ホテル、レストランなどホスピタリティ・インダストリに特化したヘッドハンター茂木幹夫(もてぎ みきお/ www.kyotoconsultant.net)の「非首狩族的な」日々。


by Mikio_Motegi

<   2010年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

京都国立博物館で開催中の「長谷川等伯」展。
2年前に同じく開催された「狩野永徳」展で予告されていたときから
楽しみにしていた展覧会だ。

長谷川等伯は安土桃山時代の絵師。彼の代表作で、日本の墨絵の最高峰と
言われる国宝「松林図屏風」を是非一度観たいと、私は2年前から
心待ちにしていたのだ。

c0094556_2043327.jpg


狩野永徳展は連日80-90分の行列があたりまえの大盛況だったが、今回も
同等の混み具合だという事前情報をがあった。
列に並ぶという行為が生理的に嫌いな私だが、等伯を観るためなら
少々の行列はガマンしようと誓う。

折しも博物館近くに所要があった日は、朝からの大雨。
これも天の配剤、この天気なら参観客も少ないだろうとほくそ笑み、
地元の利、勝利の確信に満ちて受付へ向かう。
ところがそこには「現在140分待ち」との案内が誇らしそうに掲げ
られていた。140分!?

見ると、篠突く雨の中を善男善女が粛々と列をなし、拝観を待っている。
なんだか飢饉や敗戦後に配給を待つ被災者の姿を連想させられる。
或いは社会党や民主党の「牛歩戦術」も。
今の与党はああいう世にも下劣な国会対策を臆面もなく行える議員連中の
集まりなのだが、それはさておき、私は平日の午前中、雨の中を絵画展に
入るのに2時間以上待つ趣味も余裕もない。
2年越しの恋が一挙にしぼむ思いで、博物館を後にした。
 
京都の公営博物館はどこも狭い。ここに限らず近代美術館もとても狭いが、
これは京都という土地柄、仕方ないのだろう。これが京都府南部の、土地は
広いが交通その他の不便なところに移転されてももっと困ってしまう。

c0094556_20373171.jpg


だいたいどんなに貴重な国宝か何か知らないが、何十年に一度しか公開
しないからこんなに混むのであり、そんな文化庁の態度こそ非難されるべきだ。
貴重なお宝だからこそ常に展示し、日頃から一般市民が触れられるように
するべきなのに。

大徳寺の国宝を虫干しにする年に一度の「曝涼(ばくりょう)」の例を挙げる
までもなく、民間の方がよっぽど進んでいる。

c0094556_20374746.jpg


丁度お昼時なので、この辺りに来たら必ず立ち寄る洋食屋「本町亭」でランチを
取る。ここはメニューから好きなものを2品選べる「ダブル・セット」が有名で、
私のこの日は「ビフカツ」と「貝柱のフライ」。
これにご飯とたっぷりのサラダ、具沢山のみそ汁、漬物が付いて1200円。
いつも通り大満足。

等伯は観られなかったが、これで少しは癒された・・・1200円で癒されるの
だから、安上がりな私である。ちなみにこの値段は等伯展の前売り券と同じ
金額。


写真は上から「松林図屏風」Wikipediaより
中はグラフィック化した「松林図」をバックに、フェラーリのデザイナーで
あった奥山清行氏の作品である日本製スーパーカー"K.O8(ケーオーエイト)"。
日経アソシエ2007年7月7日号より。
下は「本町亭」の外観。この地に開業して30年経つという老舗で、昼時は
いつも店の外に行列ができる程の繁盛店だ。
こちらの行列に並ぶのならガマンできるかも。

尚、上記の「狩野永徳展」については2007年11月18日の、
「大徳寺曝涼(ばくりょう)」については同じく2007年10月14日のブログで
詳しく説明しています。
[PR]
by Mikio_Motegi | 2010-04-29 20:48 | 京都・紀行

「わが家の歴史」

先週末にフジテレビ系列で3夜連続で放映されたドラマ「わが家の歴史」。
柴咲コウ主演、三谷幸喜脚本。視聴率も相当高かったようなので、
ご覧になった方も多いだろう。
実は物語の最終回最後のシーン、主人公の家族が総出で小学校の運動会に
出場するシーンがあったが、あのロケに使用されたのはなんと私の母校
なのである。

c0094556_1103363.jpg


事前の番組宣伝でそのシーンを見た家内が気付き、私に教えてくれたのだが、
そのせいで普段テレビドラマなど観る時間も余裕もない私なのに、3話とも
テレビの前にくぎ付けになってしまった。

内容は柴咲コウ演じる主人公家族の戦後の一代記。非常によく出来た
脚本で、私など第2話の途中までノンフィクションだとばかり思い込んで
しまった程。「三谷ワールド」に縁がない私でも充分楽しめた。
やはりドラマは脚本が命である。

c0094556_1104837.jpg


ところで主演の柴咲コウだが、私は数年前に新幹線のグリーン車で通路を
隔てた隣の席に乗り合わせた事がある。
ワゴンサービスの売り子さんが彼女を見て立ち尽くすほどの凄い美人
だったが、東京から京都に向かう夕刻の新幹線に彼女は独りで座り込み、
ナッツを齧りペットボトルのお茶を飲みながら、2冊の分厚い本とひたすら
格闘していた。

そのうちの1冊は何とかというどうでもいい小説だったが、忘れも
しないもう1冊のタイトルは「パワーかフォースか」。
「力」には、人を強くする「パワー」と、人から命とエネルギーを奪う
「フォース」があることを証明するという、アメリカの精神医学博士
デヴィット・R・フォーキンズの当時大変話題になった300ページを超す
ハードカバーだ。

c0094556_1111954.jpg


新幹線が京都に着き、私の後ろで彼女が携帯電話で電話の相手に小声で
「来ちゃった」と嬉しそうに話していたので、その京都旅行の目的が
プライベートなものである事はわかった。
が、当時から超売れっ子女優ともてはやされていた彼女が、独りぽつねんと
京都に向かう夕刻の新幹線に座り、ナッツを齧りながら精神医学書を読み耽る
姿に妙に感動してしまったものだ。

ちなみに私も慌てて購入した「パワーかフォースか」。
あれから4年もたつのにまだ100ページにも読み進めないでいる。
・・・だって難しいし。

c0094556_1972461.jpg


写真は上から我が母校である桐生市立北小学校。私の実家はこの校舎の
すぐ裏手で、徒歩で2分の距離。昨夏のロケ時には柴咲コウをはじめ、
あの富司純子や今をときめく「嵐」の松本潤が来たのに、私の家族親戚は
誰ひとりその事実を知らない。
桐生市の観光課にはこうしたロケを誘致するプロジェクトがあるらしい。

「わが家の歴史」のホームページより。視聴率20%を超える人気だったそうだ。

「パワーかフォースか」Amazonより

柴咲コウ。
[PR]
by Mikio_Motegi | 2010-04-17 19:08 | ブレイク

やすらい祭り

京都の「三大奇祭」のひとつに挙げられている玄武神社の「やすらい祭り」。
文部大臣より「重要無形民俗文化財」に指定されている由緒あるものだ。
(やすらいさんの詳細は2007年4月のエントリーを参照してください)

今年は雨模様の為、お稚児さん行列は中止。それとどういう関連があるのかは
忘れたが、例年の倍近い、総勢50名近くが家内の実家にしつらえた御旅所に
やって来た。

c0094556_16582641.jpg


c0094556_16584860.jpg


例年雨に祟られた事が殆ど無いお祭りで、昔から「やすらいさん」で雨が
降ったらその年の京都のお祭りは殆ど雨。「やすらいさん」が晴れていたら
逆に殆ど晴れ、と言われていたとの事。
では今年のように曇り空の場合はどうなのだろう?

c0094556_16593338.jpg


c0094556_16591524.jpg


写真の上の2枚は
http://photphousekyoto.cocolog-nifty.com/blog/maturi04.html より

下の2枚は御旅所の風景。ご覧のとおりすごい人数。
実は私の母の実家も、故郷の「桐生祭り」の御旅所になっている。
つくづく揃って御旅所に縁が深い夫婦だ。
[PR]
by Mikio_Motegi | 2010-04-11 21:13 | 京都・紀行
先日の対セルビア代表戦で0-3という惨敗を喫したサッカー日本代表。
このブログでも繰り返し書いているように、選手に責任は無い。
あの程度のパフォーマンスしか出せない選手を選ぶ、またこの時期に
そんなマネジメントしかできな監督が悪い。
もっと言えばそんな監督を使い続ける日本サッカー協会が一番悪い。

c0094556_21395315.jpg


私は将来の日本サッカーの為、今回の代表チームにはゴールキーパーを
除いて26才以上の選手は選ばない事を進言する。

現在のFIFA(国際サッカー連盟)のコンセプトである「サッカー新興国
への浸透」が変わらない限り、2014年大会でもアジア代表枠は減らない。
ということは次回大会も日本代表が本大会のピッチ上に立てる確率は
極めて高い。

であれば、次回大会でこそベスト4はともかく、ベスト8くらいを獲得する
ため、中心となリ得る選手に早く経験を積ませるべきと思う。

ちなみに前回のドイツ大会で召集された25才以下の選手は巻誠一郎と
茂庭照幸だけ。
だがいずれも岡田ジャパンでは起用されておらず、せっかくの大会出場経験
が生かされない結果になっている。


バックス     :槙野智章、吉田麻也、森重真人、内田篤人、長友佑都
ミッドフィールダー:長谷部誠、香川真司、本田圭佑、金崎夢生、乾貴士、
          細貝萌、谷口博之、柏木陽介
フォワード    :森本貴幸、渡邉千真、岡崎慎司、平山相太、原口元気
          セルヒオ・エスクデロ


彼らが私が現段階で期待する25才以下の若手たち。もちろん他にも良い選手
は沢山いるだろうが、勉強不足で把握していない事を許してほしい。

こうしてみると、岡田ジャパンに既に召集されている選手が多い事に
気づく。が実際にプレーした時間は非常に限られている。
要するに岡田監督は、おなじみのベテラン選手ばかりを出場させ、プレー
スタイルを固定化し醸成した。
が、将来の日本代表を担う若手に殆どプレーをさせなかった為、「底上げ」
ができなかった。その為中心を担ってきた中村俊輔、遠藤保仁、中澤佑二、
玉田圭司らのプレーに陰りが見えている今になって、代わりとなるプレイヤー
がいないという事態に陥ってしまった。

c0094556_21401959.jpg


c0094556_21455362.jpg


c0094556_21405127.jpg


私は岡田監督のマネジメントにはとうに匙を投げている。何も期待しない。
とはいうものの、誰が選ばれようと個々の代表選手たちには本番で最高の
プレーを見せて欲しい。
日本時間で深夜に放映される試合でも、私はいつものようにテレビ
画面にかじりついて日本代表を応援するだろう。

オランダ、デンマーク相手では難しいだろうが、初戦のカメルーンには
ゲームの入り方次第では勝てる可能性もある、と私は読んでいる。


選手の写真はいずれも私が期待する若手。

上から吉田麻也 (vvvフェンロ/オランダ)
谷口博之 (川崎フロンターレ)
セルヒオ・エスクデロ (浦和レッズ)

次のブラジル大会で中心を担って欲しいプレーヤーだ。
[PR]
by Mikio_Motegi | 2010-04-09 21:43 | サッカー、スポーツ