ホテル、レストランなどホスピタリティ・インダストリに特化したヘッドハンター茂木幹夫(もてぎ みきお/ www.kyotoconsultant.net)の「非首狩族的な」日々。


by Mikio_Motegi

<   2010年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

敬愛する北里大学名誉教授、塩谷信幸先生の無敵のブログ
「アンチエイジングブログ」で、先生は御自分の
「ジープ・コンプレックス」について語っている。

先生のようないわゆる「戦中派」世代は、戦後、進駐軍が都内を
乗り回すジープに憧れを抱いていて、それが今にも続く外車・
輸入車信仰になっているというのだ。(先生の文章から私が解釈
したもの。是非原文を参照頂きたい)。

c0094556_939851.jpg


ジープに代表されるアメリカへの憧れが数世代を経ても連綿と続き、
その結果舶来礼賛・欧米追従の思考が我々日本人に強く刷り込まれて
しまっている、と言えなくはないだろうか。

アメリカのカー・ライフは常に憧れの対象で、彼らのスタイルを
そっくりコピーする事が我々の生活に根付いている。
例えばデートで、コンパーチブルの助手席にガールフレンドを乗せ、
海岸通りを軽快なアメリカン・ポップスを聞きながらドライブするという、
映画に良く出てくるシーン。

或いは買い物に行く時も、週末に郊外の大型スーパーに車に乗って
買い出しに行き、大量に買い込んでこれまた大型冷蔵庫に貯蔵すると
いう大量購買・消費スタイル。

実際の生活の場にこのようなシーンを体験したかどうかはともかく、
こういったライフスタイルに憧れる思考は戦後アメリカによって
もたらされたもので、たった数十年の間でそれが日本に見事に
根付いているのだ。
まさにアメリカ礼賛・追従であり、彼らのPR・洗脳能力には驚かされる。
日本固有の生活習慣はどこにいってしまったのだろう。

もっと言えば、アメリカ追従のあまり国家存続の根幹を成す国防まで
委ねてしまっているこのていたらく。

c0094556_939385.jpg


閑話休題、日本の30代以下の世代で「車離れ」が進んでいるという
報道をお聞きの人は多いだろう。
(社)日本自動車販売協会連合会の統計によると、新車の登録台数は
2001年に計406万台だったのに対し、2005年は393万台と漸減、
そして2009年度には292万台と、2001年に比べ28%も減少している
というのだ。
(www.jada.or.jpより)

c0094556_9395721.jpg

 
理由として様々な要因が挙げられるが、日本の若年層には先に述べた
アメリカ的なモータリゼーションに代表されるライフ・スタイルの影響が
及んでいないのかもしれない。
もちろん違う形でもっと色濃く影響が及んでいる、という見方もあるが。

ジープ・コンプレックスの無い若い世代には、我々の多くに染み付いて
しまった「舶来礼賛・欧米追従」を覆し、日本固有の文化・伝統を基に
した生活習慣、思考を再確立する事を期待したいものだ。

そう考えると、車離れにも以外な効用があると言えるかもしれない。

c0094556_9444220.jpg


写真は全てイメージ。
[PR]
by Mikio_Motegi | 2010-07-31 18:43 | ブレイク

山鉾巡行に巻き込まれる

今日は祇園祭のクライマックス、「山鉾巡行(やまぼこじゅんこう)」。
祇園祭は例年暑いし混んでるし、数年前に家族と出かけたのを最後に
私は一度も行っていない。巡行もあまり興味が無く、生で見物を
しようと思った事もない。とにかくあの暑さと人ごみを想像すると、
とてもじゃないが出かける気になれなかった。

今日は朝から天気が良かったので、久しぶりに鴨川沿いのホームコースを
走る。

c0094556_20484971.jpg


通常は、北大路橋のたもとから三条大橋まで4キロ南下する。
そこからMKボウリングのある志久呂橋まで一気に8キロ北上、
そして北大路橋まで戻る約16キロのコースだ。

軽快に御池辺りまで下ると、なにやら橋の上で大勢の人が歩いている。
「あ、今日は山鉾巡行だ」と思い当たり、鴨川から御池通りに上がると、
案外観光客はまばらなのに気付く。

こんなに道がすいているのなら山鉾巡行をちょっと見物しようと思い、
河原町通りに出て南下する。
確かにいつもより人出は多いが見物できないほどではない。
むしろ四条に向かって進む人々の流れに沿ってしまえば、楽なものだ。
そう思っていたら三条通り辺りで先頭の「長刀鉾(なぎなたぼこ)」が
しずしずとやってきた。
動く美術館と称される豪華絢爛な山鉾だが、それと共にこの鉾に従って
ものすごい数の観光客が河原町通りを徒歩で北上してきた。

「やばい」と逃げる間もなく、4キロ近くを走って汗だらけのシャツを着た
このおっちゃんは、長刀鉾の御利益に授かろうという善男善女の大軍と、
逆に中心街四条に向かう人の流れが起こす渦に巻き込まれ、飲み込まれて
しまったのである。

c0094556_20491376.jpg


・・・やっと渦から逃れ、ちょっと落ち着いて眺められたのがこの
「孟宗山(もうそうやま)」。小ぶりなうえに瀟洒でセンスの良い飾りつけが
かかっていて、私好みだ。

「函谷鉾(かんこぼこ)」もやって来た。四条河原町交差点の名物
「辻回し」‐ 交差点では山鉾の車輪の構造上カーブを切れない為、
路面に敷き詰めた割り竹に水を打ち車輪を乗せて男たちの力で90度
方向転換する‐も遠目だがしっかり見物し、且つ大観衆のどよめきを
体感する事が出来た。

マラソンに出たおかげで思いがけず見物できた山鉾巡行。
なんだか得をした気分。

c0094556_2054275.jpg


しかし折からの猛暑と、人ごみに巻き込まれ体力を思いっきり消耗した為、
その後のマラソンは10キロしか走れずリタイヤ。なんだか損した気分。

写真は上が長刀鉾、真中が孟宗山。どちらも今日の京都新聞ニュースから。
下は「辻回し」の光景。(旅の写真館 両備バスフレンズパック)より。
[PR]
by Mikio_Motegi | 2010-07-17 21:03 | 京都・紀行

賀茂川氾濫

本日午後6時頃、賀茂川に架かる北大路橋から上流の北山方面を
撮る。
いつもの光景が一変。頼もしく、見事なまでの自然の迫力から
エネルギーをもらう。

c0094556_21151085.jpg


普段はこんなのどかな川なのに。

c0094556_21153298.jpg


堆積したゴミや腐った草を一掃するまさしく自然の自浄作用だ。
人間の大動脈に詰まったコレステロールや、はたまた長年の垢が
こびりついた組織もこの川のように一掃する自浄作用は無いものかとは、
ややありきたりの陳腐な表現か。

大雨災害の被災者の方にはくれぐれもご自愛を、そして危険地域周辺の
方は安全な方策を早くとって欲しい。

下の写真は http://nekopen.exblog.jp/10308357 より
[PR]
by Mikio_Motegi | 2010-07-14 21:22 | 京都・紀行

引き裂かれたイレブン

南アフリカで開催されているワールドカップもいよいよ佳境に入り、
残すは決勝戦のみ。スペインVSオランダという夢のカードだ。
日本国内のワールドカップ・フィーバーもまだまだ冷めやらない。

そんなお祭り騒ぎに水を差す気はないが、今から僅か20年前の
1990年代に、東ヨーロッパのさるサッカー代表チームが自国の
激しい民族独立闘争と政争の渦に巻き込まれ、ヨーロッパ
選手権出場の権利を剥奪されたという事実をご存じだろうか?

そのチームはユーゴスラビア代表、エースでキャプテンだったのが
ドラガン・ストイコビッチ、現名古屋グランパス監督。
チームを率いていたのはあのイビチャ・オシムである。

c0094556_9145032.jpg


1945年、それぞれ異なる民族、宗教をもつ六つの共和国(スロベニア、
クロアチア、ボスニア・ヘルツェゴビナ、セルビア、モンテネグロ、
マケドニア)と二つの自治州(コソボ、ボイボディア)は、「建国の
父」チトー大統領によって「ユーゴスラビア連邦人民共和国」として
統合された。

「バルカンの火薬庫」と呼ばれ、歴史上常に文明の衝突する要所に
位置する同国は、国家として統一し列強の干渉・影響を排除することが
求められていたのである。

ところが1990年のチトーの死後、旧ソ連の崩壊に象徴される民族自立・
独立の世界的な気運が起きる。
ユーゴでも独立を求める各共和国と、それを阻止しようとするユーゴ連邦
政府との間で戦闘があちこちで勃発していた。
1992年に始まったサラエボとの紛争では、サラエボをサポートするNATO
による空爆・軍事介入を招く。
同様の紛争がクロアチアとの間でもはじまり、同年国連はユーゴへの制裁
措置としてある決定を下した。

c0094556_915442.gif


ユーゴ代表は1990年のイタリアワールドカップで、前年優勝のマラドーナ
率いるアルゼンチンをPK戦に持ち込むまで苦しめ、1992年のヨーロッパ
選手権でも予選を無傷で突破。
チームとして最盛期を迎え、優勝候補の最右翼であった。

勇躍開催地ストックフォルムに到着した代表チームは、そこで1通の
欧州サッカー連盟からのファックスを受け取る。
そこには国連決議に基づくユーゴ代表チームのヨーロッパ選手権出場
資格剥奪、そして全ての国際試合の禁止が書かれていた。

意気消沈し祖国に引き返した選手たちを待っていたのは、ユーゴの代わりに
急きょ出場したデンマークが大躍進を遂げ、なんと優勝してしまうという
皮肉なニュースだったのである。

その後各共和国が一つ、一つとユーゴ連邦から離脱していく。
昨日まで同じチームでプレーしていた仲間と引き剥がされ、選手たちは
ばらばらに散っていく。
祖国では民族間を血で血を洗う戦闘がおきている。昨日まで同胞だったのに、
一夜明けたら隣近所が敵になり殺戮が繰り広げられているのだ。

c0094556_91631100.jpg


イタリアのラツィオに所属し、セリエAでの試合でフリーキックのみで
ハットトリックを決め、ギネスにも載ったシミシャ・ミハイロビッチ
のように、父親がセルビア人、母親がクロアチア人という人々も多い。
彼は戦闘が終わり戦禍で踏みにじられた実家に戻ると、自室に飾って
あったユーゴ代表選手の集合写真の中で、自分の写真の頭部だけが
弾丸で撃ち抜かれている光景を目のあたりにする。

c0094556_9165490.jpg


DVD「引き裂かれたイレブン」のラストでは、後にこのミハイロビッチ
所属のユーゴ代表と、1998年フランスワールドカップで得点王に輝いた
ダボー・シューカー所属のクロアチアが国際試合で戦った時の事の
シーンがある。
二人は元ユーゴ代表の親友同士。退場者が続出する激しい試合中、
惜しいフリーキックを外したミハイロビッチにシューカーが駆け寄り、
お互いのポジションに戻りつつ微笑みながらハイ・タッチを交わすのだ。

ぐっとくるシーンだ。「サッカーっていいな」と素直に感動してしまう。
そして同時に、世界中のあちこちでこのユーゴスラビアがたどったような
民族自決・国境紛争が今も起きていることに思いを馳せる。

地元のサッカーチームを応援する事だけが民族のアイデンティティを
維持する唯一の手段である人々について、考えてみようと思う。
サッカーの持つ意味について。

「単一民族こそのチームワーク」「単なるボール蹴り」と自国代表チーム
やサッカーを表現する一部メディアがある国に住むと、本当に平和だな
とつくづく思う。
サッカーがボール蹴り以上の意味を持つ人々にとって、こういう国の
サッカー・フィーバーはどう映っているのだろう?

c0094556_9171526.jpg


写真上から、1997年3月、Jリーグでの試合中の得点直後、"NATO STOP
STRIKES"「NATOは空爆をやめろ」と書かれたTシャツをアピールする
ストイコビッチ。(はてなキーワードより)

旧ユーゴスラビア連邦。(www.fujita.org/widculture/dnames/
yu.html より)

ミハイロビッチとダボー・シューカー。シューカーをシュケルと書く
メディアもある。彼はワールドカップ初出場の日本のゴールにシュートを
叩きこんだストライカーだ。

DVD「引き裂かれたイレブン」

(参考文献:「オシムの言葉」集英社文庫 木村元彦
「日本サッカー偏差値」じっぴコンパクト 杉山茂樹
「ワールドカップは誰のものか」文春文庫 後藤健生
「オシムからの旅」理論社 木村元彦 
DVD「引き裂かれたイレブン」アルバトロス・フィルム )
[PR]
by Mikio_Motegi | 2010-07-11 09:20 | サッカー、スポーツ
今から31年前の1979年の夏、日本各地で開催された
「ワールドユース世界大会」での大活躍で、ディエゴ・マラドーナは
世界にその名をとどろかせた。

c0094556_20465151.jpg


前年の1978年、母国アルゼンチンで開催されたワールドカップでも
「神童」と呼ばれ大いに期待されていたが、結局セサル・ルイス・メノッティ
監督はマラドーナを最終メンバーに選出しなかった。
なんとなれば「(代表に召集するには)若すぎるから」という理由からである。
時にマラドーナは17才。

実は私は決勝の「アルゼンチンVSソ連」を、国立競技場で観戦している。

c0094556_20561272.jpg


確かソ連にもタランというオールラウンダ―のセンター・フォワードがいたが、
マラドーナの存在は敵のエースや他を完全に圧倒していた。
何しろマラドーナはボールを持ったらまずドリブルを仕掛ける、それも必ず。
そして速く、重心が低い。切り裂くような猛スピードで一直線に相手陣内に
突進する。DFはファウルでしかそのドリブルを止められない。
マラドーナも自ら倒されて得たフリーキックを決めて見事な優勝を遂げ、
彼も大会のMVPに選ばれた。
チームメイトには後に横浜マリノスでプレーし、Jリーグ初年度の得点王
に輝いたラモン・ディアスがいた。

今回のアルゼンチン代表ではメッシが彼の後継者と目されていたが、
プレースタイルはむしろポルトガルのクリスティアーノ・ロナウドの方が
マラドーナに似ているように思えた。

c0094556_20395590.jpg


さて先日の準々決勝VSドイツ戦。ご存じのようにアルゼンチンは4-0で
完敗を喫した。
スコアほど実力差は無かったと思うが、これはアルゼンチンが得点を狙い
前掛かりに攻めた為に、カウンターを喰らった結果。
準々決勝でドイツと対戦したイングランドと同じ轍を踏んだのだ。
要するにマラドーナの監督としての采配が悪かった、という事。

しかし彼は充分にサッカーの楽しさを我々に伝え、魅了してくれた。
とにかく最後まで私たちを楽しませてくれた「マラドーナ劇場」は、幕を
閉じたのである。

c0094556_2042579.jpg


「サッカーというのは単純な競技さ。22人の男たちが、90分間ボールの後を
追いかけ回す。そして、最後にドイツ人が勝つのさ」・・・これはイングランドの
元エース、ギャリー・リネカーの言葉。
今大会は若いドイツの調子がウナギ昇りだ。リネカーの言葉通り、
このままドイツが優勝するのだろうか?
私としては決勝はスペインVSオランダという夢のカードの実現を期待したい。

 
写真は上2枚が私が実家でみつけたサッカーマガジンの表紙と
マラドーナの雄姿。
現在のマラドーナ。
アルゼンチンのサポーター。これは最近の写真だが、1978年W杯のテレビ
画像に映し出された彼女たちに出会う事を夢み、大学の第2外国語で
スペイン語を選択した数多くのおっちょこちょい学生がいたのは紛れもない
事実である。
なぜそう断言できるかというと・・・。













これは7月1日からはじまった Excite による強制広告。本ブログとは
一切関係ありません。 ↓ ↓
[PR]
by Mikio_Motegi | 2010-07-05 21:04 | サッカー、スポーツ