ホテル、レストランなどホスピタリティ・インダストリに特化したヘッドハンター茂木幹夫(もてぎ みきお/ www.kyotoconsultant.net)の「非首狩族的な」日々。


by Mikio_Motegi

<   2011年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

カタールで開催されたサッカーのアジアカップ。
オーストラリアとの決勝戦を延長1-0で制した日本が見事大会史上初の
4回目の制覇を遂げた。
これでまちがいなく日本はアジアの盟主の地位を不動のものにした。

c0094556_1425188.jpg


選手とスタッフたちには心からおめでとうと言いたい。
また優勝セレモニーを含め、深夜3時半までテレビ観戦していた私と
家内を含むファンの皆さん、お疲れさんでした。

アルベルト・ザッケローニは一般的なイタリア人のイメージと違い、
地味で堅実な性格のようだ。
彼は見事に異国の地・日本で指導者としてのキャリアを輝かせている。
いくらセリエAであのACミランを率いて優勝した経験があるといっても、
言葉も生活・文化も全然違う日本。しかも彼は代表チームはおろか
イタリアのクラブ以外のチームを率いるのは初めての経験だという。

彼の采配を見ていて、選手交代に大きな期待が持てるところがいい。
思い切った、意外な交代を告げる。がよく考えてみると誠に理にかなった
交代を行っているのだ。そしてそれらの選手が次々とヒーローになる。

対シリア戦でイエローをもらい、累積で次戦の欠場が決定した右SB内田篤人
をさっさとひっこめ伊野波雅彦を投入、その伊野波が見事に決勝ゴールを
決める。
対韓国戦ではこれも途中出場の細川萌が本田圭佑のPK失敗を補う
勝ち越しゴールを決め、決勝の対オーストラリアではずっと出場の機会が
無かった李忠成が決勝点を素晴らしいボレーを決めた。
また対オーストラリア戦で欠場したエース香川真司の代役出場の藤本淳吾が
全く機能しないとみるや、高さのある岩政大樹を投入し、吉田麻也との
「ツイン・タワー」を形成、オーストラリアのパワープレイを封じ込めた。

準決勝の対韓国戦の延長後半に5バックを敷き、カテナチオばりに徹底的に
守りに入ったのが裏目になり同点ゴールを押しこまれるという大失敗も
あった。
が、彼はそれを決勝で見事に修正している。

多分彼の連れてきたイタリア人コーチ陣も優秀なのだろう。
ベンチを温めている選手たちのモチベーションが高いのが、今回の成功の
要因といえる。

c0094556_14254286.jpg


ただ、今回の日本の勝利を手放しで喜ぶのは今日まででいい。
真の日本代表ファンなら、今大会で浮き彫りになった問題点を忘れては
ならない。

まずアジアのサッカーのレベルの低さ。
決勝を戦った日本とオーストラリアは、世界ランキングでいうと29位と
26位でしかない。
加えてオーストラリアは主力が衰えていおり、ハリー・キューウェル、
ティム・ケイヒルの両エースに往年の凄味と輝きが無かった。
テレビのアナウンサーや解説者は盛んに彼らの名を言い立てていたが、
私はあの二人に点を取られる気配を感じなかった。

またホルカ―・オジェック監督の超守備的な布陣と、攻撃面ではロングボール
放り込みという低レベルの戦術を敷いてくれたのも助かった。
それでも延長にもつれたという事は、レベルの低い泥仕合だったともいえよう。

c0094556_14264527.jpg


以下は日本がアジア・カップを制した年と、その後のワールド・カップでの
成績だ:


1992年 1996年アメリカ・ワールドカップ本選出場ならず
2000年 2002年自国開催の日韓ワールドカップでベスト16どまり
2004年 2006年ドイツ・ワールドカップで惨敗


・・・つまりアジア・カップを制したからといって、肝心の
ワールドカップで全く活躍できていないのである。

個々の選手でいうと、衰えの目立つ遠藤保仁に代わるボランチがいない。
守備だけでなく、ゲームを組み立てる人材が長谷部誠以外にいないのだ。

また吉田、岩政のセンターバックは身体はでかいが、吉田はヘディングが
弱いし岩政はスピードが無い。
韓国戦で相手FWに翻弄される岩政を見て、暗澹たる気持ちになった。
彼ら二人では、前代表の中澤佑治、闘莉王とレベルが変わらない。

また忘れてはならない大問題が、日本サッカー協会の戦略性の無さである。
4年前から日程が決まっていた今回のアジア・カップなのに、昨年末の
代表合宿では10人しか選手が集まれなかった。
元旦に決勝が開催される天皇杯で勝ち進んだJリーグの主力達が、誰も
代表合宿に参加できないのは当然の事。

世界と戦う4年に一度のアジア・カップと、国内クラブの戦いである天皇杯
と、どちらの日程を重視するか、日本サッカー協会は決断をすべきだった。

もちろん私は伝統ある天皇杯をないがしろにする気は毛頭ない。天皇杯は
あれは日本のサッカープレイヤーの誰もが目指す金字塔なのだから。
ただ4年に一度くらいの日程変更は許容範囲だと思うが、如何だろう?

c0094556_14272935.jpg


ここ数日はメディアではサッカーの話題で持ちきりだろう。だが選手も協会も
メディアのばか騒ぎに我を失うことなく、今世紀中のワールドカップ優勝
という大目標に邁進してもらいたい。
私としては次回ブラジル大会で是非ベスト8に進出して欲しいと思うのだが。

写真は上から2枚目を除いて www.foxsports.com より
[PR]
by Mikio_Motegi | 2011-01-30 21:25 | サッカー、スポーツ

ACCJの新年会

東京と大阪で開催されたACCJ(在日米国商工会議所)の新年互例会に
それぞれ参加してきた。

c0094556_2135298.jpg


東京は例年通り帝国ホテルの光の間にて、メインゲストにジョン・ルース
駐日大使を迎え、SPも密着していていつもながら緊張した雰囲気。
大企業の重鎮や霞が関の官僚、国会議員も例年同様多数出席している。

c0094556_2104197.jpg


ヒルトン大阪で行われた関西の方は、対象的にくだけた内容。
なんといってもテーマが「アロハ!」で、参加者にはレイを首にかけ
トロピカル・ドリンクが振舞われる。互例会というより飲み会の趣き。
同じACCJの新年互例会でも東京と関西ではこうも雰囲気が違うのかと、
いつもながら呆れてしまう。
もっとも私は関西の互例会企画委員に名を連ね、「アロハ!」のテーマに
賛同した立場なので、あまり偉そうなことは言えないが。

c0094556_211611.jpg


ちなみに昨年の関西のテーマは「Route66」という、これもわけの
わからないもの。ま、関西人のやる事ですから・・・。

c0094556_2131334.jpg


ところでACCJが毎年日本政府に対して行う"Advocacy(政策提言)"だが、
今年は以下の3点に決まった:

1.アントレプレナー(起業家)へのサポート
2.女性の社会進出へのサポート
3.実践的英語教育の充実

おわかりのようにどれも奇をてらったものでは無いが、他国に比べ日本が
遅れている分野である事に間違いない。
むしろこれら3点の充実が無ければ、日本の将来は暗いとも言える重い
テーマだ。

ご存じの方も多いと思うが、毎年ACCJが日本政府に対して行うこれらの
提言は「Gaiatsu(外圧)」とも呼ばれ、様々な波紋や憶測を招いている。
しかしペリーによる開国以来、この国を変える力を外圧から得てきたという
歴史的事実、そしてそれを受け入れる国民性がある限り、ACCJの提言は
これからも日本政府の指針のひとつとなるだろう。

もっと言えば、この国を愛する者として、外圧ではなく国民が自発的に
物事を変えていける国になって欲しい、と願うのだが。

c0094556_2141891.jpg


写真は上2枚が帝国ホテルの会場内光景。
3枚目、4枚目がヒルトン大阪での光景。
5枚目がジョン・ルース大使。オバマ大統領とホットラインで会話ができる
大物大使だ。ACCJの各種イベントにも良く顔を出し、スピーチは常に
ユーモアを忘れない気さくな面もある。
[PR]
by Mikio_Motegi | 2011-01-29 10:07 | ブレイク

サッカー審判の魅力

先日のアジアカップの対シリア戦、日本のゴールキーパーの川島が、
一発退場を喰らったのを観て驚いたサッカーファンは多いだろう。
あれは相手のオフサイドだ。確かに川島は故意でなくても、相手選手の
両足をかっさらっているのは事実。よって川島のレッドカードは仕方ない。
だから川島の退場、そしてシリアのPKではなく、日本ボールでのプレー再開
と判定とすべきだった、と私は見ている。

c0094556_1103322.jpg


あの場面では主審の位置からは相手のオフサイドか今野のバックパスか、
見分けるのが難しかったのは事実だ。だがあんな状況でゴールキーパー
にバックパスをするセンターバックなどいるわけがない。
主審はその点を予測し判断すべきだった。

広いフィールドに主審と線審の3名のみでプレーをジャッジしなければならない
サッカーは、確かに審判にとって過酷なゲームである。
しかし先のワールドカップでのオランダ対ブラジル戦、オランダのロッベンの
太ももを踏みつけたブラジルのフィリプ・メロの足先は、主審の位置から
はブラインドになって見えていなかった。
だが主審の西村雄一氏は、フィリプ・メロの足先の動き、ロッベンの反応から
「踏んだ」ことを予測し、迷わずレッドカードを突きつけたのである。

加えて彼はフィリプ・メロが激しやすい性格で、特に同点に追い付かれたり
した場合はラフプレーに走る傾向が強い事を事前に頭に入れていた。

サッカー史上に残る名ジャッジ、と讃えられる由縁である。

c0094556_111725.jpg


サッカーはメンタルなスポーツだ。審判の誤審もサッカーの一つの要素と考え、
いかに頭を早く切り換えるかが勝負の分かれ目と言える。
その点今回の日本のキャプテン・長谷部の対応は良かった。
誤審を犯したイラン人審判に対し笑顔で語りかけ、遂には「お返し」で
相手チームの選手にもレッドカードを、おまけに岡崎の何でもないプレーにも
日本にPKを、審判から引き出したのである。

サッカーの魅力は、攻守が入れ替わっても途切れることなく「流れ」
の中でプレーを続ける事にある。
だから判定を巡っていちいち審判が協議するスポーツ、野球やアメラグとは
大きく性格を異にするのだ。
よって私はビデオ導入に反対である。繰り返すが、誤審はどちらのチーム
にも起きうるのだから。

c0094556_829568.jpg


・・・アマチュアの試合では、専門の審判ではなく手のあいた選手が審判や
線審を勤めるのが常識だ。
自分で言うのも何だが、私は「線審」としては結構優秀だったと自負している。
動体視力が良かったせいだ。

また数回だが主審も務めた事がある。
「審判のジャッジは絶対」という権力の下にゲームをコントロールできる快感、
適度な緊張感、あれは至福の時間だった。
主審の仕事は私のように、多少強引で間違えていても黒白をハッキリさせる
事が好きな性格の人間には向いているのではないか、と思う。

c0094556_1114438.jpg


写真は上から対シリア戦、レッドカードを突き付けられる川島君。
我が家の長女が川島君の大ファンで、この時の彼女の悲憤はすさまじかった。

昨年のワールドカップで、ブラジルのフィリプ・メロにレッドカードを
突き付ける西村雄一氏。
西村氏のパフォーマンスがきっかけで、審判に対する見方が変わった
ファンも多いのではないか?

これも「大誤審」のひとつ、イングランド対ドイツ戦に於けるイングランドの
ランパートの幻のゴール。完全にゴールラインを割っているが、判定は
ノー・ゴール。
いきなりミドルを打ったランパートのシュートに、主審も線審も反応
できなかったのは止むを得ないと思う。

フィリプ・メロから西村氏に試合後ユニフォームを手渡されたという。
ブラジル・チームとフィリプ・メロが西村氏のジャッジを尊重し、
ユニフォームを送るという最高の敬意を表したのだ。
優勝を常に求められるサッカー王国が準々決勝で敗退したにもかかわらず、
審判への敬意を忘れない点は、さすがブラジルである。
(写真は西村氏が起居する東京都世田谷区の区長を表敬訪問したところ。
「世田谷新聞」より)

・・・もっとも西村氏は結構やんちゃなところもあり、2年前はJリーグの
試合でジャッジに不満を訴えた選手に対し「黙って試合しろ、死ね」と
暴言を吐き名を馳せた事もある。
[PR]
by Mikio_Motegi | 2011-01-16 21:17 | サッカー、スポーツ
雲外蒼天(うんがいそうてん)、大展宏図(だいてんこうず)とは、
去る1月5日の京都商工会議所賀詞交歓会で、会頭の立石義雄オムロン会長
が挨拶の際に引用した中国の言葉。

c0094556_1038322.jpg


雲外蒼天とは、重く垂れこめた雲を払いのける努力をすれば青空が広がる
という意味。
大展宏図とは、大きな計画、立派な施策を大きく展開するという意味。
立石会頭は昨年を雲外蒼天の年、今年を大展宏図の年と位置づけている。

私は年頭所感とかいう政財界人のこの手のスピーチについては、まともに
取り合わない事にしている。
が、この立石というおっさんだけは毎年ユニークな事を喋るので、つい
メモをとってしまう。
4年前は京都が谷垣現自民党総裁のおひざ元であるにもかかわらず、彼の
提唱する増税論に真っ向から反対し、3年前は京都の経済諸団体の統合を
突然ぶちかまし、会場を騒然とさせた。
苦労知らずのボンボンだからこそとも言えるが、おもろいおっさんである。

c0094556_1039262.jpg


また会頭はスピーチ原稿にないアドリブで「今年は中国による『日本買い』
がますます盛んになり、株価も相当上がるだろう」とも述べ,
中小企業が新たな成長を目指すには、中国、インド、ベトナム等アジアの
ダイナミズムを如何に取り込むかに関わっている、とも述べていた。

中国脅威論、中国嫌いの論調が最近のメディアで目立つ。
私も個々の中国人はいい奴が多いと思うが、中国の共産主義国家体制は
やはり日本にとって現実的な脅威であると感じる。

が、今や中国を疎外してやっていけるほど世界経済に余裕はないし、
これだけダイナミックに成長している国とすぐお隣にいるという日本の
地政上のアドバンテージを有効活用しない手は無いと思う。
要するにどのように付き合うかが問題で、その点は政界より経済界の方が
よっぽど上手くやっている。

雲外蒼天も大展宏図の中国の言葉だし、元々日本人は中国の文化に憧れ
を抱いている。
だから彼らの最近のわがままなガキ大将のような振る舞いに余計失望して
しまい、中国を嫌いになる日本人が多くなるのもわかるのだが。

c0094556_10392589.jpg


写真は京都ホテルオークラで開催された賀詞交歓会の様子。
私は毎年欠かさず出席し、その年の景気を占うよすがにしているが、
今回はここ数年にない明るく前向きな雰囲気を感じた。
東証の株価も10,500円でスタートしたし、良い年になってくれればいいが。
[PR]
by Mikio_Motegi | 2011-01-09 16:38

謹賀新年


目的が明確なら、私はいつまでも、どこまでも走れる        
(イビツァ・オシム)

「オシムの言葉:木村元彦著 集英社刊)より

c0094556_23562330.jpg


2010年のワールドカップ、「個の力」がいかに重要か改めて
思い知らされました。
私も個の力を上げ、オシムのように走り続けられる自分でありたいと
願っています。

本年もどうぞ宜しく!
[PR]
by Mikio_Motegi | 2011-01-01 09:42 | ブレイク