ホテル、レストランなどホスピタリティ・インダストリに特化したヘッドハンター茂木幹夫(もてぎ みきお/ www.kyotoconsultant.net)の「非首狩族的な」日々。


by Mikio_Motegi

<   2009年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

おひとりさま 

「おひとりさま」というタイトルのテレビドラマの放映がはじまった。
もとよりその時間にテレビドラマを見ている時間も余裕も無い私だが、
「おひとりさま」という言葉にはある思い出、感慨のようなものがある。

c0094556_2273561.jpg


ところで「おひとりさま」という表現が実は登録商標で、承諾なしに勝手に
その言葉を使うことを禁じられていることをご存知だろうか?
「おひとりさま向上委員会」 http://ohitorisama.net がこの
コピーライトを所有している。

「おひとりさま」とはジャーナリストで作家の故岩下久美子さんが考案
したもの。
彼女の唱えた「おひとりさま」の理念を簡単に表せば、
「ひとりでも生活をエンジョイできる大人の女性」ということだろうか。

別に独身である必要はなく、既婚者でももちろんかまわない。要するに
群れず、妥協せず、やせ我慢せずに生活をエンジョイできる女性に
なりましょう、というのが故岩下女史の唱えたかった理念なのだ。

そして岩下さんが起こした具体的なアクションは、女性がひとりで訪れても
奇異な目で見ないレストラン、ホテル、旅館を一軒でも多く増やす啓蒙運動
だった。
特にその頃の温泉旅館など、女性がひとりで訪れようものなら、それこそ
地元の男を逆ナンパに来たかそれとも自殺願望者としか見られなかった
時代だ。

岩下さんや彼女の仲間達は粘り強くホテルや旅館、旅行代理店と交渉を
続けた。
その結果「おひとりさま」がマーケットとして潜在需要があることを認識した
それらの施設は、「おひとりさま宿泊プラン」を企画造成し、特別な
アメニティを用意したりして、徐々に認知するようになってきたのである。

ちなみに岩下さんは2001年9月1日に旅行先のプーケットで事故死を
遂げているが、私はその4日前に、東京で彼女を囲んで会食をしている。
その時は私はシンガポール在住しており、日本にはセールスコールで
一時帰国していた。
集まったメンバーは高名なホテル・メディアの編集長、外資系の
ホテルコンサルタント、独立系ホテルコンサルタント、会員制高級ホテルの
総支配人とそのアシスタント、そして岩下さんという刺激に満ちた面々。
当時で赤道直下の国々のホテルに6年も勤務していた私が、相当場違いな
存在だったのは間違いない。

だが私の真正面に座った岩下さんは、そんな「浦島太郎」の私にも
「おひとりさま」の地位向上の取り組みについて情熱的に語ってくれた
ものである。

c0094556_22195485.jpg


先日久しぶりに新宿のパークハイアットにある「ニューヨーク・グリル」を訪れた。
日本で最も予約の取りにくい最先端のレストランのひとつだが、そこでの
ランチタイムにひとりで食事を楽しんでいる女性客を数名みかけた。
彼女達は別に肩肘張るでなく、サーブされる間も虚空をみつめたり景色や
周囲を眺めたりして、違和感無く溶け込んでいる。
スタッフに聞くと、ここではランチだけでなくディナーでも女性の一人客は
多いようだ。

・・・もちろん会社人間が群れたり妥協したりして徒党を組み、昼食時はほぼ同じ
メンバーで連れ立って食事に出かけるのは、或る意味重要な政治的行為で、
共同体の一員である事を確かめる儀式でもある。

だがパークハイアットの光景と「おひとりさま」のテレビ放映があいまって、
故岩下女史が唱えた理念がようやく根付いてきた事を私は素直に喜びたい。
また現在の「おひとりさま向上委員会」が、彼女の理念、意思を引き継いで
確実立派に活動を続けていることを祝福するものである。

岩下女史の足跡、顔写真は上記「おひとりさま向上委員会」のホームページに
詳しく載っているので是非ご覧頂きたい。

そこでもわかるように、彼女はジャーナリストとして有能だっただけでなく、女性
としても実に魅力的だった。
上記の会食の僅か4日後に岩下さんはプーケットで事故死したわけだが、
事件の一報を新聞の夕刊で知った出席者の某氏の、その時の悲嘆の
くれようといったらなかった事実が、彼女の魅力の一端を示している。
・・・何があったかは知らないが。
[PR]
by Mikio_Motegi | 2009-10-25 22:20 | ブレイク
「ミシェランガイド 京都・大阪2010」が刊行された。
今年4月の「週刊文春」で、「ミシュランガイド京都・大阪』独占スクープ!
京都老舗料亭『掲載拒否』の真相』 というコラムがあり、反響を呼んだことを
ご記憶の方も多いだろう。

c0094556_1949344.jpg


曰く、京都の誇り高き老舗料亭の主人はミシェランガイドに掲載されることを
潔(いさぎよ)しとせず取材を拒否したとか、数百年の歴史を誇る京料理を、
文化・風土の違うヨーロッパのガイドブックに何がわかる、とかいったもの。

これらの騒動に乗ってあーだこーだと騒ぎ立てること自体、日本のメディア
や評論家がいかに簡単見事にミシェランのプロモーション戦略にはまっている
かを如実に表しているのだが。

私はミシェランガイドを評価している。
まず第一に、ミシェランガイドは複数の覆面調査員による同一メソッド
による調査がなされ、その結果膨大な資料が共有化されている。
次に彼らの独立性、つまり掲載料・スポンサー収入を求めない姿勢。
最後に毎年評価を更新する制度。
これらの「公平さ」がガイドブックとしての安心感を揺るぎ無いものに
していると思う。

それに対し、多くの日本のレストランガイドはそれを書いた個人の好み、
思い入れが色濃く反映しすぎて、ガイドブックの体をなしていない。
また素人の意見を取り入れすぎていて、最大公約数的な評価しかしていない。
つまり呼んでいて面白くない。
大ベストセラー「恨みしぇらん」(西原理恵子、神足裕二著 朝日新聞社刊)
のような徹底的な偏見、自己満足本であれば読み物として大いに楽しめるが。

故開高健がサントリーのPR誌「洋酒天国」の編集に携わっていた頃、
味覚に関係する随筆を4年間で計240名の各界の知名人から集めたことが
あった。
が、「一人として酒や料理についてブリア・サバランの形而上学をめざす人が
いず、ただただ私小説風身辺雑記に終始している・・・」
「すべて日本人の書いた味覚に関する文章は実体感覚につきて抽象を
やらない・・・」
「精緻な文章はしょっちゅう出会わすが、ついにそれは感覚の報告の域を
出ない。真のエピキュリアンがいない」と述べている。
(「ピカソはほんまに天才か」 中公文庫刊)

ところでミシェランガイドによると、彼らの掲げるミシェランを出版する
目的として「より良いモビリティへのミシェランのコミットメントの一環として、
旅行や休暇、外食が喜びとなるように可能な限り尽力します」とある。

観光産業を日本のGDPの大きなドライバー(推進力)の一つに育てるという
「YOKOSO!JAPAN」の理念にも合致するではないか。

c0094556_19511458.jpg


さて上述の「京都の老舗料亭が掲載を拒否」とあるのは、どうもメディアの捏造
あるいは「やらせ」だというのが真相のようだ。
(日経トレンディメディア 2009.6.08)

もし本当にミシェランやそれに準ずるガイドブックの取材・掲載を拒否するような
店があるとしたら、いずれは滅びる運命にあるだろう。
日本人の人口が減少するという迫り来る少子化の波は、国際化に対応
できないこんな店など造作も無く呑み込んでしまう。

京都以上の美食の都であるパリ、ニューヨーク、香港を見れば分かる。
外国人客を差別せず、彼らの消費に期待しないことには日本の外食産業の
未来は無い、と考えたほうがいい。

写真は上が「ミシェラン京都・大阪2010」プレスリリースより(日経ネット)

下は、近々家内と出かける予定の「上賀茂秋山」。今回一つ星を獲得した。
私のマラソン練習コース上にあり、その佇まいとそこを訪れた知人達の評判
から、「きっと星を取る」と当たりつけて、1ヶ月以上前に予約を入れたもの。

・・・つまり9月上旬の時点で、1ヶ月半先の予約しか取れなかったのだ。
ミシェランで星を取ると予約が殺到して常連客が行けなくなる、という声も
挙がるが、星が無くとも予約が取れない店などいくらでもある。
[PR]
by Mikio_Motegi | 2009-10-18 20:00 | 京都・紀行

中川昭一と宋文州

中川昭一前衆議院議員の突然の訃報に接し、昨年読んだ
「どうした、日本-中川昭一と宋文州の不愉快な対話」を再読してみた。
(ダイヤモンド社刊 2008年4月第1刷 1429円)

c0094556_16555883.jpg


宋文州氏は1963年中国生まれ。大学卒業後日本に国費留学、北海道大学
大学院卒業するも、天安門事件で帰国を断念。
その後PCソフト販売のソフトブレーン(株)を創業。
現在は経済界の若手論客・外国人経営者として執筆や講演にひっぱりだこの
人物。

同書はこの宋氏と交流のあった中川氏が、日本の抱える様々な問題について
語り合ったもの。「格差」、「外資への偏見」、「少子化」、「教育」、「日米関係と
日中関係」など話題は多岐にわたる。

印象に残った言葉をいくつかピックアップしてみる:

*****

「差の無い世界は自然界に存在しない。逆に言うと差の無い世界は
死後の世界」

「田園生活を満喫している人たちの年収が都市生活者より低いからといって、
人間としての価値が低いわけではない。その違いは『格差』で括るべきでは
なく、『選択』としてとらえるべき」

「日本で言うところの格差は、中国で言う『所得差』のこと。それを明確に」

「その国の国民が物事を前向きに捉えているか、後ろ向きに捉えているかが、
経済の実態より重要の筈。日本に外国資本が参入しづらい理由の一つは、
国民の後ろ向きの姿勢にある」

「これまでは考えられなかった抜本的な改革を2-3断行するだけで、
人々の気持ちが変わる」

「僕は今、『死』について意識しはじめています」   

「少子化を恐れるな。70才までは老人ではないと設定し、企業の雇用制度を
改革し年功序列意識も変える。部下に先輩がいたり、上司に女性が
いたりすることに抵抗感を持たない。女性の社会進出をもっと促進する
環境整備をすべき」

*****

私はこの本が出版される直前の2008年1月に、帝国ホテルで催された
ACCJ(在日米国商工会議所)の新年パーティーで中川氏にお目に
かかっている。

氏は早々とワイングラスを傾けて、他の出席者の挨拶を受けながらも
名刺交換をするわけでもなく、静かに飄々と人々の間をかき分けていた。
確か議員バッジも外していたと思う。

「代議士」というととにかく目だちたがり、お山の大将的な人ばかりだという
印象があるが、彼の佇まいは明らかにこうした他の代議士達と違っていた。

c0094556_16525487.jpg


この本で宋氏が「中川さんはどんな相手であっても話を聞く姿勢がとても
真摯です。
しかも人の話を聞いて心から納得すると、本当に意見が変わることがある」
と指摘している。
また上記にも挙げたが「僕は今、『死』について意識しはじめています」 と、
およそ政治家らしくないことを平気で言う。

保守派の論客・経済通として馴らし、非業の死を遂げた亡父中川一郎の意思を
継いで次期総理大臣を目指すと期待されていた人だった。
周囲の期待に押しつぶされての死でなければよいのだが。

写真下は故中川一郎。久恒啓一氏のブログより拝借。
[PR]
by Mikio_Motegi | 2009-10-10 16:59 | ブレイク
「働く女性の環境改善」をテーマにした、ACCJ(在日米国商工会議所)関西
支部主催のチャリティ「ウォーカソン」が、今年は「チャリティウォーク&
フェスティバル」と名称を変えて昨日開催された。
場所は大阪の中之島公園。

c0094556_11582364.jpg


今年の私は昨年、一昨年と大違いで事前の企画会議に全く参画せず、当日の
本番のみのお手伝い。
お陰で会場の雰囲気を3年目にして初めて味わうことができた。
今まで忙しくて食べられなかった"Howdy"のビーフステーキ・バーガーも
しっかりゲットしたし、ラマダホテル大阪の「竹炭シュークリーム」も最高。
ちょこっと働いた後のビールは美味いし・・・。

c0094556_11585886.jpg


オフィシャル発表が無いので私がここで収益金額等の詳細を開示する
ことは控えるが、当日は2000名以上の来場があり、イベントとしては
まずは成功だったようだ。

「チャリティ」として税務署に認可されるには、かかったコストと同額以上を
寄付しなくてはならない、というきつい法令がある。
例えば総額500万円コストがかかったイベントであれば、501万円以上を
寄付しないと、所得税が請求されてとんでもないことになる。
つまり収益金総額が1001万円を越えることが絶対条件。

だが収益を当日の入場券収入やフードの売上げで賄うことは、我々シロウト
にとって事実上不可能。
よって殆どの部分を事前のスポンサーからの寄付に頼る事になる。

c0094556_11592910.jpg


ところで私が今回企画の中心から外れ、いわば門外漢になって初めて
考えた事がある。
このイベントの「働く女性の環境改善」というテーマにどれだけ普遍性・
持続性があるのだろうか、という疑問を抱くようになった事だ。

これが非常に重要なテーマであることは認める。
だが「男社会」を突き崩す環境を盛り上げようとするテーマに対し、男で
ある私がそんなに肩入れする事に根源的な矛盾を感じてしまうのだ。

ある人から、「茂木さんは去年のイベントに入れ込みすぎてBurn Outした
から・・・」云々を言われた事があるが、上記が私が今年の企画段階で
参画しなかった理由のひとつでもある・・・他にもたくさんあるけどね・・・。

男と女は本来違うもの。だから男と女が同等を目指すのではなく、お互いの
違いを認め特徴を活かせる社会を目指す、というほうが広く賛同を得やすい
のではないだろうか。
働く女性の誰も彼もが「勝間和代」になれるわけではないし、勝間さん自身も
男女は違ってあたりまえ、とを公言しているのだから。

具体的には「働く女性の環境改善」というテーマを毎年追求し続けながら、
それに加えてよりタイムリーなテーマを毎年設定しフォーカスした方が
お客も呼びやすく、スポンサー収入も得やすいのでは、と考える。
例えば「インフルエンザ・ワクチンの普及率アップ」
「交通事故被害者家族支援」「激甚災害の被災者支援」等々。

とにかく当日は晴れて良かった。
実行委員、ボランティア、関係各位、本当にお疲れ様でした!

c0094556_1216096.jpg


写真は上から賑わう会場風景。

上から2番目:壇上に勢ぞろいした来賓、ACCJ役員。
向かって一番左がJohn Roos 駐日アメリカ大使。大使として初めてこの
イベントに参加してくれた。
オバマ大統領の盟友としても有名だが、フレンドリーな人柄も垣間見えた。
ご子息とSFからご両親も呼んでの参加。
スピーチもユーモラスで「オバマ大統領も本日来たがっていたのだが、
あいにく私よりちょっとだけ忙しくて・・・」と満場の爆笑を買っていた。

右から5番目が "Billy the boot camp"のBilly 隊長ご本人。

上から3番目:オープン前の会場セッティング。イベント企画会社の「アート
・ファーマー」社はこのイベントに昨年より参加してくれている。

下。オープン前の「フィニッシャーズ・バッグ」作業風景。毎年USJの皆さんが
ボランティアで参加してくれているが、今年も統制の取れた仕事振りを
見せつけてくれた。
[PR]
by Mikio_Motegi | 2009-10-04 19:32 | ブレイク