ホテル、レストランなどホスピタリティ・インダストリに特化したヘッドハンター茂木幹夫(もてぎ みきお/ www.kyotoconsultant.net)の「非首狩族的な」日々。


by Mikio_Motegi

<   2010年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

国を守る気概と義務

シンガポールは徴兵制を布いている国である 。
男性はだいたい17歳の頃に2年間の兵役を課せられ、社会人になってからも
予備役として、階級にもよるが40才まで毎年召集される。
"National Service"と称されているその制度は、警察、消防、防諜、警備
などの任務も含まれる。

c0094556_18363321.jpg


私がシンガポールのインター・コンチネンタルホテルに勤務していた約5年間
でも、同僚や部下の男性スタッフ達が毎年課せられる兵役の為、2週間ほど
勤務を空ける事が日常茶飯事だった。

もちろん業務上の引き継ぎは完ぺきにやっておくが、それについて文句を
言ったり批判する者など皆無だ。
なぜなら自国を守るための防衛機能の充実は、資源を持たず四辺を大国に
囲まれる小国シンガポールの生命線だから。

そして国民の尊い義務であり、国の独立の根幹を成す制度だと、誰もが
納得している。もちろん政府を公に批判できない国柄もあるが。

ホテルのカンファレンス・サービス担当のアルフォンソは、アメリカ軍の
「ネイビー・シールズ」に相当する「コマンド」部隊の予備役だ。
彼の体力や知力、ストレス耐性の強さはコマンドでの訓練で培われたもので、
他のスタッフたちから常に一目を置かれる存在だった。

一方では予約マネージャーのシジマールのように、警察に配備され
私の家の近所の横断歩道で交通整理をしているところを目撃されたりする
者もいる。

c0094556_1852147.jpg


最近の米海兵隊普天間基地の辺野古移転に関わる諸報道を見ていると、
日本の防衛についての根幹に関わる議論があまり出てこないのは
何故だろう、と疑問に思う。

それは、戦後60年が経過したのに、日本は自国の防衛をいつまで第3国
(アメリカ)に委ねておくのだろう、という疑問だ。

もちろんこの首相の不作為や資質もあるが、鳩山バッシングばかり熱心で、
これを機にじっくりと日本の防衛について議論を交えるという雰囲気が
日本に湧きあがらないのは、不思議でしょうがない。

むしろメディアが国民が疑問を呈さない、この問題に関心を示さないように
誘導するため、耳目を集める鳩山バッシングを続けているのでは?
と思ってしまう。
ではそんなメディアに対し、誰が何故支持し続けるのか?
アメリカ軍が日本でのプレゼンスを保つ事で利益を得るのは誰か?

c0094556_18371732.jpg


例えばホテル業界で、外資系のオペレーターに運営を委託する
「マネージメント・コントラクト」契約を結ぶ場合、そのホテルの建物の
維持管理費やスタッフの給料は契約を委託する方が負担する。

日本が駐留米軍に防衛を委託しているという事は、ホテル業界と
ほぼ同じ事が起きていると思っていい。

c0094556_12201156.jpg


ところで最近の各種統計に見られる日本の国際競争力低下の原因の
一つが、国の根幹を成す防衛を第3国に委託する事と関係している、
と言えないだろうか?

つまり「何かあってもアメリカが助けてくれる」という甘えに起因した、
親方アメリカ体質が蔓延したのも、国民の活力が失われている理由の
ひとつでは?という考えだ。
自分の国は自分たちで守るという気概の無さが、その他の競争力をも
低下させる原因になっていやしないだろうか。

もちろん60年間も防衛をアメリカに委託してきた事で享受したアドバンテージ
は大きい。端的に言えば我々は、本来費やすべき膨大な防衛予算の多くを、
経済開発に振り向けることができたのだから。

この問題について、私と違う様々な考えやバックグラウンドのある人が
それこそごまんといういる事は、私も当然認める。
また直ぐに米軍は撤退し、日本はシンガポールや韓国のように徴兵制を
布いて防衛力を増強せよ等と訴えるつもりは毛頭ない。
せめて自国の防衛について議論する場がもっとあって良い筈、と思っている
だけだ。
この国の抱える大問題を、将来の世代に背負わせる負担を少しでも
軽減させるために。

c0094556_18374444.jpg


私の実家は太平洋戦争時に経営していた工場を軍に拠出するなど、
積極的に軍備に関与した、今で言うライト・ウィング的家系だ。
いや、当時はそれが当然だった。

亡父は私たち兄弟に「お前達が大人になるまでに必ずもう一度
徴兵制が復活する。日本も戦争に巻き込まれる可能性もある。だから
その時に備えて頭と身体を鍛えておけ」と常々言っていた。

幸い今のところ亡父の予想は外れている。日本は戦後一度も
国際紛争の当事者にならず、平和と経済的繁栄を謳歌してきたのだ。

私は二人の娘たちに、かつて亡父が私たち兄弟に説いた事と同じ話を
折に触れしている。彼女たちがどこまで理解しているかは覚束ないが。


写真は上2枚がシンガポール軍。www.benravilious.com
及び http://theonlinecitizen.com より。
3枚目、ヒルトン東京。「マネージメント・コントラクト」契約ホテルの
日本の草分け的存在だ。
4枚目が普天間に離着陸するヘリコプター。
「頭を雲の_hiryuの写真日刊紙」楽天ブログより。
5枚目が普天間基地。周りに住宅街が迫る危険な立地だ。
宜野湾市のHPより。
[PR]
by Mikio_Motegi | 2010-05-30 08:43 | 東南アジア
昨日の日韓定期戦に0-2で惨敗したサッカー日本代表。
これでワールドカップ本戦の闘い方はハッキリとした。
今後日本代表は、長谷部誠と本田圭佑を中心としたチームにすべき。
そして長い間代表を支えてきた中村俊輔と遠藤保仁は、お疲れ様、
レギュラーから外し、サブのメンバーとして「ジョーカー役」要員に
回すべきだ。

c0094556_1854462.jpg


格上の韓国に対し諦めず果敢に1対1の勝負を挑み続けた本田。
最後までスタミナが落ちず、0-1で負けている最終局面ではベテランの
センター・バック中澤佑二に最前線に出るよう指示した長谷部。
彼らの姿は感動的ですらあった。

もう一人、忘れてならないのがサイドバック長友祐都。
世界最高峰のクラブチームであるマンチェスター・ユナイテッドで
レギュラーを張る「アジアの星」朴智星(パク・チソン)とのマッチアップ
では一歩も引かない姿勢を見せ、チームとサポーターを鼓舞した。

c0094556_18542333.jpg


森本貴幸ももっと長時間プレーさせるべき。彼のフィジカルは世界で通用する。

一方で情けなかったのが中村俊輔と遠藤保仁。あの二人はゲーム中に一体
何をしていたのか?
何もしないだけでない、大事な場面でボールを奪われピンチを招く、
相手にプレゼント・パスを渡す、ゴール前で滑って転ぶ。
酷過ぎる。いない方が良かった。
大久保嘉人は、完全にシュートではなくボールをクリアしているね・・・。
あれだけシュートが枠に飛ばない選手も珍しい。

岡田監督の采配ミスはこれら中村、遠藤、大久保への偏愛と共にまだある。
センターバックス中澤と闘莉王のバックアップである岩政大樹を、何故
使わないのか?
昨日は闘莉王が試合直前に太もも痛で出場を回避した。
それなのに、出場機会が少なく本当にバックアップとして機能するかどうか
未知数の岩政を今試さなくてどーする!?

c0094556_18554275.jpg


岡田監督は試合後、協会に進退伺を出したそうだ。
彼の監督としての能力はともかく、本大会3週間前に進退伺を出すような男に
代表は委ねられない。

協会は今こそ英断を下し、ブッフバルトでもトルシエでもオシム(この時期に
就任すれば短期間でしかも涼しい南アフリカ、体力も持つのでは?)でも、
或いは山本昌邦、西野朗、反町康治(どうせJリーグは休みやし)でも誰でも
いい、岡田以外に任せるべき。

c0094556_18551599.jpg


・・・ミーハーな私は日本代表のユニフォーム、本田の「18」番を
スポーツ・バーで観戦する前に購入しようと「サッカーショップ加茂京都店」
へ。ところが売り切れ。加茂と同じく京都のスポーツショップ「ミツハシ」に
よると、本田の18番は発売と同時に売り切れたそうだ。

本田はここにきてメディアでの露出も期待度もウナギ登り。
1年以上前から彼の資質を買っていた私も鼻が高い。
だがちょっと熱心なサッカーファンなら、彼の今日の充実と中村俊輔の凋落が
シンクロしてやってくる事はわかっていた筈。
問題は、なぜ岡田監督が早くから日本代表を本田中心のチームに
しなかったか、メディアもなぜそれを訴えなかったか。問題の根は深い。

c0094556_18545952.jpg


しかし韓国は強く、魅力的だ。史上最強の呼び声が高いのも納得。
ひと昔前の武骨一辺倒のイメージは全くない。
洗練され、スピードがあって力強く、かつイケメン揃い。
特にパク・チソンの1点目は長く記憶にとどまる程の、ため息の出るような
美しいゴールだった。
なんだか日本と同様、ワールドカップでは韓国も応援したくなってきた。
[PR]
by Mikio_Motegi | 2010-05-25 19:01 | サッカー、スポーツ

「ダーリンは外国人」

中学生になった長女と映画「ダーリンは外国人」を観に行った。
私にとっておよそ2年振りの封切映画なのに、なんでこんな物を
観なくてはいけないの?・・・と少々情けなかったが。

まあ他愛のない内容。イラストレーターで漫画家である女性主人公
(井上真央)が、交際しているアメリカ人(ジョナサン・シェア)との
生活の中で生じる異文化の発見、摩擦、対処の仕方がテーマ。
主役の二人はなかなか魅力的。オーディションで選ばれたという
ジョナサン・シェアは好感が持て、井上真央は可愛い。

c0094556_16534216.jpg


しかし国際結婚がテーマなんて、「何を今さら」という感じ。
こんなネタの原作がベストセラーを続け、映画化されヒットするなどと
いう現象が起きるのは先進国では日本だけだろう。
文化、風俗が西洋化しても、根っこのところで国際化が進んでいない
証拠だ。
そもそも日本にいて、たまたま外国人と接する機会があった時に生じる
摩擦なんてユルいものだ。

私が東南アジアに滞在した8年間でも、圧倒的なな富の偏在、貧富の差、
人種差別、宗教観の違いを実際に体験してきた。

「違い」があって当然だという世界観と、「違い」をネタにして
「やっぱりそうだよね」「変だよね」と身内だけで納得し、喜んでいる
世界観。
異文化を何でも飲み込み成長を続け、絶妙のパワーバランスの上で
生き延びる国家と、何でも身内の論理ばかり先行し、幼児化、白痴化
した国家.
どちらが今後生き抜き、どちらが衰退するか。
・・・答えは見えている。

c0094556_1654182.jpg


とまあ、つらつらと他愛もない事を考えながら観ておりました。
じゃなんでそんな映画にわざわざ高いお金を払って行ったのだと
聞かれると・・・
それは茂木家という身内の論理、パワーバランスに起因している、としか
申し上げられません・・・。
[PR]
by Mikio_Motegi | 2010-05-16 20:53 | ブレイク

頑張れニッポン!

サッカーのワールドカップ南アフリカ大会の代表23名が決まった。
このラインアップに満足している日本サッカーを熱狂的に応援する
ファンは、全体の一割にも充たないだろう。

c0094556_2205371.jpg


だが、サッカー王国ブラジルなど、人口の数だけ代表選手のラインアップが
あるという。熱狂的ファン全員が納得する代表メンバーなんてありはしない
のがサッカーだ。

ともかく本番では一次リーグ突破に向けて頑張って欲しい。
岡田ジャパンを批判する時期は過ぎた。「監督更迭」がかなわなかった今、
後はチーム、協会、ファンが一丸となってサポートするのみである。



私が個人的に「?」という選手で代表入りしたのが中村俊輔、玉田圭司、
大久保嘉人、川口能活だ。
だがよく考えてみると、今回代表入りが期待されながら選ばれなかった
小笠原満男、小野伸二、前田遼一等と比べ、格段に力が劣っているわけでは
ない。言い方を変えれば、誰が選ばれてもそう違わないというのが
悲しい現実である。

本田圭佑、長谷部誠、森本貴幸の海外組には特に、そして長友祐都、
内田篤のレギュラー候補に奮起してもらいたい。彼ら23才以下の若手の
活躍が4年後のブラジル大会での成功につながるのだから・・・もう4年後の
話をしている。

私がメンバー入りを期待していて、残念ながら外れてしまったのが
MFの石川直宏と香川真司、金崎夢生。三人ともサイドアタッカーだ。
C・ロナウド、メッシ、ボージャン、ルーニー、カカ、ロッベン等、強力な
サイドアタッカーを有するチームはどこも強い。

香川と金崎はまだ21才と若い。これを機会に海外に渡り、本場の超一流
のサッカーを肌で感じて来てほしい。

c0094556_2214542.jpg


今まで岡田ジャパンの悪口ばかりを書いてきた私だが、これから6月25日
のデンマーク戦、一次リーグ最終戦終了まで、批判は封印する。
その代わりろくでもない戦いをして結果も出なかった時は、思う存分
ボロカスに書くことをお許し頂きたい。
[PR]
by Mikio_Motegi | 2010-05-10 21:46 | サッカー、スポーツ

琵琶湖 湖東を行く

GWの期間中は遠出をせず、いつも近場で過ごすのが我が家流。
今年は琵琶湖の東、近江八幡(おうみはちまん)や安土(あづち)といった
「湖東(ことう)」地区に行く。
京都市内から車で僅か一時間の距離だが、結構な観光コンテンツがあるのが
琵琶湖の魅力だ。

c0094556_2029214.jpg


水運が物流の主流だった頃を彷彿とさせる「水郷巡り」。
琵琶湖と言うと一つの大きな湖を連想するが、この辺りは戦前まで無数の
内海を従える一大湿地帯だった。
織田信長がこの地に安土城を築城したのも、ここが東西の交通の要所で
あったのと、ここから琵琶湖を船で堅田(かただ)に渡れば、京都まで
直ぐそこの距離にあったから、という理由からだ。

遊覧船でゆっくりと水郷を巡る。丁度船と並行して路上をジョギングする
年寄りとほぼ同じスピードだから、多分時速8-9キロだろう。

c0094556_20295552.jpg


ここらは「葦(あし)」の産地で、あちこちに群生している。
「オオヨシキリ」という葦原で巣作りをする野鳥がいて、船がそこを
分け入る時にたてる特徴的な甲高い鳴き声がにぎやかだ。


c0094556_20301338.jpg


本日の泊まりは「ホテルラフォーレ琵琶湖」。
インドアプール、体育館、プラネタリウム、テニスコートなどを併設する
大型のリゾートホテルだ。

予想通りロビーは多くの家族連れ、カップルが多かったが、施設が広いのと
スタッフが慣れているのか、殆ど混乱はない。
またリピーター率が高いのか、客層もかなり良い。混雑するリゾート地に
ありがちな、マナーもへったくれもない「とんでもない」お客を全く
見なかったのは特筆ものだ。

また夕食のビュッフェの内容が抜群に良かった。もちろんラインアップは
ファミリーからカップル、お年寄りまで対応する雑多な物ではあったが、
食材一つ一つの質が高い。揚げたてのワカサギの天ぷらは新鮮・ぷりぷりで、
豚バラ肉のイカスミソースや温野菜サラダは、素材の良さに加えソースの
質が実に高い。地元特産の近江牛のすき焼きも頬が落ちるほど。

また手を抜きがちなデザートも本格的だ。多分専門のパティシェが腕を
振るったのだろう。

噂によると、このビュッフェの原価率は30%を遥かに超えているという。
さすが名門リゾート「ラフォーレ」の面目躍如だ。

c0094556_20303718.jpg


琵琶湖の湖東地区は旧中山道(なかせんどう)も通る古来から交通の
要所であり、安土城の城下町でもあったため、歴史的な価値のある遺構も
多い。
もちろん湖西、湖北地区も多くの観光コンテンツに恵まれている。
もっともっと沢山の人が訪れても良い、懐の深いデスティネーション
と言えるだろう。

c0094556_2030567.jpg


実はこのホテルには私は特別な思い入れがある。1999年5月、当時
シンガポールのインターコンチネンタル・ホテルに勤務していた私は、
ドイツ人の総支配人であるエドワルドと共に日本に出張に来た折、
このホテルを訪れている。

詳細は2007年5月5日のエントリー「神戸ビーフに想う事」を参照に
してください。

写真は上から「水郷巡り」近江八幡物産観光協会のHPより。

葦原風景。

ホテルラフォーレ琵琶湖全景。www.mapple.net より。

客室からの眺め。琵琶湖を挟んだ対岸の山は「比良山」。
山頂付近には琵琶湖バレイというスキー場が広がる。

ホテルのツインベッドの客室に泊まると、必ず側転をしたがる我が家の猿、
違った、次女。
40㎡の広さがある快適な部屋だ。もっとも次女がベッドカバーをぐちゃぐちゃ
にしてしまい、写真を撮る事が出来なかったが。
[PR]
by Mikio_Motegi | 2010-05-05 20:36 | 京都・紀行