ホテル、レストランなどホスピタリティ・インダストリに特化したヘッドハンター茂木幹夫(もてぎ みきお/ www.kyotoconsultant.net)の「非首狩族的な」日々。


by Mikio_Motegi

<   2009年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧

ジョン・レノンが凶弾に倒れた1980年12月9日からはや30年ちかく。
月日の経つのは早いものだ。
ジョンの人気は世界中で今も衰えず、むしろ神格化した感がある。
TBSテレビの「キンスマ」という番組で2時間に渡り紹介されたジョンと
ヨーコ・オノとのエピソードなど、「愛と平和の使者」として礼賛していた。

c0094556_22181061.jpg


ジョンの本質は骨太のロックン・ローラーだ。
彼の作品には正統派ロックの"Whatever Get You Thru the
Night(夜をぶっとばせ)",
オリジナル以上の評価を得ている"Stand by Me"
麻薬でラリッた状態を謳いあげた"Lucy in the Sky with Diamond
(LSD)"、
プログレッシブなロックの"Come Together"や"Mother"、
ロンドン、サヴィル・ロウのアップル・レコード本社屋上で突然行われた
いわゆる"Roof Top Concert"で強烈なシャウトを聞かせた
"Don't Let Me Down","One After 909"等がある。

c0094556_22185622.jpg


これらの曲にはジョンの生い立ちや、くぐり抜けて来た環境が色濃く
投影されている。
イギリスの港町リバプールの貧しい労働者階級に生まれ、戦後の混乱と
復興の中、恵まれているとは言えない家族環境で育ち、成長して
アメリカの黒人音楽であるブルースの洗礼を受ける、という人格形成
課程がある。

そうしたジョンの曲作りや行動の原点は「反抗、戦い、成り上がり」だ。
彼は長髪をなびかせ、麻薬常習を否定せず、サイケデリックなファッション
に身を包み過激な発言を繰り返す。

「ビートルズはキリストより有名だ」
" We're more popular than Jesus now"
「30才以上を信用するな」"Don't trust over thirty"
等の過激なセリフを吐き、それまでの既成概念を打ち破る1960年代の
ムーブメントを具現化した、危険でかっこいいトップランナーだった。
人々はそんなジョンに憧れ、熱狂したのである。

c0094556_2219308.jpg


そんなジョンが死後、人々の記憶から薄れるどころか神格化され、
あのTBSの番組のように「愛と平和の使者」として扱われる事に、私は
強烈な違和感を憶える。
「昔はワルだったが、後に立派になって愛と平和を訴えた」という
ステレオタイプな人格像にジョンを当てはめる事に、何の意味が
あるのだろう?

それはジョンの人格を矮小し、冒涜する行為であると共に、我々視聴者の
他人を理解する能力形成に悪影響を与えると言えないだろうか?

人間はそんなに善なる存在ではない。事実ジョンとヨーコが愛と平和
をいくら唱えても、結局人々は戦争を止めやしないではないか。

もちろん人には多面性があるし、晩年のジョンはヨーコから多大な影響を
受け、風貌も哲学的になり内向性を深めていった。
遺作となった「ダブル・ファンタジー」など、かなりポップな味わいで
かつての骨太のロックのイメージは無い。それも彼の一面ではある。

c0094556_10585984.jpg


・・・ヨーコは結局ロックの本質を理解していないのだと思う。
上流階級育ちのヨーコに、労働者階級のプロテスタント・ソングである
ロックの魅力を理解しろといっても、所詮無理な話なのだろう。
それは致し方ないことだ。

とにかくせっかく楽しみにしていたジョンとヨーコのエピソードが、番組では
下らない三流「お涙頂戴」番組に貶められてしまい、残念だ。
「愛と平和の使者」に祭り上げられたジョンも、きっとあの世で
苦笑いしているだろう。

写真は全てイメージ。
一番下の写真、向かって右端はキース・リチャーズ。
[PR]
by Mikio_Motegi | 2009-12-27 11:01 | ブレイク

ショートパスタ礼賛

ここ1年以上、レストランでパスタをオーダーする際は必ずショートパスタ
と決めている。サルサ(ソース)は何でも良いが、パスタ(麺)の種類に
こだわっているのだ。

c0094556_23522429.jpg


元々自分でも好んでを料理をするほどショートパスタが好きだったが、
いっそう拍車がかかったのは昨年のニューヨーク旅行。
ミュージカルに行く直前の時間の無い時や、空港でのトランジットで
「早くできるものを」とオーダーすると、決まってパスタが、それも
ファルファッレやペンネ、リガトーニといったショートパスタの料理が
出てきた。
どれも抜群に美味く、おしゃれでそしてびっくりするほどポーションが大きい。
サルサはこれも決まってペスカトーレ。東海岸ならではの新鮮な魚介類
とあいまって、まさに目から鱗が落ちる体験だった。

あれから京都や大阪、東京のあちこちでショートパスタを試しているが、
未だにあの時の水準を越える皿に出会ったためしがない。

だいたい日本ではショートパスタはマイナーな存在で、それ自体用意
していない店が殆どだ。
何人かのレストランオーナーやシェフに聞いてみたが、その理由として
異口同音に「日本人はロングパスタ(いわゆるスパゲッティ)でないと
満足しない。食べた気がしないから」という。
確かに麺類好きの私の家内も同じ事を言っている。

だからといって、ショートパスタの様々に工夫された意匠、可憐な色彩、
食感を軽視していい筈がない。
実用的な面として、数人で皿をシェアする際のショートパスタの取り分け
の容易さは、どんなロングパスタも及ばない。

c0094556_23533441.jpg


ショートパスタがあってもレストランの融通の無さにがっかりすることもある。
都内某5スターホテルのコーヒーショップで、ランチタイムにロングパスタ
料理数種類とペンネのアラビアータ(何という凡庸な!)というメニューが
あった。

店内はやや込んでいたが、ピーク時を外して来店したので大丈夫だろう
と思い、ロングパスタメニューのサルサ(確かボロネーゼ)に、パスタを
ペンネに替えて、とウエイトレスにオーダーした所、彼女は上司や厨房に
可否を尋ねるまでも無く「ランチタイムで忙しいのでできません」と
いけしゃあしゃあと答えやがった。
理由を質そうとマネージャーを呼ぶと、何故か厨房からシェフが
出て来て平謝りに謝っていたが。

まさにホスピタリティ以前の問題だが、まだこんな対応をしても生き残って
いられるホテルがあるのかと思うと、逆に感心してしまう。

c0094556_23543381.jpg


シンガポールに住んでいた際、頻繁に通った"Sketches"という
パスタ&ワイン・バーは、6種類のイラスト説明付きのパスタと、
10種類ほどのサルサの中から自由に選び組み合わせ、ポーション、
トッピング、茹で加減の好みをオーダーシートに自分で記入して手渡す、
というお洒落なシステムの店だ。
"Desigh a Pasta" というフレーズで当時は大人気だった。

c0094556_23551162.jpg


そこのオーナーに依頼され、日本人にも分かりやすいようにシートを
和訳し、オーダー方法の日本語マニュアルを作ったのは私の家内だ。
実はここは私のシンガポール生活において忘れられない重要な役割を
果たす店なのだが、その詳細は別の機会に。

c0094556_936116.jpg


・・・今日はクリスマス・イブ。夕食には好物の「ファルファッレの
トマトグラタン」をリクエストしているが、さてかなえられるだろうか。

写真は1-3枚がショートパスタのイメージ。
4枚目がシンガポールのRobertson WalkにあるSketches
のオーダーシート。
5枚目がSketchesの外観。
ゴッホの「夜のカフェ・テラス」のような、黄色、黒、白を貴重にした
インテリアの店だ。
この他にインターコンチ横のBugis Junctionにもお店があった。
[PR]
by Mikio_Motegi | 2009-12-23 23:55 | ブレイク
ウグイス色の身体に、目の周りが白く縁取りされているメジロは、日本では
古くから人々に愛されている野鳥だ。
そのメジロが、プリンスやニューオータニのような大型ホテルの庭園なら
いざ知らず、JR水道橋駅から徒歩5分のオフィス街の真ん中のホテルの
庭でお目にかかれるとは予想もしていなかった。

c0094556_11354218.jpg


「庭のホテル」はかつての「水道橋グリーンホテル」の跡地に今年5月に
オープンしたばかり。
ところが今年度の「ミシェラン・ガイド」でいきなり2パビリオンを獲得する
という快挙を成し遂げた、新進気鋭のスタイリッシュなホテルである。

15階建て、238室。日本料理、グリル&バーの2ヵ所のレストラン、
ミーティングスペースが二つ。大宴会場は無い。
新聞は日経を無料サービスしてくれる。部屋には無料のミネラル・ウォーター
が1本用意されている。

このホテルのコンセプトは文字通り心が和む「庭」と「和」のイメージ。

c0094556_11362316.jpg


日本庭園の「延べ段」を模したエントランス周辺、豪華な和風旅館の趣の
あるロビー、各フロアのエレベーターホールや廊下まで、館内のそこかしこに
「和」の意匠が配置されている。

c0094556_20311837.jpg


私の泊まったのは25㎡のスーペリア・ダブル。

「木の匂い」を嗅ぐと、どうしてこんなに心が落ち着くのだろう?
昔の記憶が呼び覚まされるのか、昼間のビジネスで疲れた頭には心地よい。
木の匂いだけでなく、リネン類やベッドの質も高く、もちろん遮音・遮光は
完璧。
ビジネス・パーソンの「熟睡」「リラックス」に重きを置いたアメニティと設備が
心地よい。とにかく熟睡できるホテルだ。

朝はインナーカーテンの代わりにしつらえられた障子から、柔らかな日光が
差し込む。
窓が数十センチほど空くので、そこから清々しい空気が流れ込むのも嬉しい。

c0094556_1145925.jpg


フロントスタッフの明るい笑顔と挨拶に見送られ、仕事場へ向かう。
「庭のホテル」は単なる癒し、和みだけではなく、朝のスタートを切るのに
最適のホテルだ。

ランチはビュッフェスタイルのサラダコーナーが特筆物。
各種レタスやルッコラ、ほうれん草といった葉野菜や、甘み抜群の
ルビートマト、青トマト、黄トマト等、色彩も豊富だ。
フランスから直輸入するというバゲットのパリパリ感も素晴らしい。

c0094556_11454327.jpg


これだけの立地、施設なのに18㎡のスタンダード・シングルが「楽天トラベル」
では1万円台前半の料金を提示している。
コストパフォーマンスの観点で言うと、都内でもトップクラスのホテルと
断言できるだろう。

私にとって今年最後の出張に、今年最高のホテルに泊まれたのは
素晴らしい兆候だ。
来年こそは良い年になるような気がしてきた。

c0094556_11462489.jpg


写真は上からメジロのイメージ http://cmcnine.web.infoseek
         「庭のホテル」外観 (楽天トラベルより)
         和紙をイメージしたロビーの壁面。
         スーペリア・ルーム (同ホテルHPより)
         フロント周辺
         経営会社である(株)UHM代表取締役社長の木下彩さん。
         ホテルのイメージと同様、スタイリッシュで颯爽とした人だ。
         http://Response.jp より。
[PR]
by Mikio_Motegi | 2009-12-20 20:14 | 人材・ホテル
先のフルマラソンを走った5日後、突然ぎっくり腰になった。
足を痛めながらもムリして走ったのが原因だろう。
2週間が経ち、幸い今は殆ど快癒したが。

私のぎっくり腰経験は、19才の時にサッカーの練習中に突然
襲われて以来、今回で5回目である。
もちろん様々な治療法を試したが、シンガポール在住時に経験した
治療法はたいそうユニークなものだった。

c0094556_22571923.jpg


元々東洋医学に興味があった私が受けたのは「吸い玉」による治療。
病院というか診療所は「カラン」という古い中国人街の一角。
そこでの治療法は患部にガラス玉をあて、バキュームで真空状態に
してうっ血させ、悪い血を吸い上げるというもの。「瀉血(しゃけつ)」
とも呼ぶらしい。

うっ血部分がどす黒ければ黒いほど、そこには悪い血が溜まっていた
証しだという。
これは日本の美容療法にもある「カップリング」というやつだが、
私の経験したのは吸い玉を使う前に鍼(はり)を刺す療法だ。

鍼といってもよく見かける長細い鍼ではなく、「剣山(けんざん)」の
ような大きな針の固まりのようなもの。
それを痛む患部の表面に「えいや!」とばかりザクッ、ザクッと突き立てる。
当然血が吹きだすが、医者によるとその血が患部に滞っていて悪い作用を
起こす。よってその血を吸い玉で抜くのだ、とのこと。

c0094556_225851.jpg


・・・身の毛もよだつような治療だが、実はこれはその前段階の治療に
比べれば楽なものだ。
この治療の前に、患者は下着のみになって医者による猛烈な
マッサージを受ける。患部を情け容赦なくゴリゴリと揉みあげるのだ。
これが物凄く痛い。
お次は患者を背中合わせに立たせ、担ぎ上げて「逆エビ反り」にして、
凝り固まり縮んだ腰を無理やり伸ばす。

・・・もうこうなると激痛以外の何物でもない。診察室は逆エビ反りになった
患者のあげるうめき・叫び声で阿鼻叫喚の状態。
だからその後の剣山刺しと吸い玉治療が、天国のような安らかなものに
感じるのだ。

ちなみにこの診療所は若い男の医師?と、その母親が治療に当たる。
患者は下着だけなるので、女性の患者にはこの母親が施術する。
ここは常に超満員で、治療を待つ患者の列が診療所の外の道路にまで
伸びている程だ。
よって夫婦やカップルで来た患者は、同室で二人同時に治療を受ける
のである。

この若い医者が雲をつくような大男なのだが、母親も多分当時で50代
半ばだったろうが、筋骨逞しい身長180センチ以上はある女性だった。
彼女も女性患者を背中に合わせにし、ひょいと軽々と担ぎ上げてしまう。

私は最初の治療時、友人である某財閥系都市銀行のシンガポール支店
に勤務する駐在員の奥さんに連れて行ってもらい、一緒に治療を
受けたのだが、その彼女も初めての治療経験だった。

私たちは迂闊な事にこんな治療法だなんて知らなかったので、病室に
同席してしまい、お互いが下着のみというあられもない姿で中国人母子
の猛烈な治療を受けるという事態になってしまった。

その奥さんも身長が167センチある、日本人にしては長身の女性だった。
しかし女医者がその彼女をいとも簡単に軽々と担ぐので、私が
"Fantastic!"、"You are the super!"とか褒めそやかすと、
調子に乗って益々高々と担ぎ上げ、さながら
カナディアン・バックブリーカーのような豪快な技を披露してくれたので
ある。

c0094556_23133361.jpg


・・・ここまで書き進んでこんなことを言うのも何だが、実はこの治療法、
私にはさっぱり効かなかった。

もっとも効果は人それぞれで、その奥さんの腰痛には劇的に効いた
らしい。
診察時は物凄い声で叫びまくっていたのだが、その後彼女は
バックブリーカーに快感を得たのか、この治療法に病み付き?になって
しまった。
それだけではない。同じく腰痛の悩みを抱える日本人女性を見つけては、
嬉々としてこの治療院に同道し、駐在員奥様の間で
「バックブリーカー友の会」を結成し、会員を増やす事業に熱中していた。
・・・女の嗜好は謎である。

バックブリーカーはともかく、吸い玉治療はネットで調べると日本でも
やっているようだ。

興味のある人は試してください。「吸い玉、剣山」でGoogle検索
すると、ヒットします。しかし効果と安全は私はわかりません。
またバックブリーカー治療を施してくれるかどうかは、直接医院に
お問い合わせください。

c0094556_2259814.jpg


私のぎっくり腰に最も効果があったのが「気功」だが、これはまた後の機会に。

写真は全てイメージ。
1番目は lilia109.exblog.jp。
2番目は 京都むろまち鍼灸院。
3番目は 「腕ひしぎ逆ブログ」。
4番目は 東京渋谷高橋医院。
[PR]
by Mikio_Motegi | 2009-12-13 12:05 | 東南アジア

完走!福知山マラソン

先週、私にとって3度目のフルマラソンである「福知山マラソン」を走り、
なんとかゴールすることが出来た。
昨年のこの大会では「制限時間オーバー 」で28キロまでしか走れ
なかったから、今回は雪辱を果たしたことになる
(この時の詳細は昨年のブログを参照してください)。

c0094556_858816.jpg


実はスタートから僅か5キロの地点で、1年以上前の古傷である右ひざ
の裏側に軽く痙攣が走った。
確かにその時は少々飛ばしすぎていたので、スピードを落とし
いつものタイムで走ることにして、一応は事なきを得た。

ところが22キロ付近でこれが再発。
継続した痙攣ではないのだが、右ひざ裏に電流が走るような痛みが
断続的に起こる。
次の関門まで後6キロ。昨年の私の挑戦が潰(つい)えた28キロ地点だ。

「ビリッ」と音がするほどの痙攣が襲う。猛烈に痛い。自分の顔が
ここまで苦痛にゆがむのを自覚するのは初めてだ。
でもここで走るのを止めたら、雪辱を期したこの1年間の練習の意味が
無くなる。「なにくそ!」と、踏ん張る。
昨年大幅にタイムロスをした名物「お汁粉コーナー」も今回は素通り。

私が恐れたのは足の痛みそのものより、「絶対に完走する」という信念が、
痛みのせいで萎えてしまう事だった。
もしここで自ら棄権をしてしまったら、気の弱い私は今後の人生まで
自分で幕を引いてしまうような気持ちになるのではないか、と恐れた。
たかがマラソンなのに・・・。

一方で、この状態を乗り越えて完走できたら俺は大した奴だ、という
自画自賛を期する気持ちも頭をもたげる。

「頑張れ、頑張れ」と自分を叱咤激励、だましだまし、なんとか28キロの
関門を通過。
ここで初めて立ち止まり、足をストレッチし痙攣した箇所を揉み解す。

液体サロンパスのエイドステーションがあったが無視した。
湿布薬は、僅かの間だけ感覚を麻痺させ痛みを忘れさせてくれる。
だが痛めた箇所の傷は間違いなくその間も進行していく。
湿布効果が切れ、痛覚の麻痺が戻った時点で次には前より強力な痛みが
確実にやってくる。
そうなったらもう走れない。
肉体が痛んだ時は、痛くならないようなフォームを工夫して、身体を適応
させる管理能力が求められるのだ。

c0094556_859875.jpg


・・・本当に苦行の42.195キロ。
歩かず最後まで走り通した。もっとも最後は歩いた方が早いほどの
「よちより走り」だったが。
タイムは5時間15分。目標の4時間20分より1時間も遅かった。よってあまり
達成感はなし。

最後まで走り通せた理由は、やはり事前の練習量があったからに尽きる。
昨年は大会前の3ヶ月間で260キロ、月平均90キロ弱しか走らなかったのに
比べ、今年は450キロ、月平均150キロを走りこんでいた。
これは体力的な自信だけでなく、「絶対に完走する」という強い信念の形成に
繋がった。

そして相変わらずの素晴らしい由良川沿いの景色。熱心なボランティアと
沿道の間断なく続く「頑張れー」の声援。

「弱っている人に対し『頑張れ』という励ましは禁物。かえって余計な
プレッシャーを与えるだけ」、という意見を言う人が最近多い。
だが私のような単細胞人間には「頑張れ」という応援、気持ちこそが最も
有効だと確信する。
「気楽に」とか「楽しんで」と言われて応援されても、私は42.195キロを
走り通せたとはとても思えない。

思わぬところで「頑張る」事の大切さを痛感することが出来たマラソン
だった。

c0094556_8594947.jpg


・・・何だか今回は「スポ根」もどきの安っぽいエントリーになってしまった。
これは週刊現代の「明日のジョー」の復刻ダイジェスト版の連載が
最終回を迎え、ちょっと興奮しているせいから、かもしれない。
私の髪の毛は真っ白にはならなかったが。

写真は上から40キロ付近のよれよれの私。
フォトサービス・サイトより。www.impress-japan.com

中と下は福知山・三段池公園の会場風景。1万人以上が参加する
西日本最大のマラソンイベントだ。
[PR]
by Mikio_Motegi | 2009-12-06 12:18 | サッカー、スポーツ

紅葉の大徳寺

大徳寺の塔頭(たっちゅう)黄梅院さんの本日の紅葉。
今週末には散ってしまうだろう。

c0094556_2304031.jpg


来年は奈良で平城京遷都1300年祭、再来年は京都で
「大遠忌(だいおんき)」という、浄土宗の開祖法然の没後800年、
浄土真宗の開祖親鸞の没後750年の節目に年間を通して門徒が集う
大イベントがある。
加えて来年はNHK大河ドラマが「坂本竜馬」なので、たくさんの、いや、
物凄い数の観光客で京都は賑わうだろう。

大河ドラマなんて、あんな時代考証の適当なドラマを誰が観るのか、と
思うが、先の源義経のときなど我が家の横まで観光バスがやってきたほど。
義経ゆかりの跡があるものだから。

ホテルデベロッパー、オペレーターの皆さん、京都にホテルを建てるの
なら今でっせー。
[PR]
by Mikio_Motegi | 2009-12-02 23:09 | 京都・紀行