か6年前の日韓ワールドカップ、2年前のドイツワールドカップで
日本が互角に戦ったロシアやトルコ、クロアチアが、今回のEuroで
大躍進した。日本も以前に比べ成長しているところを我々ファンに
見せ付けてくれればいいのだが。

c0094556_21173043.jpg


写真は上からフェルナンド・トーレスの決勝点、得点を喜ぶイニエスタと
フェルナンド・トーレス、優勝カップにキスをするセルヒオ・ラモス。
ラモスの胸の顔写真は、ラモスの親友で昨年22才の若さで急逝した当時
スペイン代表のディフェンダー、アントニオ・プエルタ。ラモスは志願して
プエルタのつけていた背番号15を着用し今大会に臨み、そして勝った。
http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/euro/08/photo/より。
[PR]
by Mikio_Motegi | 2008-07-01 21:10 | サッカー、スポーツ