ホテル、レストランなどホスピタリティ・インダストリに特化したヘッドハンター茂木幹夫(もてぎ みきお/ www.kyotoconsultant.net)の「非首狩族的な」日々。


by Mikio_Motegi

<   2008年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

時代祭りを歩く

去る10月22日(水)、京都三大祭のひとつである「時代祭り」が催された。
http://www.kyokanko.or.jp/3dai/jidai.html

c0094556_22141077.jpg


私の居住する北区・紫野地区は今年20年に一度廻ってくる当番地区に
あたり、地域の要請で私も行列に急遽参加する事になった。

時代祭りは明治維新から延暦時代へさかのぼって順次風俗、
文物の変遷を再現する20列、参加人数2000人に達し、長さは2キロに
及ぶ大行列。
我が紫野地区は第一社という、行列で最も古い年代である延暦年間
(782~805・桓武天皇の時代を担当する栄誉を授かった。
もちろん私は末列を汚す人数合わせの一人でしかなかったが、一応公卿
(くぎょう)という貴族の役。

c0094556_22145468.jpg

c0094556_22172162.jpg

c0094556_2218459.jpg


当日は生憎の雨だったが、私は「笠」を被っての行進なので殆ど濡れる
ことはなかった。「笠」の実用性に脱帽。

時代祭りの本番行列もそうだが、これを支える京都市の地域の
サポート体制は「さすが京都!」、と唸らせるものがある。
我が紫野地区だけで100名近くが参加したが、その為の準備作業が
数週間前から続き、前日の説明会、当日の参集・散会、そして翌日の
衣装のアイロンかけ、梱包まで全て地域の婦人会やPTAがこなす。
これに駆り出される女性達だけでも20名以上。
会場も地域の小学校の体育館を、都合3日間借り切る。つまり小学校
は体育館を3日間も使えないのだ。

20年に一度しか回ってこないイベントの為のマニュアルの伝承、地域
住民及び小学校の結束と理解は、さすが京都である。

c0094556_22184389.jpg


写真は上からカメラ目線の私。
近所の友人達と。華やか衣装の人が「三位」役。回りの二人は
「白丁(はくちょう)」という役。後ろの御神馬が首を垂れているのが見える。
家内の実家で義母に着付けをしてもらう私。義母は着付けのプロで、
おかげで半日以上拘束されていたが全く着崩れすることがなかった。
そして篠つく雨の中、行列の終点である平安神宮の内裏に到着した
ご神体。後方は東山。
そして翌日の衣装を整理する紫野小学校PTAと紫野婦人会、紫野
社会保険協議会の皆さん。

ひとつ時代祭りを司る平安講社に意見がある。
毎年数万人の観光客が集まるこの一大イベントにおいて、行進の
主要ポイントで時代背景や衣装、登場人物の説明がアナウンスで
流される。しかしこれが日本語しかない。
当日は雨にも拘らず、非常に多くの外国人観光客が熱心に見物を
してくれている。欧米系ばかりが目に付くが、アジア系を含めれば
1万人以上の人たちが海外から集まった筈だ。
彼らに対し、英語・中国語・韓国語・ロシア語等の簡単なアナウンスを
何故しないのだろう。
主催者には「ホスピタリティ」というものが無いのだろうか?

・・・実は私は行進を待つ間、多くの外国人観光客に時代祭りの由来を
英語で尋ねられた。
ところが私は時代祭りのなんたるかをさっぱり理解してなかったので、
「京都で1000年以上続く古い古い祭りである」とかいう全くのデタラメを
説明してしまったのである。

私の説明をまともに受けた外国人観光客の皆さん、ごめんなさい。
時代祭りは歴史がせいぜい110年ほどの新しいお祭りでした・・・。
[PR]
by Mikio_Motegi | 2008-10-25 22:18 | 京都・紀行
今年度のウォーカソンが10月18日(土)に神戸のメリケンパークで
開催された。
ウォーカソンとはACCJ(在日米国商工会議所)関西支部が主催する
チャリティ・イベントで、「働く女性のための環境改善」に取り組む
各種NGOに、運営実費を除く収益の全額を助成金として拠出する為の
ものであることはこのブログでも何度か取り上げたとおりである。

c0094556_2151289.jpg

c0094556_21513683.jpg

c0094556_21521993.jpg


各スポンサー企業からの寄付金を除く当日の入場者数、入場券売上げ等
の詳細は後日報告するが、快晴・どピーカンの空の下、1000名以上の
来場者が各種イベントや国際色豊かな屋台料理を堪能してくれたこと
と思う。

c0094556_215301.jpg


私が担当し、当初人数不足が懸念されていたボランティア業務も予定以上
の130名が集まり、運営の手足となってくれた。
特にマンパワーが必要で時間制限のある当日朝からの設営は、私が
あれこれ指示するまでも無く、リーダーとなってくれたボランティアの下、
呆気に取られるほど見事に成し遂げてくれた。撤収もまたしかり。

ウォークコースのマーシャル(案内人)、ステージ周辺整理と案内、
呼び込み、受付及びチケット販売、フィニッシャーズバッグ作成、
のぼり旗設営、救護・迷子案内、キッズエリア、ドアプライズ、全てが
昨年より格段に進歩し統率が取れ、完璧に近い運営が為されていたことは
言うまでも無い。

もちろんチャリティイベントへのボランティアなので、謝礼等は一切なし。
全て手弁当で参加してくれたのには感謝の言葉もない。

このチャリティ参加・手弁当のポリシーはACCJ関西支部会頭の
マイケル・ボブロフの方針で、ただ一人の例外も無く入場者は参加費を
払ってくれた事実は私が証明する。

実はウォーカソン前日にクラウンプラザ神戸で行われた豪華な前夜祭で、
マイケルは地元神戸市の市長、商工会議所会頭等の来賓をひな壇に
上げて紹介しオリジナルTシャツを進呈したのだが、何とその場の衆目の
前で来賓一人一人からウォーカソン入場料2000円を徴収したのだ。
マイケルのこの「関西商人」根性に会場は大爆笑の渦。
また来賓もそれに応じ財布を取り出したところなどは、さすが国際都市
神戸の重鎮たちだ、と感じ入った。

c0094556_21575067.jpg

c0094556_21533675.jpg


ウォーカソン当日も、そんなハプニングを知らず会場視察に来た地元の
お歴々が記念にTシャツを無料で所望したのだが、事情を説明し公平に
参加費を徴収させて頂いた。

特にイベントで好評だったのは、栗原めぐみ先生のダンスユニットと、
USJによるショー、及びキャラクター「ウッドペッカー」の参加
だった。
USJが園外にキャラクターを出演させることは史上初めてのことだそうで、
子供達を中心に大いに盛り上がった。
また国際色豊かな屋台も12ブースが出店してくれて、参加者を堪能
させてくれた。

c0094556_21542056.jpg

c0094556_21561549.jpg

c0094556_21565921.jpg


さてイベントは無事に終わったが、これから大変なのが前述した
各種集計、収益告知、各後援団体・屋台・アクティビティ出展者・
ボランティアへの感謝と御礼等で、やることが山積している。
今年度の助成金受益団体も選定しなくてはならないし、来年度の
基本計画作りも直ぐに始まるだろう。
私自身が来年のウォーカソンに参加するかどうかは決めていないが、
少なくとも今年度の「けじめ」をつけなくてはならない。
まだまだ忙しい気の抜けない日々が続きそうだ。
[PR]
by Mikio_Motegi | 2008-10-19 21:58 | ブレイク
先週末、ヒルトン大阪にて「Barack Obama Debate Party」なる
集会があった。
私の所属するACCJ(在日米国商工会議所)関西支部に在籍している
熱心な民主党員が主催したもので、私は彼の友人でもあるので
顔を出してきた。

c0094556_1162327.jpg


断っておくが、私はアメリカの二大政党である民主党、共和党のどちらも
特にサポートしているわけではない。
またこのブログでは"Politically Correct"の考えから政治ネタは
取り上げないことにしている。
よって先日の集会に顔を出したのはあくまでも好奇心に駆られて、という
理由であることを前置きしておく。

さて夜7時から始まったこの集会だが、参加者は5-60人ほど。
日本人とアメリカ人比率は40:60といったところ。
2000円の参加費を払えば誰でも入場できるせいか、若い世代の人々
も多い。

会場は2階のイベント・スペースである「李白(リポ)バー」。
簡単なフィンガーフードと飲み物が用意されており、大型TV画面でその
前の週に行われたオバマとマケイン両大統領候補による討論会のDVDを
ソファに腰掛けて鑑賞する、というプログラムだ。

ヒルトンのシックなインテリア、アルコールも回って寛いだ雰囲気
ということで、参加者は皆思い思いに談笑に講じていて、真面目にTVを
見ている人は一握りしかいないかった。
ま、これもアメリカ的といえばアメリカ的か、と納得する。
女性客は多かったが殆どが日本人。僅か数名のアメリカ人女性は何故か
全員がアフロ・アメリカンだった。

c0094556_11101272.jpg


大統領選挙といえば、2001年1月にジョージ・ブッシュによる現政権が
誕生し、「日本シフト」ともいえる日本シンパの共和党員を次々と政権の
中枢に登用した際、当時シンガポールにいた私も「居心地」が良かった事を
憶えている。
アメリカの政治・経済の影響が極めて強いシンガポールは、何をするにも
彼らの顔色を伺う傾向が強い。
その意味でビジネスにおいても、またプライベートでも日本人の私は
アメリカというフィルターを通してではあるがシンガポール社会に期待され、
受け入れられていたのを感じた。

実はその前の民主党クリントン政権では「日本パッシング(通過)」とも言える
対中国頭ごなし外交が行われたこともあり、日本は軽視されていた。
よってその頃の私はシンガポールでなんとなく肩身の狭い思いがしたものだ。

かようにアメリカの姿勢次第で海外在住日本人の立場まで変わるという現実
は、超大国アメリカの人々には理解できかねることだろう。

共和党は僅か3週間前にサラ・ペイリンが副大統領候補として颯爽とデビュー
した時の勢いは完全に失速した。
殆どのメディアでは、よっぽどのことがない限り今回は民主党オバマの
圧勝に終わるという予測を立てている。
要は誰が大統領になっても構わないが、次期政権にも日本重視の姿勢を
持続し続けてもらいたいものだ。

もっとも日本側も、彼らから重視され続ける為のメッセージ、
政治的プレゼンテーションを欠かさないことも肝要なのは言うまでも無い。

たとえ新政権が「親日家」を主要ポストに揃え、日本政府がそれを歓迎
したとしても、善し悪しはともかく、今度は「外圧」という形で日本に様々な
改善=アメリカに有利な政策を要求してくることは間違いないからだ。



ところでヒルトン大阪での民主党。
さすがアメリカではエリート色の強い政党である。シックな会場の雰囲気と
クールな運営に終始した。

私が記憶している日本の選挙では、後援会事務所ではその日の選挙運動
が終わると駆けつけた支持者に酒食が施され、大いに盛り上がったものだ。

どうもその頃の記憶が抜けない私は、この夜の集会の雰囲気が今ひとつ
物足りず、ヒルトンの上階で催されていたドイツ企業主催のオクトーバー・
フェスティバルにも飛び入りで参加し、ドイツビールとウィンナ・シュニッツェル
で大いに盛り上がったのである。
[PR]
by Mikio_Motegi | 2008-10-15 11:16 | ブレイク
来週発表されるノーベル文学賞に今年も村上春樹が候補に挙がっている
らしい。
最近この時期になると毎年騒がれるが、なかなか実現しない。
今年はどうだろうか?

c0094556_21443138.jpg


実は私は彼のデビュー時以来のファンの一人である。
村上春樹の名を初めて知ったのは大学1年の時だから1979年。
英文学の講義で、当時の大竹勝教授がその年に出版された彼のデビュー
作「風の歌を聴け」を絶賛し、彼を「スコット・フィッジェラルド」の「ジャズ・
エイジ」系譜を
受け継ぐ作家だと評していた。
大竹先生の授業のテキストがたまたまフィッジェラルドの「冬の夢」で、
先生はこのとき既に村上春樹の姿をこのアメリカ20世紀文学の代名詞
でもある作家と重ね合わせていたのだ。

・・・私は授業で初めて村上春樹の名を聞かされた時、「先生、もしかしたら
先生は村上龍と角川春樹がごっちゃになって勘違いしているんじゃない
すかー?」という真に間の抜けた質問をしてしまったのを良く憶えている。
ああ恥ずかしい!

そんな事で読み始めたのだが、今にして思えば私が好きな彼の作品は
初期の物ばかりだ。

長編では「羊をめぐる冒険」「世界の終わりとハードボイルド・
ワンダーランド」。
短編集では「中国行きのスロー・ボート」「カンガルー日和」「回転木馬の
デッドヒート」。
紀行文では「遠い太鼓」「雨天炎天」等々。

長編では読者をぐいぐいと引っ張っていく迫力があり、「羊を・・・」では
クライマックスに突然現れる「羊男」のイラストに度肝を抜かされた。
短編や紀行文では実に美味そうに料理を描写する。彼の短編小説の
せいでパスタやワイン好きになった若者も多いのではないだろうか?

残念ながら私は「ノルウエイの森」以降、何を読んでも読後に満足感を
得られた事がない。
多分彼の文体が進化して私の感性が追いつかなくなったのだろう。
物語の最後が「後は読者の想像にお任せします」的結末でいつも終わる
為、ビシーッとしたフィニッシュを期待するといつも肩透かしをくう気が
するのだ。
時折挿入される不気味な暴力描写も、場にそぐわない気がして
どうしても馴染めない。

c0094556_2138182.jpg


とはいえ過去の日本人作家でノーベル文学賞を受賞したのは川端康成
と大江健三郎のみ。候補になったのは井上靖、三島由紀夫、
安部公房等だが、どちらも私たちよりはるか上の世代の作家だ。

村上春樹は彼らと違い同世代の人であり、私がいわば「文体の進化を
目の当たりにしてきた作家」である。受賞してくれると嬉しいのだが。

最近は新作も読まなくなってしまったが、秋の読書シーズンでもある。
久しぶりに彼の長編を読み返してみようか・・・。そんなヒマないか・・・。

写真上:
http://www.fantasticfiction.co.uk/images/c3/c16906.jpg
「Sleeping Woman(邦題:めくらやなぎと、眠る女)」

写真下:
http://img.tokyo-fashion.net/epaper/jp/tokyo-fashion-20070518(No.81)-jp.html
[PR]
by Mikio_Motegi | 2008-10-03 21:47 | ブレイク