ホテル、レストランなどホスピタリティ・インダストリに特化したヘッドハンター茂木幹夫(もてぎ みきお/ www.kyotoconsultant.net)の「非首狩族的な」日々。


by Mikio_Motegi

<   2008年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

作家の村上龍が、エッセイ「すべての男は消耗品である」で面白い事を
語っているので、少々長いが引用させて頂く。

「日本では、どこを見ても不安にならざるを得ないという社会状況が
続いている。最も大きな不安は雇用だ。リストラは加速しているし・・・
(中略)。雇用不安というのは生活に直結しているのでやっかいだ。

c0094556_2138378.jpg


いつ職を奪われるかわからない国民は当然消費を控える。
個人消費は減退し、売上げは落ち、設備投資も減る。
財政は大赤字で政府には充分な雇用対策を行う資金がない・・・(中略)。
国民保険も年金もパンクしそうだし、現在のような社会保障をいつまで
続けられるかわからない。まさに不安だらけだ」

私が村上龍のこの文書を何故面白いと考えたかというと、このエッセイ
が書かれた日付が2001年の12月3日、つまり今から7年前のことだ
という事実からだ。(「置き去りにされる人々-全ての男は消耗品である
Vol.7」 70-71ページ 幻冬舎文庫)

要するに現在の日本の状況は7年前と何も変わっていないのである。

最近の日本のメディア、特にNHKに代表されるテレビ局の過剰とも
いえる社会不安を煽る報道に接する度に、彼らはそういった番組を通し
視聴者に何を訴えたいのか、私はさっぱり意図がわからない。

世界に冠たる日本の自動車メーカーが季節労働者や派遣労働者を解雇
したのであれば、何故そういった雇用調整がもたらす深刻な真の影響を
もっと掘り下げて報道しないのだろう?

真の影響とは、彼らの住宅の確保、年を越せるか越せないか、という事
だけではない。
例えば非常に短期的な業績の確保の為に大事な労働力を切って捨て、
この不況を乗り切った後の経済復興にいかに対処しようというのか、
という点。
オバマは就任直後から「V字回復」を目指し、経済・財政をドライブさせる
戦略を着々と立てている。
日本の自動車産業は今の状況で、アメリカのV字回復について行けるの
だろうか?

「失われた10年」の間、日本の主要企業は新卒採用を手控え、かつ
従業員教育に積極的投資をしなかった。
その結果、その間に新卒採用された僅かな人材、現在の20代後半から
30代は労働人口が少なく、このブログでも度々取り上げているように
GDPを支えるにはあまりに層が薄い。
そういう人材層に我々は日本の未来を託すしかない、という問題。

雇用調整、内定取り消し、新卒不採用といった人材確保に対する負の
積み重ねが今後招くであろう深刻な社会不安に対し、警笛を鳴らし
修正を促すメディアがあまりにも少ないと考えるのは、私だけだろうか?
「失われた10年」は一度だけで沢山だ。

麻生首相も愛読するという「ゴルゴ13(サーティーン)」の最新シリーズ
「恐慌前夜」で、ゴルゴはこう呟いている。

「・・・だが、恐慌は人の心から生まれるものだ」
(ビッグ・コミック2009年1月10日号)

人の心を恐慌に向かわすのではなく、明るい未来を思い描かせてくれる
報道を日本のメディアには期待したい。

c0094556_21384043.jpg

[PR]
by Mikio_Motegi | 2008-12-27 20:37 | 人材・ホテル
先週末、桐生の実家に帰った。理由は庭そうじである。
庭師さんも最近は少なくなっていて、今まで年に2回頼んでいたのだが、
最近は春先の1回しか頼めなくなったようだ。

c0094556_1112335.jpg


「ほととぎす」というユリ系の花と、「しゃが」というアヤメ系の花があり、
実家の庭にたくさん根付いている。
茶花として有用なのだが、どちらも滅びゆく種なのだそうだ。
だが我が家でのそのはびこり様を見るにつけ、とても滅びゆく種とは
思えない。

同じくあちらこちらに根付いている「すすき」と共に、その頑固な茎を
根絶やしにせず適当に刈り込む。
そうすると来年の夏から秋にかけてどちらの花も再び見事に咲きそろい、
すすきは優美な姿を見せてくれる。

ここ数週間、マスコミでは「リストラ」の文字を見ない日が無い。
嫌な言葉だが、これをしないことには企業は、日本経済は再生しない。
経済の悪い今の時期に刈り込んでおくことが、将来の再生に繋がる。
そう思うと冬の時期の庭の刈り込みにも力が入る。

c0094556_1817536.jpg


以前も書いたが、私は5年間勤めたシンガポールの
インターコンチネンタルホテルで、2001年の経済危機の折にリストラ
された経験がある。
もちろん海外のことなので、セーフティ・ネットなど無い。
だが、お陰で夢だった起業を成し遂げることができた。
多少の紆余曲折があったものの、今の自分があるのはあのときの
リストラがきっかけであるのは間違いない。

その後インターコンチは再生し、リストラ翌年の2002年度は過去最高の
収益を得たという。
私はいわば刈り込まれた立場だったが、インターコンチ再生のニュースを
聞き及び、あの時のリストラも無駄ではなかった、と少々嬉しかった。

c0094556_1894326.jpg


大型ポリ袋3つ分にもなった落ち葉や刈り込んだ茎は、しばらく寝かせて
おいてから庭の隅に捨てる。
そうすると来年には素晴らしい腐葉土になるのだ。

久しぶりの庭の手入れ。
刈り込まれた後のたくましい「ほととぎす」と「しゃが」の茎を眺め、
来年また咲き誇る美しく可憐な花を想像しながら、こんな労働も悪くないと
思った。

c0094556_18133415.jpg


「しゃが」の写真は箱根神社のHP、「ほととぎす」はタキイ種苗のHPより
[PR]
by Mikio_Motegi | 2008-12-23 11:05 | 人材・ホテル
ローリング・ストーンズのライブ・ドキュメンタリー映画”Shine A Light"
がロードショーで先週から公開中だ。
私はこの作品をDVDで既に2度観ている。1度目はニューヨークから
バンクーバーへのエア・カナダの機内で、2度目はバンクーバーから
関空へのエア・カナダの機内で。
要するに私はストーンズの大ファンなのである。

c0094556_23295843.jpg


今までのストーンズのライブ映像と今回の大きな違いは、撮影会場の
規模にある。1977年の”Love You Live”や1981年"Still Life"
ではそれぞれ数万人収容の巨大なスタジアムがステージだった。
ところが今回のニューヨークのビーコン・シアターは収容人員が
2800名という規模。ちなみに新宿の厚生年金会館、日比谷の日生劇場、
丸の内の帝劇が1500-1800名、渋谷のNHKホールが3500名、
代々木のオリンピックプール特設会場が5000名収容といえば、
ビーコンの大きさのイメージが湧く方もいるだろう。
音響の良い会場としてアーチストに好まれていて、三味線の吉田兄弟の
ニューヨーク公演もここだったという。
マジソン・スクエア・ガーデンやラディオシティ・ミュージックホールと
同じ系列のようだ。

今年の夏のニューヨーク旅行で、私達家族は偶然ここの前を通っている。
ジョン・レノンが凶弾に倒れたダコタ・アパートよりやや北のブロードウェイ
に面し、歴史的建造物に指定されている建物だが、何だか界隈一体が
古めかしい所、というイメージしかなかったが。

c0094556_23311375.jpg


監督はマーティン・スコセッシ。今回の作品の勝利は、彼がストーンズを
このビーコン・シアターに引き込んだことにあると言っても過言ではない。
スコセッシはテーマを”Intimate(親密さ)”とし、ストーンズのバックステージ
での様子から舞台上の息遣い、顔に深く刻まれたシワ、シャウトする時の
飛び散るツバ、キースが一曲弾き終わる毎に投げ捨てるピック(そのピック
はストーンズのシンボル「ベロ」のロゴがついている)まで見事に画面に
捕らえた。
同時に幾度もステージ上から客席を映し、ストーンズに熱狂し酔いしれる
ファン達の至福の表情と共に、”Intimate"に包まれたビーコンを映し
出すことに成功している(もっともステージ周りのモデルかと
みまごうばかりの美女達は絶対に「サクラ」だと私は睨んでいるが)

ドラムのチャーリー・ワッツは元気そう、ロン・ウッドは相変わらず自分の
ソロをとらせてもらえない。

キース・リチャーズは相変わらずギターのカリスマぶり。
また彼の発する言葉がいい。
主賓であるビル&ヒラリー・クリントン夫妻(撮影は2006年に行われた)と
その家族を迎える際、キースが「クリントン、クリントンか・・・Bushed
(疲れたぜ)」とジョークを飛ばす。
またスコセッシのインタビューで傍らにロンをおき、「俺たち二人ともギターは
下手くそだ。でも一緒に演ると最強だぜ」
ぶっきらぼうだが、彼らしいシニカルな表現だと思う。

面白いのは、ミックが決めるSet Listと呼ばれる当日の曲目表を、本番
30分前までスコセッシに見せないところ。
焦りまくるスコセッシ。ここなどは巨匠といわれるスコセッシの技量を
ミックがわざと試している、とみた。

c0094556_23321128.jpg


ストーンズが半世紀近くをロックの第一線として君臨できている秘訣は
なんだろう?
ウドー音楽事務所に勤務する私の家内の従兄に聞いたのだが、ミック・
ジャガーは「完璧なビジネスマン」なのだそうだ。
つまりミックはストーンズを自分のビジネス上の媒体として捉えており、
バンドのイメージ、彼のカリスマ性、プロデュースするCD、コンサートツアー
の詳細まで全て彼の承認なくして進まない。
海外公演の際に交わされる契約書は広辞苑ほどの厚さになるという。

最後にキースの言葉をもう一度。。
イギリスでキースとミックが共に大麻所持で警察の留置所に入れられた際、
隣同士の独房で(絶望しない、ロックをあきらめない、絶対にゲロしない)と
声を掛けて励まし合ったときの言葉。

"We gonna make it!"
[PR]
by Mikio_Motegi | 2008-12-15 23:41 | ブレイク

訃報2件

今週は私の故郷・桐生市に縁の深い芸術家お二人の訃報が相次いだ。

俵萌子さん。11月27日死去(但しマスコミ発表は12月1日)。
大阪市出身の評論家でエッセイスト。
教育や女性、老人問題という「社会的マイノリティ」の観点からの評論、
著述が多数ある。

c0094556_165446.jpg


ここで俵さんを「芸術家」と評したのは、1995年桐生市郊外に
「俵萌子美術館」を設立し、そこを拠点に陶芸や絵画に傾注して
いたから。
ここにはサロンや陶芸教室があり、ミニコンサートや朗読会なども
開催され地域のコミュニティ活動の一翼を担っていた。
桐生に転居されてから茶道を嗜む私の母とも交流がはじまり、母の
主催する茶会などにもお越し頂いていたようだ。享年77才。

大川栄二さん。12月6日死去。桐生市出身。
現代洋画6,500点を所蔵、中でも故松本竣介の国内最大のコレクション
を形成している「大川美術館」館長・理事長。

c0094556_16215484.jpg


三井物産からダイエー副社長を経て同子会社のスーパー・マルエツ社長。
引退後の1989年に同美術館を設立。享年86才。

市内の水道山公園の中腹に佇む瀟洒な美術館で、県外からの訪問者
も多い。
人口十数万の小都市でありながら、このようなコレクションがあることに
驚かれる人も多い。
だが戦前の日本で栄えた中小都市には、このような「タニマチ」文化が
息づいているケースが多くみられる。
政治・経済だけでなく文化までもが東京に一極集中してしまった現代こそが
異常なのである。

また大川美術館のある近辺は、私が高校生の頃に通った英語サロンに
程近く、また当時の我々の間でマドンナ的存在だった女子高生の家の並び
でもある。

c0094556_1691967.jpg


・・・しかし残念なのは、私がその気になれば俵さんも大川さんも直接お目に
かかりお話を色々伺える立場にありながら、生来の怠け癖のせいでそれを
しなかった事だ。
こうして訃報に接して改めてお二人の偉業を認識し、勿体ない方々を
亡くしたと後悔するのである。これが凡人の常なのだろうか・・・。
[PR]
by Mikio_Motegi | 2008-12-07 16:07 | ブレイク