ホテル、レストランなどホスピタリティ・インダストリに特化したヘッドハンター茂木幹夫(もてぎ みきお/ www.kyotoconsultant.net)の「非首狩族的な」日々。


by Mikio_Motegi

<   2010年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧

読書週間2010

昨年11月1日のエントリーで記したように、私は「読書ノート」なる
物を書いている。読んだ本の気にいったフレーズを抜粋し、簡単な感想を
書き留めるだけのものだが、これを続けるのがなかなか難しい。

私の読むスピードが遅いのに、1冊が読み終わらないうちに新しい本に
つい手を出してしまうので、読了しないのだ。
こうしてせっかく購入したのに常に3-4冊が読み終えられず、その辺に
置きっぱなしになっている。

c0094556_1348012.jpg


さて昨年同様、再読を含みこの1年で読んだ中で、良かったもの、
「くだらねえ」と思ったものを数冊記してみる。


良かったものベスト10 (順不同)

1.散るぞ悲しき 硫黄島総指揮官・栗林忠道 
  硫黄島 栗林中将の最期         梯久美子

2.スクランブル 「イーグルは泣いている」 夏見正隆

3.こころの王国 菊池寛と文芸春秋の誕生 猪瀬直樹

4.古代への情熱                 シェリーマン

5.ヴェニスの商人                シェイクスピア

6.マルタの鷹                   ダシール・ハメット

7.オシムからの旅                木村元彦

8.不道徳教育講座               三島由紀夫

9.菊池寛短編集
  「恩讐の彼方に」「忠直卿行状記」     菊池寛
  
10.ポー名作集                エドガー・アラン・ポー
                          (訳:丸谷才一)
  
・・・・・・・・・・・・・・・・

1.米軍による本土空襲から愛する家族と日本を守る為、劣悪な環境下で
鬼人の如く硫黄島を防御する栗林中将とその部隊。
「あとがき」で、「私たち次世代の為に、言葉に尽くせぬ辛苦を耐え、
ふるさと遠く離れて亡くなったすべての戦没者の方たちに、あらためて
尊敬と感謝を捧げたい」との一文に、思わず涙した。

2.著者は航空自衛隊の戦闘機パイロットであるだけに、コックピット内の
描写、表現は秀逸。憲法9条や自衛隊法と現実の矛盾を平明に説き、
日本の防衛のありかたを考えることができた。

3.菊池寛の偉大なところは、物書きとしての自分の才能に見切りをつけ、
自分より優秀な作家たちのプロデュ―サーに徹した事。

4.並みはずれた努力と、懸命に働けば辛い現在から解放されるという
確実な見通しが、シュリーマンを偉大な発見へと駆り立てた。

5.現代においても尚主人公シャイロックの人間像に新解釈がされるあたり、
シェイクスピアは多くの未知数をはらんだ人物像を提供してくれる。

6.「ハードボイルド」の古典。レイモンド・チャンドラーも
ロバート・B・パーカーも北方謙三も皆ハメットの影響を受けた。

7.「バルカンの火薬庫」に生まれ育ち、超一流のサッカー監督として、
同時にいくたびの戦乱を生き抜いた不屈の人として、オシムは常に
尊敬に値する人物。サッカー監督は哲学を持ち、それを語らなければ
ならない。

8.没後40年。ミシマへの評価は固まったのか?「金閣寺」「憂国」
と併せ読むと、底知れぬ人間性、森の奥の沼に佇むようなシニシズム、
ウルトラ保守という多面性が伺える。

9.タイトルの他、「俊寛」「蘭学事始」等、小学校から高校までの
教科書で取り上げられた作品が並び、入りやすい。
ただ「俊寛」の結末等、教科書に抜粋されたものとオリジナルでは
読後感がまるで違う事に気づかされた。

10.「モルグ街の殺人」「黒猫」等、ロンドン、パリ、ニューヨークの
古く暗い石畳の街の情景が脳裏に浮かぶ。重厚な丸谷才一の名訳も。

c0094556_13415461.jpg



読むんじゃなかったと、お金と時間を返してほしくなる本


1.「走ることについて語るときに僕の語ること」    村上春樹

2.「芥川賞はなぜ村上春樹に与えられなかったか」  市川真人

3.「『言語技術』が日本サッカーを変える」       田嶋幸三

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

1.彼は何をぐだぐだとくだらない理屈を書き連ねているのか?
かつてのシャープな切れ味は何処へ?ノーベル賞が遠のいた駄作。
 
2.最近流行りの「・・・はなぜ・・・なのか」というタイトルの新書は、
読むだけ時間のムダと悟らせてくれた一冊。

3.こんな人が日本サッカー協会の要職に就いたら、現場は混乱する
だろうなと心配になる。「言語技術」の卓越した理論と、彼の
サッカー界における素晴らしい経験、知見が全くリンクしていない。
ただし挿入されたエピソードは面白い。

・・・・・・・・・・・・・・

・・・私はビジネス書、特に新書版はあまり読まない事にしているが、
今年はいよいよその傾向が強まった。
自分に足りない何かを読書で得ようとすると、何十年、時には何百年と
版を重ね読み続けられるモノにこそ不変の価値感があり、それしか
頼れないと思うからだ。

ただし、今年のベスト10に一冊もビジネス書が選ばれないというのも、
明らかに偏りがあると言えるだろう。来年はもうちょっと意識して
ビジネス書を読んでみようか・・・。

c0094556_13421732.jpg


写真は上から フラゴナールの「読書する娘」

私の今年のベスト10冊

映画 "You've Got Mail" の1シーン。
ニューヨークの老舗と新興チェーン書店の争いと、お互いの身分を知らず
恋に落ちた両社の経営者の物語。
メグ・ライアンとトム・ハンクス主演、1998年作品。
[PR]
by Mikio_Motegi | 2010-10-30 21:15 | ブレイク

アディダスVSプーマ

先日のメディアに、日本サッカー協会が代表チームの背番号"10"の座に、
エースの本田圭佑ではなくサイド・アタッカー香川真司を指名する
という記事が載った。
その理由は彼らの実力云々ではなく、香川が普段からアディダスの
スパイクを愛用する一方で、本田はミズノのスパイクを履いていて、
協会は代表のユニフォーム類を長らく支援しているアディダスに気を使い、
エース番号を香川に与える、というもの。

c0094556_20232191.jpg


私はその記事を読み、義憤にかられた。サッカー選手にとって背番号"10"は
ペレやプラティ二、マラドーナに代表されるように、絶対的エースのみに
着用が許される聖なるナンバー。
それをたかが道具メーカーの顔色を伺って・・・などと、抗議のブログを
書こうとPCに向かった。

ところが参考資料にしようと今年4月に刊行された「アディダスVSプーマ」
を購入し読み進むうち、唖然・呆然としてしまった。
私の義憤がいかに子供じみたもので、実はスーパースターであるペレも
マラドーナも、そしてあのベッケンバウアーとクライフも、世界の
スポーツ・ブランドが繰り広げる経済「戦争」に手を、いや足を貸して
いたという事実を知ったからである。

c0094556_20234828.jpg


アディダスとプーマは、ご存知の方は多いだろうが元々アディとルドルフ
の兄弟が戦前から経営する「ダスラ―兄弟商会」が出発点だ。
しかし兄弟間の確執から兄のルドルフが離脱し「プーマ」を設立。
ダスラ―兄弟社を引き継いで「アディダス」を設立したアディと共に
次第にスポーツ用品マーケットの覇権を争うようになる。

c0094556_20242917.jpg


そして自社の「広告塔」となり得る有名選手たちを次々と手中に納めようと、
札束が飛び交う経済戦争を繰り広げ事になる。
彼ら有名選手を利用し、あの手この手で自社製品をアピールする手法には
あっけにとられる。

例えば普及しつつあるテレビの視聴者をターゲットに、サッカーの試合中に
ゴールを決めた選手にスパイクを脱いで頭上に掲げながらピッチを走り
回らせる、或いは脱いだスパイクにテレビカメラの前でキスをさせるなんて
演出は日常茶飯に行われたという。
あの感動のシーンは実は「やらせ」だったのだ。

c0094556_202526.jpg
 

凄いのは、プーマを履いたあのペレが、試合開始の直前に審判に対し
スパイクの紐が解けたと伝えてキック・オフの笛を数秒間遅らせ、その間に
かがみこんで紐を結び直す、という演出。
その数秒間、ペレがゆうゆうと紐を結びなおすプーマのスパイクは、
テレビ画面を通し世界中の何千万人という視聴者が注視する事になるのだ。

ヨハン・クライフは本当はアディダスが大好きなのに、マネージャーが
プーマと契約してしまった為、仕方なくアディダス製のスパイクを、
あの三本線を靴墨で塗りつぶして履いていた事もあるという。
私などクライフが履いているからずっとスパイクはプーマと決めていたのに。

c0094556_20252239.gif


厳しいアマチュア憲章、まだまだスポーツに対する経済的サポートが少ない
という時代背景。それらに目をつけたのがアディとルドルフで、は窮乏した
選手や協会役員に巧みに近付き、高価なスパイクやボールを現物供与する事
からはじまり、家族ぐるみの豪華な接待、「実弾」攻撃により人間関係を
構築、マーケットに浸透したのである。

この本では、アディダスとプーマという2大スポーツブランドが、選手たち
のみならず各競技団体やオリンピック委員会、FIFA(国際サッカー連盟)
といった巨大組織に対し「スポーツ・ポリティクス」を導入し取り入り、
浸透していった過程を読み取れる。

c0094556_20254298.jpg


省みて、現代の我々の周囲のホテル・マーケティング戦略はどうだろう?
確立されたブランドや、交通至便といったアドバンテージに胡坐をかき、
大きなものに挑戦することを忘れ、小さな満足に溺れている経営者は
いないだろうか?
IT媒体での浸透に力を注ぐあまり、人間臭い、どろどろとした関係構築を
避け、結果として活力を失う事態に陥っていないだろうか?

「全ては人間関係に尽きる」と公言するダスラ―兄弟の凄まじい接待攻勢も、
現代の希薄な顧客とセールスマンとの関係と比べれば、妙に懐かしく
且つ羨ましく思える。とにかくルドルフもアディも顧客情報獲得の為、
粉骨砕身の努力を惜しまず全力投球し続けたのだ。

サッカーを始めて40年、今まで私がこだわっていたアディダスやプーマの
イメージは根底から覆された。
そんな背景を知ってしまったからには、冒頭の日本代表の背番号"10"も、
誰が着用してもどうでもよくなってしまった。
どうぞご自由に、何だったら希望者がじゃんけんで決めたら?

c0094556_2025581.jpg


写真は上から本田と香川。

イメージ。

ホルストとアディのダスラ―兄弟。

1974年西ドイツワールドカップの決勝、西ドイツ対オランダでの
ベッケンバウアーとクライフ。
私が初めてTVで「ナマ」観戦し、最も印象に残っているワールドカップ。

スーパースター、ヨハン・クライフ。ビジネスマンとしての嗅覚も
抜群で、アディダスとプーマを両天秤にかけ、巧みに契約料を
吊り上げた。

フランツ・ベッケンバウアー。ドイツサッカー界の「皇帝」にして
2006年ワールドカップドイツ大会組織委員長。
同時にアディダスの終身大使としても収入を得ているという臆面の
無さも皇帝級。

「アディダスVSプーマ」(バーバラ・スミット著 RHブックス刊
820円)の表紙。
やや冗漫で翻訳がこなれていない部分も散見するが、そこは読み
飛ばしてもいいだろう。
[PR]
by Mikio_Motegi | 2010-10-24 15:22 | サッカー、スポーツ

女は世界の奴隷か!

少々刺激的なタイトルだが、私の言葉ではないのでお許し願いたい。
あのジョン・レノンの歌の題名である。
原題は"Woman is the nigger of the world!"
1972年の作品で、オノ・ヨーコに触発されフェミニズム、女性解放に
ついて歌ったもの。

c0094556_12114479.jpg


先日メディアの記事で、日本女性の社会進出の度合いの低さが話題に
なった。「世界経済フォーラム」によると、日本女性の社会進出度は
世界134カ国中94位だそうである。ちなみに中国は61位。
これは各国女性の経済面での進出度合い、教育水準、政治参加、健康
について数値化したものだそうだ。
この現実について、日本の女が悪いのか、男があるいのか私はわからない。

ただ蓮舫参議院議員の国会内での"Vogue"誌写真撮影を巡る一連の意見を
聴いている限り、女性の足を引っ張るのは女性、弱者を苛めるのは弱者という
古来からのセオリーがそのまま当てはまるという感を強くした。
あれこそまさに上記の「女性の政治参加」を阻む行為、すなわち嫉妬に
他ならない。
そして、この世に弱者から受ける嫉妬ほど怖いものは無い。

c0094556_1427982.jpg


「社会進出の度合い」という標準に照らせば確かに日本は遅れているが、
では「男と女とどちらが強いか?」という疑問に対し、私は個人的には
「女の方が強い」と答えたい。

人材に関わる私のような商売をしていると、キャリア相談だか
身の上相談だかわからなくなってくる事が時たまある。
キャリア相談はキレイ事だけではない。現状の不満、不遇を語るうちに
激してくる人は多くいるが、時には泣きだしてしまう人もいる。
そして私が今まで遭遇したケースでいえば、それらは全て男性だ。
女性の涙は、私は職務上で出逢った事が無い。

古来、女性は強い男性の庇護の下でのみ生き永らえることが事ができた。
厳しい自然環境や獣たちの襲撃、他部族からの略奪に対し、自分を
守ってくれる男を本能的に嗅ぎわけ、その腕の元に飛び込んで
したたかに生きてきた。それが女性である。

現代社会は、弱いとされる女性や子供を守らなければならない男の
「マチズモ」を貫くには、いささか厳しい時代と言えよう。
女はそんな弱い男を見限って、他所の強い男についていける。
男にはそんな芸当はできず、悲嘆にくれるしかない。
そう考えると、「女性の社会進出」という尺度がどれほど意味の
あるものか、私にはわからなくなってしまうのである。

c0094556_12123514.jpg


閑話休題。「働く女性の環境改善」をスローガンに、ACCJ
(在日アメリカ商工会議所)関西部会が主催する「ウォーカソン」が
明日10月16日(土)に神戸のメリケンパークで開催される。
ご興味のある人は是非足を運んで下さい。

健康に良く、為になるイベント、美味しい食事が盛りだくさんです!

c0094556_12125480.jpg

[PR]
by Mikio_Motegi | 2010-10-15 14:39 | ブレイク

若者よ、旅に出よう

若い世代の「旅行離れ」が進んでいるようだ。リクルートの調査では
2009年度に国内で宿泊旅行をした20-34才の男女は前年比7.3%減の
述べ3750万人。6年連続で下落し、2004年と比べると17%以上
落ち込んでいるという。

また海外旅行も、2007年度の25-29才男女の海外出国率は21.6%と
2000年に比べ4.1ポイント減、なのだそうだ。

c0094556_174698.jpg


せっかく政府が観光事業をこれからの成長産業として強力にサポート
しているのに、シルバー世代やインバウンドばかりに頼っていたのでは
情けない。
国内マーケットの成長には、若い世代がもっと積極的に旅行に行く事が
欠かせないのは言うまでもない。

若い世代が旅行に行かなくなった理由として、「携帯やインターネット
にお金がかかる」「長引く不況で子供の頃に家族旅行に行った楽しい
思い出が無く、旅行に興味が湧かない」等が挙げられる。
これは「車離れ」にも共通する理由だが、彼らは総じて行動半径が
狭くなって来たのだろうか。

c0094556_17465640.jpg


その後の大ブームが来る直前の、今から30年前の大学生の時に習得した
スクーバダイビングに熱中し、私は20代の夏休みは殆ど沖縄か小笠原に
出かけていた。
東京のホテルに勤務していたのにもかかわらず、沖縄で泊まる所は
常に民宿。
スクーバに出るにはその方が便利で安く、且つ食事がホテルとは
比べ物にならないくらい新鮮で美味しいから、という理由からだ。

また色々な人々との触れ合いも刺戟的だった。
民宿の御主人に太平洋線戦争の沖縄上陸戦の話を聞いたり、東京から
ハーレーダビッドソンに乗って久米島まで辿り着き、地元の
ダイビングショップで居候(いそうろう)兼手伝いをしている粋人の
武勇伝を聞いたり、ひと夏の経験を経て
「夏に燃えた恋は、秋が来ると飽きが来る」というダジャレ格言を
噛みしめたり、いい人生経験をしたと思っている。

c0094556_17475590.jpg


また危険な目にも数多く遭遇した。
三宅島でのボートダイビングでは、海中から浮上し船に乗り込む際に、
急な気圧の変化で発生した大波に持ち上げられた船体に押し潰され
そうになった事があった。
持ち上げられた船体がすぐ真下に入ってしまった私めがけて落ちてくる
寸前、偶然にも次の大波が打ち寄せた為に船体がバランスを保ち、
その瞬間に私は海中に潜り込み事なきを得たのだ。
あの第2の波が来なかったら、私の頭がい骨は30トンの船体に打ち砕かれ
海の藻屑になっていただろう。

沖縄の伊江島ではカツオの群れに遭遇する僥倖にも恵まれたドリフト・
ダイビングのさ中、すぐ脇を流れていたジェット・ストリームに
私だけ巻き込まれ、深度45メートルまで一気に持って行かれた事もあった。
どうあがいても流れには逆らえない事は分かっていたので、その深度で
ものは試しに手にはめていたグローブを外してみると、水圧で
私の手の筋肉は押しつぶされ、骨が浮き出て皮を突き破りそうに
なっていたのを、案外と冷静に観察していたが(この症状は深度が
浅くなれば元に戻る)。

むしろ大変だったのは浮上の時で、減圧症を避けるため、あの時ほど
時計と残圧計を真剣に見やった経験は無い。

c0094556_17472512.jpg


スクーバに限らない。全てのアウトドア・アクティビティに通じる
危険と隣り合わせの魅力、バーチャルな世界では絶対に体現できない
あの自然の圧倒的な存在感を、若い世代にはもっともっと味わってほしい。

こういう経験が人生をより豊かにし、活力源になるのだと思う。
また私たち年長者は、アウトドアの楽しみを何度でも、口を酸っぱくして
若い世代に伝え、体験できるようサポートしなければならないだろう。

リクルート調査の数値は本年9月21日の読売朝刊より。
写真は全てイメージ。一番上は flight 2005 より拝借。
2番目は沖縄・離島の民宿。

3番目は小笠原諸島南島。国内はもちろん、世界にも稀な位相の島だ。
この浜にたどり着くには、沖合に停泊した船から岩の割れ目を泳いで
渡るしかない。
ちなみにこの浅い海の底には「ドチザメ」がうようよといる。

4番目は沖縄・本部沖の伊江島。島の3分の1が米軍基地で、垂直離発着機
「ハリアー」の発着訓練に使用されており、この空港の周囲の海には
訓練が休みになる週末しか潜れない。
よって海が荒れておらず、カツオの大群にも遭遇できたのである。
[PR]
by Mikio_Motegi | 2010-10-09 21:14 | 京都・紀行

コンプレイン

東南アジア諸国のホテルの現場で働いていた頃は、日本人客による様々な
コンプレインに遭遇したものだ。

c0094556_1620249.jpg


館内の通路表示が分かりづらくて迷った、ホテルの前に停まっていた
タクシーに乗ったらぼったくられた、チェックイン時に前金を取られた、
ノースモーキン・ルームでタバコを吸ったらいけないのか、
深夜に素っ裸でジャグジーに入っていたら男性スタッフに注意された
(女性客)、女房がマッサージ師に胸を触られた・・・

いい年をした大人が、よくもこんなしょうもない事にエネルギーを
費やして執拗に文句を繰り返すものだと、呆れを通り越して憐れみを
感じてしまったものだ。

もちろんホテル側に間違いがあれば真摯に謝るが、そうでない場合は
非を認める事はありえない。特にお金が絡むコンプレインには、
断固として対処するというのが私のいたホテルの方針だった。

c0094556_16203366.jpg


ところで最近、私が利用客としてホテルにコンプレインを起こすという
事件があった。

都内の某ホテルAで、チェックイン時に私をアップグレードしてくれたのは
いいが、予約時に指定した「眺望の良い部屋」というプランだったのが、
部屋は広いが眺望の無いタイプに変わってしまったのである。
私は翌朝のチェックアウト時に支配人を呼び、簡単に注意を促した。

ところがその支配人は恐縮し、その場で私に昨夜の宿泊代金を全額返金
すると言い出したのである。
私は思わず椅子からずり落ちそうになった。
一旦売り上がった宿泊金額を、原因調査もせず、交渉もしないで
いとも簡単に全額差し引くなんて、私にはとんでもないことだったので
ある。

もちろん支配人の申し出を辞退した。
たかが2万円に充たない金額ではあるが、ホテル業において2万円を
稼ぎだすのにどれだけの人が努力し苦労をするか、私は理解している
つもりだ。
だから逆に、一度売り上げた金額を簡単に返金するというこの日本の
ホテルのシステムに困惑してしまう。

c0094556_16205726.jpg


一般論だが、日本のホテリエにコンプレインに対処する
コミュニケーション力が落ちてきているのでは、と危惧してしまう。

確かにネットの氾濫もあり、あまりにも執拗で醜いコンプレイン、
クレーマーが多く、スタッフが疲弊しているのは理解できる。
だが、そんなコンプレインの迅速で的確な処理こそが優秀なホテリエの
証左、素晴らしいホテルの組織力の証明とも言えるのだ。

・・・ちなみにその某ホテルAには次回宿泊の優待券を頂いていた。
そして私は実際に翌々週、都内のホテルが閑散となる日曜日の夜に
優待料金で再び泊まり、ついでに私と帯同した知人の為にもう1部屋を、
これは真っ当なプランで利用した。
こういう形でコンプレイン客に帰って来てもらうのが最良の処理だという事
を示唆したつもりだが、このホテルは分かってくれただろうか?

c0094556_16212355.jpg


30年近く前に刊行された村上春樹と村上龍の対談集
「ウォーク・ドント・ラン」で、ジャズ喫茶を経営していた経験のある
村上春樹が「一度来たお客が二度目も来る確率は10分の一にも満たないが、
それで良いのだ」という趣旨の事を語っているが、その通りだと思う。

ちなみに村上龍はそれに対し、「僕はお客が10人来たら、次回もその
10人が来てくれなかったら悲しくなってしまう」と答えていた。

写真は全てイメージ。
[PR]
by Mikio_Motegi | 2010-10-03 21:28 | 人材・ホテル