ホテル、レストランなどホスピタリティ・インダストリに特化したヘッドハンター茂木幹夫(もてぎ みきお/ www.kyotoconsultant.net)の「非首狩族的な」日々。


by Mikio_Motegi

<   2009年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

飲食店のBGMについて

店の雰囲気と全くミスマッチなBGMを流している飲食店は多い。
最近の傾向なのか、フュージョン料理の店でなく鮨屋や居酒屋等の
和風料理屋でBGMにジャズやクラシックがかかっている。
これは何故だろう?

c0094556_1244338.jpg


2002年4月からJASRAC(日本音楽著作権協会)により著作権の
管理が厳しくなり、届出をせずにそれぞれが勝手なBGMを店内で
流せなくなったという理由も一因だ。
つまり飲食店やホテルなどで、有線放送会社が有償で提供する
パッケージ以外の楽曲を、事実上利用できなくなった。
だが有線放送のコンテンツは多種多様で、それそれの店に合う
パッケージを見つけることは容易だ。

そもそも飲食店におけるBGMなんて、不必要だと思う。
フレンチ・レストランでのカップルの囁き、いたわりあう老夫婦の会話、
10年間同じ時刻にやって来て同じ席に着く常連と古参ウェイターとの
会話、家族の団欒、グラスやカトラリーの触れ合う音、フランベする
時のブランデーの燃える音と小さな歓声。
或いは鮨屋でのカウンター越しの板前さんとお客の掛け合い、
不倫カップルの中年男の薀蓄(うんちく)とお相手の水商売風の女
の合いの手、暖簾の向こうの穴子を炭火で炙る音。

それらの物音が渾然一体となって店の雰囲気を構成する重要な
ファクターとなる筈で、ここでは無粋なBGMなどが入る余地は無い。

まあ、そこまでを期待しなくても、やはり店の雰囲気に合う選曲は必要
ではないだろうか。

私が最近店内に入るなりずっこけたのは、和歌山の海鮮居酒屋での
「ラウンド・ミッドナイト」、京都・下鴨の住宅街にひっそりと佇む鮨屋での
モーツァルト・クラリネット協奏曲、そして京都郊外の朽木(くつき)に
ある川魚と蕎麦会席店でチェット・ベイカーを聞かされた時である。

朽木の蕎麦会席店など、以前は民芸調のシンプルなつくりだったのに、
経営者が変わったのか白木のインテリアに間接照明が施され、
オープンエア席が廃止され全席禁煙になった。
おかげで直ぐ傍を流れる安曇川のせせらぎや、林を渡る風の声が
全く聞こえなくなった。
それに加えてのチェット・ベイカーのけだるいボーカルである。
メニューも一品料理が無くなり全部会席のコースに。
当然料金も跳ね上がっている。

これらの店長に「なぜこの店でジャズを流すの?」と聞いてみると、
彼らは一応に「有線放送でして、勝手に曲が流れてくるのです」と答える。
そこには店へのこだわり、愛着がまったく感じられない。
BGMも店の雰囲気を構築する重要なファクターの一つだという認識が
店主にあったら、上記のような安易な選曲はあり得ない筈。
もっと言うと、そこで働く店員たちはどう感じるのだろう?
甘ったるいボーカルやストリングスを一日中聞かされて、つい一杯
やりたくなってしまい、彼らが家路に着く際に飲酒運転で捕まりやしない
だろうかと余計な心配をしたくなってしまう。

c0094556_18432096.jpg


1996年、ジャカルタのシャングリ・ラに「なだ万」がオープンする際、
マネージャーの鈴木さんは何処の日本料理屋でも流れている琴や
三味線主体の和風BGMを一切排除し、ご自分の趣味でもあるS.E.N.S、
姫神等の現代音楽、イ・ムジチ合奏団、琴で演奏するバッハ等の
CDを持ち込んだ。
もちろんお客の会話の邪魔にならない様にボリュームも徹底的に調整した
ことは言うまでも無い。

「なだ万」がターゲットにしたのはジャカルタの日本人ビジネスマンや
駐在員家族だけでなく、地元インドネシアの華僑達だ。
彼らは東京や京都の一流料亭の味と雰囲気を知りぬいている。
安っぽい演歌や三味線のBGMなど聞かせようものなら、たちまち悪評が
彼らのネットワークに広がってしまう。
もちろん鈴木さんの選曲が華僑達に好評だったことは言うまでも無い。

c0094556_1159367.jpg


飲食店ではないが、毎年クリスマス時期のホテルのロビーで流れる
クリスマス・ソングも、働いている方はいい迷惑である。
私がフロントの夜勤担当だった4年間、この時期は一晩中クリスマス・ソング
がロビーに鳴り響いていて、耳にこびりついてしまったものだ。

おかげで今でも私はクリスマス・ソングが嫌いである。
「赤鼻のトナカイ」が街中に流れると、その日の売上げと仕訳けが合わずに
脂汗を流す自分を思い出してしまうので、財布のヒモも固くなるのだという
言い訳は家族には通用しないが。
[PR]
by Mikio_Motegi | 2009-06-28 18:47 | 人材・ホテル
サッカーでCF(センターフォワード)の役割は、言わずと知れた点を
取ることである。
どんなに守備に貢献しようと、素晴らしいアシストを決めても、点を
取らなければCFは評価はされない。
ところが現代サッカーでセットプレーという得点の確立が飛躍的に
高まるにチャンスおいて、CFにコーナーキックを蹴らせるチームがある。
岡田武史監督率いる日本代表チームだ。

c0094556_22562438.jpg


6月17日に行われた2010年ワールドカップアジア予選最終戦、
対オーストラリア。
2006年のワールドカップドイツ大会の本大会1次リーグで、1-0で
勝っていた試合を終了間際の5分間に3点叩き込まれ逆転負けを喫し、
日本全国のサッカーファンを絶望のどん底に落としてくれた相手。
リベンジを賭けたこの試合、岡田監督自身が「勝ちに行く」と明言していた
筈だ。

コーナーを蹴るのは背番号11を付けた名古屋グランパスの玉田。
その試合に出ていた唯一のレフティということからだろう、相手陣内右サイド
のコーナーから、相手ゴールに向かって巻き込んでいくようなキックを蹴る
役目を負わされていた。

この試合でワントップの位置を担った玉田には、つまりCFでありながら
コーナーキックからのボールを強烈なヘディングで相手ゴールにぶち込む
ことも、こぼれ玉を拾ってネットを揺るがすことも期待されていなかったのだ。

点を取ることを期待していない選手をCFに据える。岡田監督のこの戦術は、
完全に間違っている。

守備に関しても、今回は中澤、トゥーリオの二人しか屈強のセンターバック
を帯同しなかった。
不運にも中澤が風邪で戦線を離脱したチームに、彼の代わりはいない。

中澤の代理を務めたレッズの阿部勇気は、私は好きな選手である。
だが彼はやや気が弱く、ボール際の強さも無い。
彼がJリーグでやはりセンターバックを務め、相手センターフォワードに
ゴール前で弾き飛ばされているシーンを時々見る。
彼は元々ボランチ・プレイヤーなのだ。
案の定、失点した2点とも阿部のミスだった。マークしていたエース、
ケーヒルにスピードでも高さでも完全に負けていた。

c0094556_2305447.jpg


1998年のフランス大会からアジアの出場枠が増え、以前より本大会
出場のチャンスが格段に増えた。
日本ほどの大国で、他のアジア諸国と歴然としたサポートの違いがあれば
本大会出場はある意味当然、という雰囲気がある。
だから岡田監督が言うように、予選突破は「通過点」でしかない筈。
その意味で、予選突破を決めた後の宿敵とのこの一戦の意味は大きかった。

岡田監督は試合後のインタビューで「オーストラリアの高さにやられた」
と臆面も無く答えている。
「高さ」に劣るのなら、高さで負けない選手を出せばいいだけのことなのだ。
高い相手と戦うことがわかっていて、結局相手の「高さ」にやられたと
と言い訳をしている限り、このチームに未来は無い。

交代選手の起用も、オーストラリアが枠一杯の3人を代えたのに対し、
日本は2人しか代えていない。これもとても負けているチームとは
思えない。
しかも2人目の交代は、相手に逆転されてから8分も経過し、残り時間が
5分しかないタイミングで、である。

c0094556_22571693.jpg


メディアも、いい加減「今大会のワールドカップでベスト4を目指す」など
という岡田監督の妄言を無視して欲しい。
海外で日本のメディアのレポーターが、「日本はベスト4に入れると思うか」
と外国人監督に堂々と聞いているシーンなどを見ると、私は穴があったら
入りたくなってしまう。

身内でしか通用しないジョークだということに早く気がつくべきだし、
そもそも監督の希望的観測を、何の検証・批判もせずそのまま視聴者に
伝えること自体、メディアの姿勢としておかしい。
なんだか戦争中の「大本営発表」を、そのまま国民に伝え洗脳して
してしまったメディアみたいだ、とは言いすぎだろうか?



写真下は、私がよくサッカーを観戦する「Hub 河原町京劇店」
わずか4-5年前のアジア大会の決勝でも、この店はサッカー観戦客で
満席になることはなかった。
それが最近は試合開始の30分以上前に入店しないと、席が確保できない。
[PR]
by Mikio_Motegi | 2009-06-21 15:15 | サッカー、スポーツ

桐生の棟方志功

版画家の故棟方志功(むなかた しこう)といえば20世紀の日本美術界
を代表する大芸術家だ。
独特の作風と、「わだばゴッホになる」と言い切るほど苛烈な人生、
そして幼少時代に事故で殆ど失った視力を補う為、顔を殆ど版木に
くっつけるようにして作品に取り組む姿は幾度かドキュメンタリーで
放映され、また渥美清、片岡鶴太郎、劇団ひとり等主演でテレビドラマ化
されているのでご存知の方も多いだろう。

c0094556_22444516.jpg


その棟方の壁絵を見る機会に恵まれた。場所は私の郷里である群馬県
桐生市の「芭蕉(ばしょう)」という西洋料理店。
1953年に縁あって桐生に投宿していた当時全盛期の棟方は、
芭蕉の主人であり且つ芸術愛好家としても地元で有名だった
小池魚心(こいけ ぎょしん)氏と意気投合。
当時「馬小屋」という愛称もあった芭蕉に、馬をモチーフにした壁画を
描いて見せた。
作品は幅3メートル、縦2メートル近くの大きなもの。が、作品の出来に
不満だった魚心氏は、完成翌日になんとこの絵ごと壁全体を漆喰
(しっくい)で塗り固め覆ってしまう。

私はこのエピソードは、魚心氏と遠縁にあたり且つ交遊のあった私の
亡父から聞かされて知っていた。
ところがこの幻の作品が、魚心氏の子息である現店主の英断で漆喰を
剥がし、50年ぶりに現代に蘇ったのである。

c0094556_22342449.jpg

c0094556_22353389.jpg


芭蕉のある「糸屋通り」は、当時隆盛を誇った桐生の織物産業の
栄華を偲ばせる。
また芭蕉の佇まいは昔から独特で、店内は今も変わらず超レトロ
な民芸調。両親に連れられ子供の頃は何度も通った私としては、多分
30年ぶり
の再訪であった。

c0094556_22371494.jpg


作品の私の評価は・・・良くわかんね(桐生弁)。
店内が暗いのと、ビールを飲んで酔っ払っていたので。
でもこうして撮った写真を改めて眺めると、なんだかシャガールの絵
みたいでもある。
棟方らしくなく、芭蕉の民芸調な雰囲気にも合わない作品の
完成を目の当たりにした際の魚心さんの心象たるや、いかばかり
だっただろう。

写真は上から棟方の代表作の一つ「門世の柵」。「はてなキーワード」より。
中2枚が「芭蕉」。
下が今回蘇った作品。
[PR]
by Mikio_Motegi | 2009-06-14 22:44 | 京都・紀行